トップページマタニティ産後のケア赤ちゃんの世話離乳食レシピ赤ちゃんの病気赤ちゃんグッズウワサの商品徹底レビュー付録サイトマップ
妊娠ダイアリー

破水って何?

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で卵膜という膜に包まれ、羊水に守られながら成長していきます。 胎児を包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が外へ流れ出ることを破水と言います。

破水といえば大量に出るイメージがありますが、破水で出る羊水の量は、いきなり「バシャッ」と出たり、「ちょろちょろ、じわじわ」と出たりと様々で、少量ずつ出るパターンの方が多いようです。少量ずつ出る場合、尿漏れと間違う場合もあります。破水が少量ずつ出る場合、尿漏れとの違いを見分けるのは難しいことです。自分で判断ができないといった場合は、病院に連絡し、診察を受けましょう。

尿漏れ
尿はアンモニア臭がします。尿は自分の意思で止める事が出来ます。
破水
破水した時はは羊水の生臭いにおいがします。しかし、においには個人差があり、まったくにおわない方もいれば、耐えられない異臭がする場合もあります。破水は笑ったりくしゃみをしたわけでもないのにじわじわ出てきます。又、力を入れて止めようとしても自分の意思で流れを止められません。

破水はいつおこる?

通常は、おしるし陣痛破水となる場合がほとんどですが、「前期破水」も約5〜15%の割合で起こります。この場合は、おしっこをしたように下着が濡れます。

■破水の種類
適時破水
陣痛が始まり、子宮口が最大(10cm)の時に、強い陣痛が起こると破水が起こります。破水は子宮口が最大に近い頃に起こるのが正常。
早期破水
陣痛が始まってから子宮口が最大になる前に破水してしまうこと。
前期破水
陣痛が始まる前に起こる破水のこと。
高位破水
子宮の上部が破れて破水すること。これは流れ出る羊水がごく少量の為破水しているのか分かりにくいです。

前期破水について

37週以降の前期破水
赤ちゃんが十分に成熟している時期なので、入院して感染予防を受けて、24時間以内に分娩開始となることが多いでしょう。ほとんどの人が24時間以内に陣痛が始まりますが、24時間以内に陣痛が始まらなかった場合、医師の判断で分娩を誘発することもあるでしょう。
37週未満の前期破水
入院して、お腹の中の赤ちゃんの発育、元気のよさなどを評価しながら、できるだけ妊娠を長く継続させることが多いでしょう。破水後は胎児、母体とも感染が起こりやすいため、感染防止のための抗生物質や、子宮収縮を抑える薬を投与して安静にすごします。NICU(新生児集中治療室)の設備が整った病院では、感染症を避けるために分娩を早めることもあるでしょう。

破水してから病院に向かうまで

自宅または外出先で破水した場合、病院に向かうまでの間は、清潔な下着に着替えてナプキンまたはバスタオルをあて、病院へ連絡してから受診しましょう。ここで注意してもらいたいのが、膣内から細菌が入ってしまうと胎児に危険が及びますので、お風呂・シャワーは絶対に厳禁です。また、病院へ向かう際は車で横になりながら向かって下さい。付き添いの方がいない場合はタクシーに事情を話し向かって下さい。また、逆子の場合は歩いてはいけません。逆子で前期破水した場合は、一刻も早い手当が必要です。正常位なら、赤ちゃんの頭で子宮口に栓をする形になり、羊水がでる量が少なくてすみますが、逆子でお尻や足が下になっていると、羊水がたくさん流れたり、卵膜の破れたところから、臍帯(へその緒)がでてしまうことがあります(臍帯脱出)。破水した時は 周りの方に協力を求めましょう。誰もいなければ、救急車を呼びましょう。

破水の原因

※正期産の時期(妊娠37週〜41週末まで)の破水は特に原因はないとされてます。

■早産時期の破水の原因
  • ・重いものを持ったり、運んだり激しい咳など
  • ・赤ちゃんを包む卵膜の異常(性病・炎症などで弱っている・感染など)
  • ・胎動による激しい衝撃
  • ・妊娠中の性交(妊娠後期は特に注意しましょう)
  • 高齢喫煙者などのハイリスクの妊娠

スポンサードリンク

妊娠初期から出産まで

妊娠してから出産までにママはいろいろな事を経験し、お腹の中の赤ちゃんとともにママとして成長していきます。今まで経験したこの無い事や、今までは知らなくても良かったけど、妊娠した今は知っおかないといけない事などがあり、初めて妊娠した方は不安やいろいろなプレッシャーもあるでしょう。当サイトではあなたの不安をできるだけ解消し、妊娠中のママに役立つ情報をお届けします。下記は妊娠してから出産までの過し方です。

週数別の過し方

マタニティ関連ページ

スポンサードリンク

マタニティメニュー

マタニティメニュー
サイト内検索>> マタニティのページランキング
妊娠
twitter / cocoism


スポンサードリンク

破水した時にあわてないように、破水の原因や対処について学びましょう♪