妊娠中の下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群)について

最近よく聞く「むずむず脚症候群」って?

むずむず脚症候群

近年、医学が進歩して、昔に比べると新しい病気をたくさん発見できるようになりましたよね。

その中のひとつに「むずむず脚症候群」というものがあります。最近、ワイドショーなどでも見かける機会が増えてきたむずむず脚症候群ですが、実は思っている以上に多くの人がこの症状に悩まされているというんです。

また、このむずむず脚症候群は妊娠中の女性に多いとも言われていて、妊娠中のつらいトラブルのひとつだと言われています。ではこのむずむず脚症候群というのは、具体的にどんな原因でどんな症状があらわれ、妊娠中のお母さんや赤ちゃんにどういった影響を及ぼすのでしょうか?

妊婦の5人に1人がむずむず脚症候群に!?

むずむず脚症候群、正式には「下肢静止不能症候群(カシセイシフノウショウコウグン)」といいます。

下肢(足)をじっとしていることが難しいという意味で、その通り脚がどうにもならない不快感・痛み・かゆみなどに襲われて、じっとせずにはいられないという症状が現れます。これは人によって程度も感じ方もさまざまで、かゆみを感じるという方もいれば、チクチクと針で刺されるような痛みがあるという方、火照るような熱さを感じるという方などがいるといいます。

そして、このむずむず脚症候群は妊婦さんに多いと言われていて、なんと5人に1人はむずむず脚症候群になっているということなんです。むずむず脚症候群が起こってしまう原因というのはいったい何なのでしょうか?

…実のところ、まだ「これ!」という原因は残念ながらわかっていません。考えられる原因としては、ドーパミンという神経伝達物質の働きが弱くなっていることがひとつ挙げられます。

次に、脳や脊髄といった中枢神経では鉄分を使いながら働いていますが、この鉄分が不足していることでうまく機能しないということや、そのせいで脊髄・末梢神経の働きも低下してしまうということも原因のひとつだと言われています。

さらに、遺伝的なことでもむずむず脚症候群を発症してしまう可能性があるということがわかってきました。

そのほかにも、このような場合にむずむず脚症候群になりやすいと言われていることがあります。鉄欠乏性貧血、糖尿病、同じ家系の人など遺伝性、そして妊婦さんです。多くはやはり「鉄分の不足」が関わっているようで、貧血になりやすい人や妊婦さんなどがそうですね。ですから、妊娠中にむずむず脚症候群になってしまったという方でも、出産後・授乳期後にはいつの間にか治っているということも多いのです。

我慢せず病院に相談を!専門医でも◎

むずむず脚症候群の治療ですが、一般的にはマッサージや神経伝達物質のドーパミンの機能を強める薬、鉄剤などが使われます。

先ほど述べたように、脳や脊髄などの中枢神経・末梢神経に異常があること、また鉄分不足がむずむず脚症候群の原因のひとつです。神経伝達物質がうまく働いていないために、脳での信号がうまく伝わらず脚に不快感を感じるようになると考えられています。

妊婦さんの場合、赤ちゃんのことを考えるとなかなか薬を飲むこともできませんし、治療するにも方法を選ばなくてはなりません。むずむず脚症候群は本当に最近になって専門医が出てきたというくらい、まだあまり知られていない症状です。産婦人科によっては、症状を相談してもなかなか取り合ってもらえなかったり、適切な治療をしてもらえない…ということも少なくありません。

妊婦さんの場合、もっとも効果的だというのは鉄剤を処方してもらうこと。鉄分補給によって貧血を改善させ、中枢神経の鉄不足を解消すれば症状がやわらぐといいますので、先生に相談してみてくださいね。

たとえ一時期であったとしても、眠りにつくときやじっとしているときに起こりやすいのが、このむずむず脚症候群。ひどいストレスになったり、睡眠不足になってしまうことで赤ちゃんやお母さんにも悪影響をおよぼす可能性もありますから、我慢せずに治療をしていきましょう。

妊娠中のママに役立つページ

  • 妊娠中の過ごし方-月別・週別
  • 妊娠中知っておきたい知識
  • 出産について
  • 仕事をしているママ
  • 妊娠中のトラブル
  • 妊娠関連情報ページ

妊娠中に知っておきたい基礎知識について

妊娠中の基礎知識


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム