【不妊治療について】治療の中身は?保険はきくの?

スポンサーリンク

妊活を続けるカップルにおいて、不妊治療をすべきかどうかや、その費用は気になるところです。

以前はカップル10組のうち1組は不妊ともいわれていましたが、晩婚化しているため、不妊で悩むカップルは7組に1組程度といわれています。

社会的にも深刻な問題ですが、子どもを欲しいと願っているカップルにとっては、大きな悩みといえるでしょう。

また、不妊の悩みは友人には気軽に相談できず、親族に「子供はまだなの」と言われて、気持ちが落ち込んだり思い悩む方も少なくありません。

そこで不妊症とはどういう状態で、どんな原因があるかや、検査や治療の方法、病院の選び方や費用までしっかりとみていきましょう。

不妊症とは?


不妊症とは、妊活をしているカップルが、1年を過ぎても妊娠しない状態をいいます。

病気とは違い、原因がはっきりとわからないことが多いため、病名ではなく症候群として「妊娠できない症状」を指す言葉が不妊症なのです。

一般的に避妊をせずに夫婦生活を送れば、半年で約70%、1年で約90%、2年でほとんどの方が妊娠できるといわれています。

厚生労働省によると、不妊治療を受けている人は、2002年では46万人を超え、その後も増え続けているようです。

不妊の原因は男女どちらにもある


女性が高齢になればなるほど、妊娠できる確率は低下するのが現状です。

しかし晩婚化の影響もあり、出産したいと考えている女性が、30歳を超えて結婚することは珍しくありません。

女性は30歳を過ぎたころから、徐々に自然妊娠できる可能性は低くなり、35歳をすぎるとぐんと妊娠率が減ります。

とはいえ、不妊の原因は女性だけにあるのではありません。

男性も加齢によって、精子の質が下がり、妊娠への影響を及ぼします。

日本婦人科学会によると、旦那さんに不妊の原因があるケースは約50%なので、夫婦で不妊に向き合う必要性があるでしょう。

女性の不妊原因

参照:日本産婦人科医会、不妊症のケア 2001

女性側の不妊原因は、半数が原因不明といわれています。

原因不明のひとつとして、卵管のピックアップ機能がうまく働けていないことが考えられているようです。

卵胞から卵子が飛び出してきたときに、卵子をキャッチし、卵管に送る働きを「卵管のピックアップ機能」と呼びます。

現状、ピックアップ機能が正常なのかを調べるのは、難しいといわれているのです。

原因がわかっているなかで多いのは、卵管通過障害
卵管通過障害は、卵管が狭かったり、詰まっていたりして、卵子や精子が通過できない状態をいいます。

また、うまく排卵できていない排卵障害も、不妊の原因です。

原因がわかったら、そこを改善すれば妊娠しやすくなるため、卵管通過障害や排卵障害と診断されても不安になることはありません。

男性の不妊原因

男性不妊の原因において、造精機能障害がもっとも多い割合をしめています。

造精機能障害とは、精巣内で精子をつくる機能になんらかの障害がある状態です。

造精機能障害の症状

  • 無精子症:精液中に精子が存在しない
  • 乏精子症:精子の数が少ない
  • 精子無力症:精子の運動率が低下する
  • 精子奇形症:精子の形に異常が多い

造精機能障害の原因は、半分が原因不明でわかっていません。

原因がわかっているなかで多いのは、精索静脈瘤です。

精索静脈瘤は精巣近くの静脈にコブができることで、精巣の温度管理ができなかったり、精巣が低酸素状態になるため、精子に影響がでる状態をいいます。

ほかには精管や精嚢に問題がある閉塞障害や、勃起不全などです。

どんな検査をするの?


不妊治療を開始するにあたって、まずは病院で検査を行います。

初めての診察や基本的な検査は、男性も婦人科で行えるので、かかりつけの婦人科に問い合わせてみましょう。

女性の検査

不妊治療を開始する前に、どのような検査が行われるのかをみていきましょう。

基礎体温

不妊治療は、女性の生理周期に合わせて予定を立てていきます

基礎体温のグラフをみることで、排卵日や黄体ホルモンの分泌がわかるのです。

そのため初診時に、2~3か月分の基礎体温のグラフを持参すると、検査がスムーズにすすみます。

もしも基礎体温がないと、検査が数か月かかるケースもあるので、日ごろ付けていない方は1か月分だけでも持参できるように、計測をしましょう。

超音波検査

子宮内に異常がないかを検査します。

初診では、卵巣・子宮の状態を検査し、子宮内膜症や子宮筋腫がないかや、卵巣嚢腫がないかなどを確認するのです。

その後は、排卵前後で検査を行います。

排卵前は、卵胞の大きさや数を測って排卵日の予想をし、排卵後はしっかり排卵されているかを確認するのです。

基本的に、膣から超音波プローブという器具を挿入して検査を行います。

ホルモン検査

ホルモン検査は、排卵時期を確定するために採血をします。

月経がはじまってから3~5日目や排卵前に行い、卵の成熟度を締めるホルモンと、排卵を開始するホルモンの値を調べることで、排卵時期を予想するのです。

1回の採血で、複数のホルモンを調べられます。

ヒューナーテスト(フーナーテスト)

排卵時期に合わせて性交渉を行い、当日や次の日に、子宮の入り口から出る「頚管粘液」を採取します。

頚管粘液の中で運動している精子の数を見て、男性の精子に問題がないかを判断する検査です。

子宮卵管造影検査

子宮の中に造影剤を注入し、レントゲンを使って検査する方法です。

子宮の状態や、卵管が詰まっていないかなどを確認するためにおこなわれます。

感染症検査

クラミジアに感染すると、子宮や卵管に炎症がおこり、不妊や子宮外妊娠の原因になります。

また妊娠初期に風疹に感染すると、赤ちゃんが先天性風疹症候群にかかり、心臓構造異常や白内障、難聴などを引き起こす可能性があるのです。

主な感染症検査

  • クラミジア
  • 風疹抗体
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • エイズウィルス
  • 梅毒

男性の検査

不妊治療は女性だけではなく、男性も検査を行います。

精液検査

自宅やクリニックで採取した精液を、顕微鏡で検査します。

精子の数や運動率、奇形がないかなどを診断し、造精機能障害の可能性をみるのです。

造精機能障害

  • 乏精子症:精子の数が少ない
  • 精子無力症:精子の運動率が低下する
  • 精子奇形症:精子の形に異常が多い
  • 無精子症:精液中に精子が存在しない

いずれも重症な例は、顕微授精が必要です。

このなかでは、無精子症がもっとも重い症状になります。
無精子症と診断されても、わずかに精子を確認できるケースがあり、この場合は顕微授精が可能です。

無精子症のさらに踏み込んだ検査は、陰嚢を切開し、精子を回収して検査を行う場合もあります。

不妊治療はステップアップ治療


不妊治療は、大きくわけると4つの方法があります。

まずはタイミング療法から行い、徐々にステップアップして行われるのが主流です。

1:タイミング療法

  • 排卵日に合わせて性交渉を行う方法

基礎体温・超音波検査・ホルモン検査などで排卵日を予測し、妊娠しやすいタイミングで性交渉を行うことで、妊娠の確率を上げる方法です。

タイミング療法を行えるカップル

  • 排卵がある
  • 子宮や膣がある
  • 卵管がひとつ以上通っている
  • 精子の数や運動率が十分

排卵日の2日前から、性交渉を行うと、妊娠する可能性は高まります。

排卵日とタイミングの計算

  • 排卵日
    生理周期(日)-14日(黄体期)=排卵日(生理開始から〇日目)
  • タイミング
    排卵日-2~3日(頸管粘液の増加)=タイミング日(生理開始開始から〇日目)

例)生理周期が28日の場合

  • 28日-14日=14日(排卵日)
  • 14日-2~3日=11~12日

生理開始から11~12日後から、性交タイミング

上記のように自分で計算できますが、婦人科やクリニックでは、しっかり排卵されているかを確認でき、より正確なタイミングがわかるのでオススメです。

タイミング療法を半年続けて、結果がでない場合は、排卵誘発剤を使った方法にステップアップします。

2:排卵誘発

  • 排卵誘発剤を使って卵巣を刺激することで、成熟した卵胞を増やすことで、良質な卵子を育て、妊娠確率をアップさせる方法
  • 排卵する力が足りない場合は、排卵を促すサポートができる

排卵誘発方法とは、文字通り排卵を誘発する方法です。

排卵誘発法に向いている方

  • 生理不順
  • 排卵がされていない
  • 不妊の原因がわからない

排卵になんらかの問題がある場合だけでなく、不妊の原因がわからないケースでも、排卵誘発剤で確実に排卵させることで、妊娠の確率をアップさせます

排卵誘発剤は人工授精や体外受精を行うときも、使われることが多い薬です。

主な副作用は、多胎妊娠ですが、胎児への障害リスクは自然妊娠とほとんど変わりません

副作用として、卵巣が腫れてしまう「卵巣過剰刺激症候群」がありますが、飲み薬ではほとんど現れないといわれています。
注射の場合は、卵巣過剰刺激症候群を起こす可能性があるのです。

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤は、いくつか種類があります。

大きな特徴をみてみましょう。

排卵誘発剤の特徴

  • 飲み薬:副作用は少なく安全性が高い。効き目はおだやか
  • 注射:副作用の頻度は飲み薬より高い。排卵効果は高い
クロミッド(クロミフェン)

もっとも多く使われているのは「クロミッド」という経口薬で、費用もあまりかからず使いやすい薬です。

排卵の指令を出すホルモンを分泌させるため、脳に指令を出すよう働きかけます。

長期的に使うと、妊娠した場合の流産確率が少し高くなる、排卵期の頸管粘液が少なくなる、子宮内膜が薄くなりやすいなどの副作用があります。

セキソビット(シクロフェニル)

穏やかな作用のため、副作用も少ないので安心して使える排卵誘発剤です。

排卵誘発率は、クロミッドの約半分といわれています。

アロマターゼ阻害剤(フェマーラ、アリミデックスなど)

もともとは乳がんの治療に使われる薬ですが、排卵誘発としても使えるということで不妊治療目的で処方されることがあるそうです。

しかしアロマターゼ阻害剤は、排卵誘発として認可されていません。

危険性として、初期流産や胎児の催奇形などがあるのです。

そのため、この薬が病院で処方される場合には、同意書を何枚も書くということがあるようです。

ゴナドトロピン製剤(ゴナピュールなど)

卵巣に、直接働きかける注射薬です。

強い作用があるぶん、多胎や卵巣過剰刺激症候群(卵巣が腫れ、腹水などの症状が起こる)などの副作用の可能性が大きくなります。

hCG製剤

育っている卵子を、強制的に排卵するよう促す注射薬です。

hCG製剤を注射すると、約12~36時間後に排卵されます。

筋肉注射なので、痛みが強くなってしまうことがデメリットです。

hMG製剤

卵子を育てるための注射薬です。

クロミッドなどの経口薬と違い、脳ではなく、直接卵巣に働きかけます。

効果が大きいぶん、多胎になる可能性も大きくなるのです。

自己注射

「フォリスチム」という注射薬は、ペン型の注射器を使って、自宅で自分で注射できるので、病院に通う手間を省けます。

卵胞という卵子をつつんでいる部分に働きかけ、成長するように促してくれる効果があります。

GnRHアゴニスト製剤(スプレキュア)

点鼻薬タイプのホルモン治療剤で、鼻の粘膜から吸収されるようになっています。

使う期間によってロング法・ショート法と呼ばれる方法があります。

難しいかと思いますが、「GnRH」はゴナドトロピン放出因子、「アゴニスト」は誘導体という意味です。

ゴナドトロピンというホルモンは、卵巣を刺激するホルモンを出させるという働きがあるのですが、このゴナドトロピンを出させるために欠かせないのがGnRHです。

GnRHアゴニスト製剤は、体の中にあるGnRHそのものではなくそれを真似てつくられた物質です。

なので、もともと体の中にあるGnRHよりも作用が強いといわれています。

GnRHアンタゴニスト製剤

排卵のコントロールに役立つ働きがあります。

海外で卵子の質がよくするなど、さまざまな効果が期待されており、日本でも2006年に承認された注射薬です。

3:人工授精

  • 精子を除菌洗浄してから、子宮に直接注入する方法

男性の精子を採取し、直接子宮に送り届けることで、受精をサポートする方法です。

人工授精に向いている方

  • 性交障害(勃起不全など)
  • 精子の数が少ない
  • 精子の運動率が悪い
  • 体外受精には抵抗がある方

人工授精は、男性に不妊の原因があるケースで、行われることが多い方法です。

精子に問題がなかったり、女性の年齢が高齢の場合は、人工授精には向いていません。

採精は自宅で行ってクリニックまで持参する方法と、病院内で採精する方法を選べることが多いようです。

採精した精子は洗浄と濃縮され、女性の子宮内に直接注入します。

人工授精を4~6回繰り返し、妊娠しなかったら、次のステップに進みます。

4:生殖補助医療

  • 体外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に入れる方法

体内で受精することが難しいケースでは、身体の外で受精させる方法をとります。

生殖補助医療が向いている方

  • 卵管性不妊
  • 男性不妊
  • 受精障害
  • 人工授精で妊娠できなかった方
  • 高齢
  • 子宮内膜症
  • 重症な排卵障害
  • 多のう胞性卵巣
  • 原因不明の不妊

生殖補助医療とは、体外受精をはじめとする、医学の進歩によって行えるようになった新しい不妊治療をいいます。

大きくわけて、体外受精・顕微授精・凍結胚移植などがあるので、それぞれみていきましょう。

体外受精

  • 体外に取り出した卵子に、精子をふるかける方法

卵子は、採卵手術を行って取り出されます。

麻酔を使用するか麻酔なしかを、選べるクリニックも多いようです。
採卵が難しそうな場合は、医師から麻酔の使用をすすめられることもあります。

取り出した卵子と精子を同じ入れ物に入れて、自然に受精させたあと、女性の体内に戻す方法で、コンベンショナル体外受精ともいわれている方法です。

卵子に傷を付けない方法ですが、受精する精子は選べません。
デメリットとして、多精子受精になる可能性があります。

顕微授精

  • 体外に取り出した卵子に、針を刺して精子を注入する方法

精子を選別して、卵子に直接注入することで、受精卵をつくり女性の体内に戻します。

一部を顕微授精、残りを体外受精にする方法をとるケースもあるようです。

細い針とはいえ、卵子に刺すことで卵子へのストレスがありますが、形や動きのよい精子を選別できます。

凍結胚移植

  • 受精卵を凍結させて子宮に移植する方法

採卵して体の外で受精させた受精卵(胚)を、いったん冷凍して保存したのちに、とかしてから子宮に移植する方法です。

1回の採卵で、複数の受精卵をつくることができるので、何度も採卵する必要がありません。

凍結肺移植には、ふたつのケースがあります。

ひとつめは、受精卵すべてを凍結する「全胚凍結」です。
採卵したものの、子宮内膜が薄いことなどで着床できる可能性が低かったり、移植が危険な場合、そもそも凍結が目的の場合は受精卵すべてを凍結させます。

ふたつめは、体外受精や顕微授精を行って、子宮に受精卵を移植したあとに、余った受精卵を凍結する「余剰胚凍結」です。
もしも妊娠に成功したとしても、第2子のために保存しておくことができます。

受精卵は、排卵日に合わせて子宮に戻すのが一般的です。

不妊治療にかかる期間はどれくらい?


不妊治療にかかる期間は、人によってさまざまです。

不妊治療を開始して、すぐに妊娠できた方もいれば、4~5年かかったカップルもいます

カップルが不妊治療をはじめる年齢によっても、妊娠の確率が変わるのです。

女性の年齢が若いほど妊娠確率は高く、35歳を超えると一気に妊娠確率は下がり、不妊治療が長引くケースは多いといえます。

男性の年齢も、無関係とはいえません。
精子の質は、加齢によって下がるからです。

個人差があるものの、男性も35歳を超えたら、女性と同じように出生率が低くなるという報告もあります。
また、男性の年齢が45歳をすぎると、流産率に影響を与えるともいわれているのです。

期間が長くなれば、それだけ費用もかかるので、赤ちゃんが欲しいと思ったらすぐに妊活を始めることが大切といえるでしょう。

不妊治療の卒業はいつ?

不妊治療は、受精卵が子宮内膜に着床し、細胞分裂を繰り返して心肺が確認されたら「妊娠」と判定され、晴れて卒業になります。

赤ちゃんの心拍が確認できるのは、妊娠6~7週目ごろです。

不妊治療だけに限ったことではありませんが、稀に子宮の外に着床してしまう「子宮外妊娠」が起こるケースがあります。

不妊治療のクリニック選び、ポイントは?


不妊治療は、婦人科や不妊専門クリニックで行えます。

自分にピッタリのクリニックを選ぶには、なにを基準にすればよいのでしょうか。

1:婦人科?不妊治療専門クリニック?

女性の排卵日などを特定して、タイミングをはかるだけなら、婦人科でも問題ありません。
かかりつけの婦人科だと、相談しやすいでしょう。

しかし、あたりまえですが、婦人科に男性患者は訪れません。

男性がほとんどいないことから、不妊治療を行うために、夫婦ふたりで婦人科に行くのをためらう男性がいるようです。

また妊婦が多い婦人科は、不妊治療を行うにあたり、精神的につらくなる可能性もあります。

女性が高齢であったり、不妊原因がわかっている場合、妊婦を見るのがストレスになる場合は不妊治療の専門クリニックに訪れるとよいでしょう。

2:通院しやすい場所

不妊治療を開始すると、自分の都合ではなく、卵子の成長やホルモンの状態によって、通院することになります。

人によって優先度が変わるとは思いますが、場合によっては仕事よりも優先させることもでてくるのです。

そこで、通院しやすい場所にあるかは、病院選びの大きなポイントのひとつといえるでしょう。

3:料金が明確

日本産婦人科学会によると、医療技術が安定し、器具や試薬が一般化したことによって、どこの病院で行っても大きな違いがないレベルなのだそうです。

となると、大きく差が出るのは費用面といえます。

不妊治療は行う内容が、高度になればなるほど、費用がかさむ傾向にあるのです。

ある程度、料金が明確になっていれば、不妊治療を続けられるかどうかの判断につながり、不安を解消できるかもしれません。

「追加料金があるなんて聞いてないけど、診療明細書を見てびっくりした」ということがないよう、あらかじめどれくらいの費用で治療ができるかを、確認しておきましょう。

4:評判を調べる

候補のクリニックを複数あげてから、インターネットなどで病院名を検索して調べてみましょう。

治療方針や、口コミなどを見ることができ、自分に合っていそうかの目安になります。

5:クリニックの勉強会に行く

不妊治療を行うクリニックは、勉強会やセミナーを開催していることが多いので、参加してみましょう。

不妊治療の勉強にもなり、クリニックの方針などを自分の目で確かめられます。

カップルで参加することで、夫婦間における知識の差を少なくし、一緒に不妊治療を行う意識が高まるのでオススメです。

不妊治療はいくらかかるの?


不妊治療には保険が適応されるものと、保険適用外で自費になるものがあります。

保険適用される不妊治療

健康保険が適用される不妊治療は、以下の治療があります。

保険が適用される不妊治療

  • タイミング法の排卵日検査
  • 排卵誘発剤
  • 卵管形成術
  • 精管形成術

保険適用外の不妊治療

保険適用外(自費)になる不妊治療は、下記です。

保険適用外の不妊治療

  • 人工授精:1回あたり平均1万円
  • 体外受精:1回あたり平均30万円
  • 顕微授精:1回あたり平均40万円
  • 凍結胚

保険適用外の治療は、クリニックによって大きく費用が異なります。

よく「不妊治療で数百万円かかった」と耳にすることがありますが、これは複数にわたって、保険適用外の不妊治療を行ったケースだといえるでしょう。

たとえば、顕微授精を6回行えば、平均金額から計算しても240万円です。

成功率をあげることはもちろんですが、不妊治療にかけるお金を少なくするためにも、体調を整えていきたいですね。

不妊治療には助成金がある

不妊治療には、助成金があります。

結婚した夫婦で、妻が43歳未満で治療を開始することが条件ですが、体外受精や顕微授精を行った場合は、初回30万円、その後1回の治療につき15万円まで助成金をもらえるのです。

自治体によっては、さらに助成金を上乗せするケースもあるので、お住まいの市区町村に問い合わせて申請するとよいでしょう。

民間の保険で不妊治療をサポート

昨今、民間の保険会社からも、不妊治療をサポートする保険ができています。

日本で初めて不妊治療の保険を出したのは、日本生命保険です。
女性向け医療保険「シュシュ」は、不妊治療にかかる費用や、出産祝い金があります。

ほかにも、東京海上日動火災保険の「不妊治療費用等補償保険」や、アイアル少額短期保険の「子宝エール」など、不妊治療をサポートする保険は次々と増えているようです。

気になる方は、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに聞いてみると、勧誘なしで詳しいことを教えてくれます


不妊治療は医療費控除の対象

不妊治療にかかった医療費は、医療費控除の対象です。

確定申告で医療費控除の申告をすることで、所得税や住民税の税額が減るので、支払いすぎた税金があれば、還付金を受け取れます

医療費控除の対象になる金額

  • (実際に支払った医療費の合計額) - (出産育児一時金や保険金) = 10万円を超えた場合
  • 課税金額が200万円未満の人は「課税金額の5%」を超えた場合

もしも、確定申告をし忘れても5年以内なら、さかのぼって申告できます

不妊治療の成功率をあげるには


不妊治療の成功率をアップさせるには、どうすればよいのでしょうか。

不妊治療は、ひとりで行うものではありません。

カップルで行うことが大前提です。

そこで、どうすれば妊娠しやすくなるのかを、男女別にみていきましょう。

男性は精子の質をアップさせる

男性は、精子の質を上げることと、確実に性交できるようにすることが大切です。

男性ホルモンであるテストステロンをアップさせるために、筋トレなどや短時間の激しい運動は有効といえます。

また、規則正しい生活を送り、良質な睡眠と、しっかりと栄養をとることを日々、意識しましょう。

しかし仕事が忙しくて、栄養バランスまで気が回らないときは、サプリだけでも飲んでおくとよいですね。

男性には、亜鉛やマカが入ったものがオススメです。

女性は妊娠しやすいカラダつくり

女性は、卵子の質をあげることも大切ですが、受精卵をしっかりと着床し、育てられる体つくりが大切です。

ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体にするためには、規則正しい生活が基本。

ストレスをためずに、良質な睡眠と、しっかりとした栄養をとりましょう。

とはいえ、妊活中はストレスがたまりやすく、あれもこれも完璧にやろうとしたら、つらくなることも。

そんなときは、フカフカの子宮内膜をつくり、赤ちゃんの細胞分裂に欠かせない、葉酸の入ったサプリを飲んでおくだけでもよいですね。

不妊治療をするなら早期開始が効果的


赤ちゃんが欲しいと思っても、なかなか授からないときは、思い切って婦人科や不妊治療専用のクリニックに行きましょう。

卵子も精子も加齢によって、その機能は低下します。
そのため1歳でも若いうちに、不妊治療を開始することが、成功へのカギといっても過言ではありません。

治療への不安はあるかもしれませんが、クリニックが行っている勉強会などに参加したり、担当医に質問をすることで、徐々に薄まるようです。

正しい知識をつけることと、最初の一歩を踏み出すことが、結果的に治療費を抑えたり、赤ちゃんを迎えられることにつながります。

治療だけでなく、夫婦で話し合いをたくさんして、生活習慣も整えながら、楽しくベビ待ちを行いましょう。

【妊活の基礎知識】何をするの?方法は?タイミングとかある?

最近「妊活」がブームになっています。 「妊活」とは文字通り「妊娠をするための活動」です。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

不妊治療の 記事一覧

体外受精 (IVF) はどんな方法? 流れ、費用や妊娠確率は?

不妊治療の第3ステップとなるのが、体外受精です。 タイミング法や人工授精に比べて、妊娠確率が高いとい...

続きを読む

不妊治療費は医療費控除の対象!条件と申請方法をわかりやすく解説

不妊治療は、医療費がかさみがちです。 タイミング法であれば1回数千円で済みますが、顕微治療になると1...

続きを読む

なかなか妊娠しないのは無排卵月経かも?検査や治療法は?

赤ちゃんを望んでいるのに授かることができないとき、考えられる可能性のひとつに「無排卵月経」があります...

続きを読む

人工授精(AIH)の方法や費用、成功率は?

不妊治療中の夫婦にとって、人工授精は選択肢のひとつで、わりと一般的な治療法といえます。 しかし人工授...

続きを読む

不妊治療中の方必見!助成金の申請方法をわかりやすく解説

不妊治療には、お金がかかります。 そのため「赤ちゃんは欲しいけど、高すぎて不妊治療まではできない」と...

続きを読む

不妊治療の保険が誕生!保障の内容は?加入条件は?

望めばいつでも子どもを授かれると思っていたはずが、いざ妊活をはじめてもなかなか妊娠しないということが...

続きを読む

【漢方体験Q&A】32歳「卵の育ちが遅い」といわれて7年間の不妊【体験談】

検査での異常はないのに妊娠はできない、というケースは意外に多いものです。 薬を使えば妊娠できるよ、と...

続きを読む

【漢方薬剤師が教える】男性不妊の原因と3つの対策

皆さんこんにちは。タクヤ先生こと杉山卓也です。 さて、今回はかなり赤裸々な内容ですがとっても切実かつ...

続きを読む

【妊活と漢方】漢方薬局での子宝相談ってどうなの?

皆さんこんにちは。 タクヤ先生こと杉山卓也です。 まだ漢方薬局への訪問経験がなくて、子宝相談を行うか...

続きを読む

無精子症でも妊娠は可能!?

男性不妊のひとつ、無精子症 多くのカップルが悩んでいるという「不妊」について。赤ちゃんをなかなか授か...

続きを読む

1 2