妊娠中にりんご病に感染したら

りんご病ってどんな病気?妊婦がかかると…?

リンゴ病

皆さんは「りんご病」という病気をご存知でしょうか?

多くの方が聞いたことがあるこのりんご病。ほっぺたが赤くなるということ以外に、具体的にどんな症状が現れるかを知っていますか?

そもそもこのりんご病というのは、人のみに感染するパルボウイルスである「パルボウイルスB19(ヒトパルボウイルス)」というウイルスによる感染症のことをいいます。

このパルボウイルスB19の感染経路として、飛沫感染と母子感染のふたつがあると言われています。つまり、妊娠中のお母さんが万が一りんご病にかかってしまうと、産まれてくる赤ちゃんも感染してしまう可能性が大ということになります。妊娠中に感染に気を付けておきたい感染症はたくさんありますが、その中でもこのりんご病は特に気を付けておきたいものです。

では、もしこのりんご病に感染してしまった場合、どんな症状があらわれてくるのでしょうか?

妊娠中は、妊娠初期の感染に注意!

幼児など小さなお子さんの場合、まず頬に紅斑があらわれて、それが全身に腕・太もも・おしりやおなかなどにあらわれていくようになります。そのほかは咳や微熱といった、一見すると風邪かな?というくらいの症状でおさまることがほとんどなので、あまり心配することはありません。

大人になってから発症すると、紅斑はあらわれる人とそうでない人がいたり、症状も軽度から重度まで幅広くなります。軽い場合にはあまり自覚症状もないと言われていますが、重度の場合には関節炎を伴うため1~2日程度歩くのも難しいという状態に。さらに、もともと溶血性貧血だという方がりんご病に感染すると、急速に貧血が進行してしまうことも。

そして、気になるのが妊婦の方がりんご病に感染してしまったとき。お母さんにパルボウイルスB19の免疫がない場合には、赤ちゃんも胎盤から感染してしまいます。

妊娠初期の感染がもっとも心配で、胎児の水腫(胸水・腹水・心嚢水のうちふたつ以上がみられる状態)を引き起こしてしまうと言われています。このため、胎児が心不全で亡くなってしまったり流産してしまう危険性が高まってしまいます。

もちろん妊娠後期であっても危険性は無きにしも非ずですが、もっとも重大なのは妊娠初期の感染です。

ワクチンも治療法なし…飛沫感染に注意しよう!

ただ、妊娠中にりんご病に感染したからといって、必ずしもお子さんに何らかの異常が起こる…というわけではありません。感染したまま赤ちゃんが産まれても、その後何事もなく育っていっているという例も。感染=必ずしも命に関わるということではなさそうです。

とはいえ、胎児に悪影響を及ぼすことは間違いないため、やはり予防していく必要があります。

実は、このパルボウイルスB19にはワクチンが存在しません。つまり予防注射のようにあらかじめ免疫をつけておく…ということができず、効果的な予防法というものは存在しません。

ただ、前述にもありましたが感染経路は飛沫感染と母子感染のふたつになるということですから、風邪やインフルエンザウイルス対策のように、飛沫感染を防ぐように心がけましょう。

また、同じようにこれといった治療法がないというのも現状で、関節痛があれば鎮痛剤を…という具合に対症療法となります。

りんご病の原因であるパルボウイルスB19は、感染力は強くないとは言われています。ですが、大切な赤ちゃんを守るためにもこういった感染症があるということを知っておき、りんご病だけでなくさまざまな感染症にかからないように、日ごろから手洗い・うがいを徹底していきたいものですね。

妊娠中のママに役立つページ

  • 妊娠中の過ごし方-月別・週別
  • 妊娠中知っておきたい知識
  • 出産について
  • 仕事をしているママ
  • 妊娠中のトラブル
  • 妊娠関連情報ページ

妊娠中に知っておきたい基礎知識について

妊娠中の基礎知識


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム