妊娠24週

妊娠24週目

上の動画は妊娠21週から27週までのお腹の中の赤ちゃんの成長をアニメーションにしたものです。

妊娠24週は妊娠7ヶ月の第1週目です。妊娠生活も後半に入りました。おなかが大きくなった自分の姿にもだいぶ慣れたのではないでしょうか? 妊娠24週からは、これまで4週間に1回だった健診が、2~3週間に1回のペースにあがるママも出てきます。これからの健診のペースは、おなかの赤ちゃんとママの状態を見てから決められるので、医師の指示に従いましょう。

この頃の健診で、逆子だと言われるママも居ます。帝王切開になるのでは・・・と不安になるママも居るかもしれませんが、妊娠8ヶ月までは、3人に1人が逆子の状態だとも言われています。赤ちゃんにとって、ママの子宮はだんだん狭くなってきています。赤ちゃんは居心地の良い姿勢を探して、クルクル動いています。この時期であれば、おなかの中の赤ちゃんは、からだの向きを変えやすい時期です。妊娠34週を過ぎると、逆子は治りにくくなるとされますが、直前に向きが変わることもあります。『逆子体操』にもチャレンジしてみましょう

子宮のいちばん上の部分を子宮底といい、これがおへそよりも高くなり、おなかがせり出すので足元が見えにくくなってきます。おなかが重くなるので、体も動かしにくくなります。つまずいて転んだりしないよう、十分に注意しましょう。

医師から注意を受けていなければ外を散歩し、無理の無い範囲で運動するように心がけましょう。外に出て散歩をしながら綺麗に咲いている花を見たり、青い空の下、リラックスして歩きましょう。道行く人と挨拶をしながら歩いたり、パートナーと手をつないで散歩するのもいいですね。外に出て散歩が出来ない場合は、部屋でラジオ体操やストレッチなどもオススメです。安定しているこの時期、マタニティスポーツを楽しんでいるママもいるでしょう。ですが、瞬間的な力を必要とする運動は、妊娠中にはオススメ出来ません。ゴルフをする際にも注意しましょう。マタニティウォーキングについてはこちらをご覧下さい

妊娠24週目のお腹の画像

妊娠24週目のママのお腹の様子を紹介します♪お腹の大きさや体重の変化は人それぞれ♪つわりで体重が減ったママもいればつわりの影響をあまり受けないママも!お腹の大きさや体重増加も人それぞれです♪※fujikoママの場合は食事をとることができないつわりで体重が最大7.6kg減り、安定期入るまでほぼ寝たきり生活で、動くとすれば点滴を受けに病院に行く日くらいというよにつわりの症状がひどい特殊なケースです。妊娠41週で誘発分娩が決定し、無事健康なお子さんを出産しました。こういったトラブルによる体重の変化は様々です。今のご自分にあった推奨体重を知りたい方はこちらの「妊娠中の体重管理」をご覧下さい

あみんママの妊娠24週目のお腹の大きさ
お名前
あみんママ
身長
164cm
妊娠前体重
48.5Kg
24週目の体重
54Kg
妊娠前からの増加体重
5.5kg
あみんママ2人目妊娠24週目のお腹の大きさ
お名前
あみんママ(2人目)
身長
164cm
妊娠前体重
48.5Kg
24週目の体重
53.4Kg
妊娠前からの増加体重
4.9Kg
コメント
食べるとすぐに胃が気持ち悪くなる様になった。あまりたくさんの量や油っこい物が食べれません。
ちえママの妊娠24週目のお腹の大きさ
お名前
ちえママ
身長
155cm
妊娠前体重
47Kg
24週目の体重
48.2Kg
妊娠前からの増加体重
1.2Kg
Marikoママの妊娠24週目のお腹の大きさ
お名前
Marikoママ
身長
153.5cm
妊娠前体重
43Kg
24週目の体重
48.2Kg
妊娠前からの増加体重
5.2Kg
ふじこママの妊娠24週目のお腹の大きさ
お名前
fujikoママ
身長
158.5cm
妊娠前体重
54.8Kg
24週目の体重
50.5Kg
妊娠前からの増加体重
-4.3Kg
コメント
坐骨神経痛?右側の足の付け根が痛い。。

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

みつごママの妊娠・出産・産後の記録はこちらをご覧下さい

まりこママ

あみんママ

シムスの体位

おなかが大きくなってくると、仰向けに寝るのがつらくなってきますね。何度か説明してますが、そんな時は、体の向きを左側にして寝てみましょう。横向きに寝て、上になったひざを軽く曲げて、おなかやひざの下にクッションや枕を挟むと寝やすくなります。これは、『シムスの体位』と言われます。妊婦がリラックスしやすいように考案された姿勢です。シムスの体位は、おなかの重みによる体の負担を軽くするのと同時に、胎盤とおなかの赤ちゃんに血液をスムーズに送ることができるポーズです。昼間でも、疲れたなと感じたら、この姿勢を試してみましょう。妊娠中の楽な姿勢(シムスの体位)についてはこちらで説明しています

水分の取りすぎに注意

妊娠中、水分を取ることは、便秘の予防にもなりますが、取りすぎてしまうとむくみの原因にもなりますので、 水分量の目安としては、1日1.5リットル程度にしましょう。夏場の暑い時期は、小さな氷をひとつ口に入れるのもオススメです。ですが、氷も取り過ぎないようにしましょう。何事も適度な量が一番です。

体の変化

妊娠中期にもつわり症状に似た、消化不良や胸焼け、腸にガスがたまる感覚に悩まされることがでてくるかもしれません。これは、これは妊娠によるホルモンの増加で、腸の動きがゆっくりになることが原因で起こる場合が多いでしょう。そんな不快症状をやわらげる方法をいくつか紹介します。

  • 消化の良いものを食べる
  • 回数わけて少量を食べる
  • 体重が増えすぎないように気を付ける(太りすぎると胃が余計圧迫される)
  • 刺激物は避ける
  • 食後、すぐに横にならない

自分にあったやり方で、不快症状をやわらげましょう。

食事

妊娠中は、外食時に、注意することも忘れずに。 外食は味付けが濃く、栄養がかたよりがちになります。単品よりも定食やセットを取りましょう。いろいろな具材が入っているものが理想的です。塩分の取りすぎにも注意しましょう。麺類はスープを半分残せば、全部飲んだときに比べ、3分の1の塩分カットになります。サラダなどには、ドレッシングもかけすぎないようにしましょう。また、洋食より和食を選び、お寿司ならば、トロより赤身を選ぶようにしましょう。もし、外食で、薄味や脂少なめが難しければ、次の食事で調整をしましょう。ランチで、天ぷらなどの揚げ物の場合は、夕食に、あっさりとしたものにするなどバランスを取りましょう。妊娠中の食事と栄養についてはこちらをご覧下さいつわりが落ち着いて食欲旺盛に!?はこちら便秘予防にもなって低カロリーなおからを使った料理はこちら

みんなの妊娠24週一言メモ

まりこママ

食欲が半端ない!食べても満腹にならないし、何よりお米が美味しく感じる。けど、食べたあとの気分の悪さは治まらない。どーにかならないかな?飲み物も未だに水以外飲めないし。

ゆりママ

今日から妊娠7か月!早い!早い!本当にあっという間だ!ベビー用品、入院準備、名前決め、やる事たくさんある!少しずつやっていこーっと!赤ちゃんの胎動は激しくなるばかり^^可愛いなぁ♪

リサママ

今日は強い張りを何度か感じた(T^T)腰痛もひどいし、安静にしよー

ありさママ

朝方、赤ちゃんのしゃっくりを感じた★痙攣しているような感じでピクッピクッってなっていたー!可愛い♪

妊娠24週目のコミュニティ

妊娠・出産・育児のコミュニティ
話題タイトル
主人と旅行に行きたいと考えています。
投稿者ニックネーム
アリスさん
年齢
26歳
性別
女性

タイトル通りですが・・・主人と2泊3日で旅行に行きたいと考えています。新婚旅行の写真を眺めていて「また沖縄に行きたいなー」と呟いたら、まさかの「じゃあ行こうよ!」という答えが返ってきました。「子どもが生まれたら、当分旅行には行けないだろ?」と。安定期に入って、飛行機に乗って旅行行かれた方いますか?とても悩んでいるので、よければアドバイスをください。よろしくお願いします。※写真は新婚旅行の際に撮影した沖縄の風景です。

みんなの回答を見る

妊娠7ヶ月のコミュニティはこちら

妊娠中のママに役立つページ

  • 妊娠中の過ごし方-月別・週別
  • 妊娠中知っておきたい知識
  • 出産について
  • 仕事をしているママ
  • 妊娠中のトラブル
  • 妊娠関連情報ページ

妊娠中に知っておきたい基礎知識について

妊娠中の基礎知識


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム