妊娠中の流産について

スポンサーリンク

流産とは

悲しい事実ですが、全ての妊娠が順調に経過するわけではありません。流産とは、妊娠22週未満になんらかの原因で赤ちゃんが母体から出てしまい、妊娠を継続させることが出来ないことをいいます。そのうち、妊娠12週未満の流産を早期流産・妊娠12週以降を後期流産とわけられています。

流産は主に、妊娠初期(全ての妊娠のうち約10~15%)にみられます。妊娠初期の流産の原因の半数近くが、染色体の異常などである為、避けられないものであり、母体が原因ということはほとんどありません。しかし、後期流産(妊娠12週以降)では子宮頸管無力症といって、子宮口がゆるんでしまったり、感染・炎症を起こしてしまったり、子宮の形に異常がみられたりというような、母体側の原因が増えてきます。

科学的流産(ケミカル・アポーション)

精子と卵子が受精し、その受精卵が着床したことを妊娠といいますが、着床しても途中で発育が止まり、出産に至らないケースが多々あります。妊娠反応が陽性になった後、超音波検査で、子宮の中に胎嚢が見えてくる前に発育が止まる場合を、科学的妊娠(ケミカル・プレブナンシー)といい、それに引き続いて起こる生理のような出血を、科学的流産(ケミカル・アポーション)といいます。

※科学的流産の出血の特徴は、普段の生理と比べると量が多くて長く続くなど、違和感を感じる場合がありますが、大きな変化が見られる事が少ない為、気付きづらいです。以前は、妊娠検査薬の感度があまりよくなかった為に科学的妊娠では妊娠反応が出ませんでしたが、妊娠検査薬が普及するにつれて感度がよくなり妊娠初期のうちに陽性反応が出るようになり、一般の方にも広く知られるようになりました。

切迫流産

おなかに痛みや張りがあり、出血が続くといった症状と流産を合併した状態をいいます。子宮にトラブルはなく胎児の心拍も確認できます。治療はまず、安静(可能な限り横になること)第一です。外出や運動・セックスは避け、生活最低限の行動にとどめます。出血が続いたり症状が重い場合は、薬を投与されたり場合によっては入院することもあります。切迫流産によっての影響は、出血や張り・腹痛などの症状が消えれば、その後の 妊娠生活や出産後の赤ちゃんへの影響はありません。

進行流産

子宮口が開き赤ちゃんや胎盤などが流れ出る状態をいいます。症状は激しい出血と腹痛を伴います。進行が確定したら、止めるすべはなく妊娠の継続は不可能となります。

稽留流産

赤ちゃんが死んでしまっているのに子宮内にとどまっている状態をいいます。出血や腹痛がないため自覚症状はありません。兆候は妊娠6~7週になっても「胎児や心拍が確認できない」です。そのため病院でも慎重に経過を診ていくことになります。

完全・不完全流産

赤ちゃんの組織が全て流れてしまうことを完全流産。一部が残ることを不完全流産といいます。

  • 完全流産の症状は、激しい下腹部の痛みと大量の出血を伴った状態。出血はしばらくすると自然に止まります。
  • 不完全流産の症状は、陣痛のように波がある痛みが続き、大量の出血があります。こちらは出血は続いている状態。

習慣流産

連続で2回流産を繰り返すことを反復流産。流産を3回以上繰り返すことを習慣流産といいます。流産を繰り返すたび、流産する確率が上がってしまいます。

原因

  • 細胞遺伝子的異常(染色体に異常がある場合)
  • 解剖学的異常(子宮奇形・子宮頸管無力症・子宮筋腫)
  • 内分泌的異常(甲状腺・高プロラクチン血症・糖尿病など内分泌液系の病気)
  • 感染症(性病の感染や炎症)
  • 自己免疫異常(自分の細胞を攻撃してしまう病気)
  • 同種免疫反応異常(夫婦間でHLA(ヒト主要組織適合抗原)が似ている)
  • 原因不明(全体の60~70%)

後期流産

連続で2回流産を繰り返すことを反復流産。流産を3回以上繰り返すことを習慣流産といいます。流産を繰り返すたび、流産する確率が上がってしまいます。

妊娠12週以降22週未満のことを後期(中期)流産といいます。また22週以降は流産でなく死産になります。原因は子宮筋腫・子宮奇形・自己免疫疾患・子宮頸管無力症・スポーツ・染色体異常などが考えられます。

不育症

流産や死産を繰り返し、健康な赤ちゃんを産めないことを不育症といいます。原因は半分程度「原因不明」が占めます。他の部分では、上記で説明した習慣流産の原因に加えて「血流が悪い」事です。

その他の流産

子宮外妊娠・科学的流産・胞状奇胎などがあります。胞状奇胎とは、胎盤になるはずの絨毛が異常に増え、子宮内がブドウの粒状になってしまう病気です。症状は断続的・継続的な出血。心拍数・胎児とともに確認出来ません。吐き気やおう吐などの悪阻の症状が強いことがあります。治療法は、そうは手術を何回かに分けて行い、子宮内の組織を完全に取り除きます。その後、細胞が絨毛ガンに移行してないか経過観察をします。

早産・流産の 記事一覧

妊娠初期に知っておきたい!切迫流産の原因・症状・対処法など

「切迫流産」という言葉を聞いて、お腹の赤ちゃんが助からないと不安を覚えるでしょう。 特に初めての妊娠...

続きを読む

繰り返し起こる流産。習慣性流産と反復流産について知っておこう!

繰り返し起こる流産は何か原因があるの? 妊娠=出産と考えている方は多くいらっしゃるかと思います。です...

続きを読む

切迫流産、切迫早産になったらどんな治療をするの?

女性が妊娠して、おなかの中で赤ちゃんが育っていって、出産を経てかわいい我が子が誕生して…。 誰もが当...

続きを読む

切迫早産の原因と防ぎ方、症状について

切迫早産とは 妊娠37週よりも前におなかが張ったり子宮口が開き始めたりして、早産しかかっている状態の...

続きを読む

進行流産について知っておこう

流産が進んでいる状態…進行流産について お母さんのおなかの中ですくすくと育っていくはずの赤ちゃん――...

続きを読む

早産の予防方法

早産とは 早産とは妊娠22週から37週未満の出産のことを言います。妊娠22週未満に赤ちゃんが流れてし...

続きを読む

流産・早産の原因としてよく挙げられる子宮頚管無力症について

流産や早産の不安…その原因って何? 妊娠すると、さまざまな不安や心配事に頭を悩まされてしまいますよね...

続きを読む

切迫早産の原因になる絨毛膜羊水炎について

切迫早産の原因になる絨毛膜羊水炎について 女性は妊娠すると、さまざまな体の変化が起こっていきますよね...

続きを読む

入院になってしまった…入院期間をどうやって乗り切る?

入院になってしまった…入院期間をどうやって乗り切る? 特に多いのが、切迫早産での入院だと言いましたね...

続きを読む

赤ちゃんが育たない、流産する…不育症の原因って何?

赤ちゃんが育たない、流産する…不育症の原因って何? 妊娠にはたくさんのリスクやトラブルがつきものです...

続きを読む

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?