妊娠中の体の冷えに注意!

妊娠中の体の冷えに注意!

妊娠前から、冷え性で悩んでいた方も多いかと思います。妊娠中は、今まで冷え性とは無縁だった女性でも、体が冷えてしまいます。「冷え性ではないから、私には関係ない」という話ではないのです。なぜ体が冷えるのか、冷えるとどのような影響があるのかを学んでいきましょう。

なぜ妊娠中は体が冷えるの?

原因はいくつか考えられますが、大きな原因としては以下の二つです。

  • ホルモンバランスの変化
  • 姿勢の悪さ

妊娠中ホルモンバランスが崩れることにより、ママ達は上手に体温調節が出来ない状態になっています。そのことが原因で、手足やお腹などが冷えることが多くなります。

また、お腹が大きくなるにつれ、お腹を前に突き出したような体勢になり、姿勢が崩れる方が多くいます。姿勢が悪くなると、血行が悪くなる為、血流が悪くなり体が冷えることがあります。

妊娠中の体の冷えが及ぼす影響とは?

母親やおばあちゃん世代から「体を冷やさないように」とアドバイスを受けることがあります。実際、妊娠中に体が冷えると、どのような影響を及ぼすのか分からない為、アドバイスを聞き流しがちになってしまいます。妊娠中・産後におこるマイナートラブルは、冷えが原因になるという事を知っていましたか??どのようなトラブルが起こるのか見てみましょう。

ママへの影響

  • 初期にはつわりがひどくなる
  • お腹が張りやすくなる
  • 腰痛便秘になりやすくなる
  • 足がむくむ、足がつりやすくなる
  • 産後の母乳の出が悪くなる

妊娠初期のつわりの悪化は、冷えが招くとも言われています。その他にも、妊娠中に悩む方が多い「便秘」や「こむら返り」「むくみ」「お腹の張り」も冷えが原因で起こることもあります。

胎児への影響

ひどい冷えの場合は、以下の影響がでる事もあります。

なぜ、逆子と冷えが関係あるのか不思議に思われた方も多いのではないでしょうか。ママの腹部が冷えると、お腹の中の赤ちゃんは温かい場所を探して動き回り、それが原因で逆子になる事があるといわれています。妊娠中は、季節に関係なく手足、腹部などが冷えてしまいます。夏の妊娠は暑くて大変だと思いますが、冷房の聞いた部屋でお腹を出して寝ているとトラブルを招いてしまいますので、腹巻などを着用する習慣をつけましょう。

体を冷やす食べ物と飲み物とは?

体は、外側・内側どちらから冷えるのもよくありません。食べ物や飲み物によって、体を内側から冷やしてしまうことがあるって知っていましたか??漢方には、“陽性食品”と“陰性食品”という考え方があります。

「陰性食品」は体を冷やす効果があります。夏などに積極的に摂取する事で、熱を放出して体を冷やし、夏バテを防いでくれる効果があります。

「陽性食品」は、体を温める効果があるので、体が冷えてしまう冬の時期に積極的に摂取したいものです。

陰性食品は、体を冷やし夏バテを予防する効果がありますが、冬に摂取しすぎると浮腫みなどの原因となってしまいます。そんな「陰性食品」ですが、あなたはいくつ知っていますか?

体の熱を体外に放出する(身体を冷やす)「陰性食品」には以下のようなものがあります。

野菜
きゅうり、トマトやスイカ、レタス、キャベツなどがあります。
果物
パイナップル、バナナ、マンゴー、みかん、レモンなどがあります。
飲み物
コーヒー、ジュース、清涼飲料水

野菜や果物の項目を見ると分かりやすいのですが、体を冷やす食べ物は、夏が旬の食べ物や、暑い地方で栽培が盛んなものが多いのです。逆に冬が旬の野菜や、寒い地方で育つものは、体を温める効果があるとされています。以下の事を覚えておくと、食材を選ぶ際に迷わずにすみます。知識として頭に入れておきましょう。

<旬で見分ける>

  • 夏が旬の野菜や果物は、体を冷やすものが多い
  • 冬が旬の野菜や果物は、体を温めるものが多い

<色で見分ける>

  • 白や、青、緑色の食べ物は、体を冷やすものが多い
  • 黒・赤・オレンジ色の食べ物は、体を温めるものが多い

白米や白いパン、白砂糖などは体を冷やしてしまいます。それに対して、黒砂糖・赤身のお肉、海藻類などは体を温める事で知られています。

<育ち方で見分ける>

  • 土の上で育つ野菜は、体を冷やすものが多い
  • 土の中で育つ野菜は、体を温めるものが多い

夏に体が欲しがるようなものは、体を冷やす食べ物。(スイカや冷やしそうめんなどの冷たくさっぱりとしたもの)冬に体がほしがるようなものは、体を温める食べ物。(キムチ鍋などの辛いもの)これだけ覚えておくだけでも、役に立つのではないでしょうか。

体を冷やす野菜に一手間加えると、体を温める食べ物へと変わります。その一手間とは、熱を加える事です。他にも発酵させることなどがあります。白菜やオクラなど、体を冷やす野菜でも、キムチにしたり、漬物にする事で、体を温める食材へと変化するのです。体を冷やす野菜は、是非加熱して食べる事をオススメします。

体の冷えを防ぐには?

内側から暖めることも大切ですが、クーラーや扇風機、冬の冷たい風などの外気からも体を守る必要があります。体の内側・外側の冷えは、どのように対処していますか??

  • 腹巻や腰巻で冷えを防ぐ
  • 体が温まるものを食べる(飲む)
  • 適度な運動(ウォーキングやヨガなど)で血流を改善する

体の外側の冷えは、手足だけでなく、妊娠中はお腹も冷えちゃいます。お腹の冷えは、上記のようなマイナートラブルを招く原因となってしまいますので、腹巻や腰巻などでしっかりと暖めるようにしましょう。

<犬印本舗 ふわぽかパンツ>

ハイウエストですっぽりと包み込んでくれます。

<ラブリーパイル魔法のママ腹巻>

重ね着風ファッションも楽しめます。

<キューズベリー シルク腹巻き>

冷えにショウガは本当に効く?

生のショウガには、ジンゲロールという成分が含まれています。ジンゲロールには、免疫力を高めてくれる効果がありますが、体を温める効果はあまり期待は出来ません。ですが、ショウガを、加熱・発酵・乾燥などの一手間を加える事で、ジンゲロールがショウガオールへと進化します。そのショウガオールは、免疫力を高めるだけでなく、血流もよくしてくれ、冷え性の改善が期待できます。生姜の体を温める効果というのは、ショウガオールの働きのおかげだといえます。体を温めるために生姜を取り入れようと考えている方は、乾燥させて粉末状にしたものなどがオススメです。

体を温めるにはココアも効果的!

上記で説明したように体を温める食材として有名なのはショウガですが、最近の森永製菓による研究結果によるとホットココアもショウガ同様に冷え性抑制効果があると発表しています。研究結果を以下のように発表しております。

-------以下引用------  森永製菓 ココア栄養研究所より

手の甲表面温度(体末梢部)については、飲料摂取後の温度上昇の立ち上がりが「ショウガ」の方が速い傾向にあり、その温度上昇程度も高い傾向にありました。しかし、その後「ショウガ」は急速に温度低下が始まるのに対し、「ココア」はその温度低下が緩やかで長く冷えを抑制する効果が持続することが分かりました。

-------ここまで-----

そして現在・・・・生姜とココアをミックスした飲み物が増えてきています。以下に紹介します。

ココアにはカフェインが含まれています。ですが、コップ1杯(150ml)に10mg~50mg程度と言われており、一日1~2杯程度であれば問題ないといわれています。カフェインの記事はこちらをご覧ください

妊娠中のママに役立つページ

  • 妊娠中の過ごし方-月別・週別
  • 妊娠中知っておきたい知識
  • 出産について
  • 仕事をしているママ
  • 妊娠中のトラブル
  • 妊娠関連情報ページ

妊娠中に知っておきたい基礎知識について

妊娠中の基礎知識


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム