マタニティマークの危険性

マタニティマークの危険性

マタニティマーク

近年、妊婦さんを守る為に制定されたはずの「マタニティマーク」を付けて歩く事で、「嫌な思いをした」「怖い目にあった」「危険な目にあった」というママさんが増加しています。マタニティマークは何のためにあるのか、実際どのような目にあった人がいるのかを見て、マタニティマークの事をじっくりと考えてみましょう。

マタニティマークを付ける意味とは??

なぜ、マタニティマークを付ける必要があるのか知っていますか??マタニティマークが推進されてから、まだ年数が浅い為か、一般にはマタニティマークの意味をよく理解していない方が多いように思います。実際に多いのが「私、赤ちゃん出来ました♪」の幸せアピールだと勘違いされている事が多いようで、友人などから「マタニティマークで幸せアピールなんかして・・・恥ずかしくないの?」と言われたり、お姑さんから「なんでつけるの?周りに妊婦だと思ってほしいの?」と言われたという事例もあります。

マタニティマークの本来の目的は、「幸せアピール」でも「妊娠しました」アピールでもなく、お腹がまだ目立たず、周りに妊婦だと気付いてもらえない妊娠初期の方が、もしもどこかで倒れてしまった場合に「私のお腹には赤ちゃんがいます!!」という目印になるという事です。その目印さえ出しておけば、救急隊の方が赤ちゃんに配慮した薬や処置を選択する事が出来ます。悪阻真っ最中の妊娠初期は、貧血を起こして倒れたりする事もあるので、初期の方こそつけるべきものです。

他にも悪阻の時期は、電車やバスに乗るのもツライ時期があります。お買い物の際、必ず交通機関を利用しなければいけない方もいますし、産休に入るまで仕事を続ける為に通勤で利用している方もいらっしゃいます。そんな妊婦さんの為に、交通機関などを利用しやすく、周囲が妊婦への配慮を示しやすくするという事で制定されました。ですが、「妊娠しています」という意思表示を掲げる事で、嫌な思いをさせられている妊婦さんも多くいらっしゃいます。実際にどのような被害をうけているのか見てみましょう。

マタニティマークを付ける事で実際にあった被害とは!?

  • 「妊婦だからって特別扱いはおかしい」と言われた。
  • 電車内でマタニティマークを見たおじさんが舌打ちをした。
  • 「電車になんか乗るな!タクシーにでも乗れ!」と言われた。
  • 「妊婦はタクシーに乗れ!タクシーに乗るお金がないなら子どもを作るな!」と言われた。
  • 「混んでる時間帯に、わざわざ乗らなくてもいいのにね」など聞こえるように嫌味を言われた。
  • 駅のホームで電車を待っていると、見ず知らずの女性にマタニティマークを引きちぎられた。

中でも酷いのが・・・

  • 駅のホームで電車を待っている時にお腹を蹴られた(殴られた)。
  • 電車内で目の前に座っていた女性から肘でお腹を殴られた。
  • ホームに突き落とされた。

など、嫌がらせの内容は、精神的な嫌がらせから、母子に危険を伴うものまで様々です。

電車内でマタニティマークを付けている方を見かけると、「席を譲らなくてはいけない。。疲れているからもう少し座っていたいのに・・・」という、帰宅途中の疲れからくるイライラから、妊婦さんに八つ当たりしてしまう男性や女性が多くいるようです。こういう方に出会ったら、この出来事をご自分の旦那様に話して聞かせ「反面教師」として学んでもらいましょう。また、近年赤ちゃんが欲しくても思うように授かる事が出来ない女性も多くいる為、マタニティマークを見ると嫉妬心や妬みから攻撃的になってしまう女性も多くいるようです。子どもが欲しくても出来ない女性も沢山いるという事を忘れないようにしましょう。

まとめ

自分の子どもを守れるのは自分自身です。妊娠初期は、流産の危険や貧血で倒れてしまう危険があります。お腹が大きくなってからは、マタニティマークが無くても妊婦さんだと一目で分かりますが、分かりづらい妊娠初期こそ、マタニティマークを付けるべき時期です。

マタニティマーク

マタニティマークを見て嫌味を言ってしまう方の中には、妊婦さんに「優しくするよう(席を譲るよう)強要された人」もおり、それをキッカケに「マタニティマークを見ると嫌悪感を感じるようになった」という方もいらっしゃいました。また、最近では妊娠していない方が電車での席を譲ってもらう為に、マタニティマークを付けている方がいるようで、それも一般の方がマタニティマークをよく思っていない原因の一つです。

「妊娠しているのだから優しくしてもらって(席を譲ってもらって)当然!」といったような態度は、他者に伝わってしまいますので、思いやりの強要はせず、優しくしてもらった際は、心からの感謝を伝えるよう心がけましょう。マタニティマークを見えるようにつけてしまうと、危険な目にあってしまう可能性もありますので、バッグなどの他人からは見えづらい位置に付けるようにするなど工夫が必要ですね。

他とは違ったマタニティマーク

妊婦さんの中には「マタニティマークが危険だから着用したくない」という理由とは違い、「マタニティマークの絵柄が好みではないからカバンに付けたくない」という方もいらっしゃいました。通常のマタニティマークは無料配布されていますが、有料でよければ以下のようなマタニティマークもあります。宜しければご覧下さい♪

BABY in ME

マタニティマークのパイオニアBABY in MEのバックチャームです。色や形などの種類がありますし、サイトにとぶとバックに付けた時のサイズ感などの画像が掲載されています。

妊娠中のマーク番外編

妊娠中のママに役立つページ

  • 妊娠中の過ごし方-月別・週別
  • 妊娠中知っておきたい知識
  • 出産について
  • 仕事をしているママ
  • 妊娠中のトラブル
  • 妊娠関連情報ページ

妊娠中に知っておきたい基礎知識について

妊娠中の基礎知識


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム