男の子・女の子の産み分けについて

男の子・女の子がほしい!産み分けについて

男の子と女の子の産み分け

赤ちゃんがおなかに宿る…その日からママとなったあなたは、出産のことや赤ちゃんが産まれたあとのことなど、いろんなことを考えるでしょう。そして、多くの方が気になるのが「男の子?女の子?どっち!?」ということではないでしょうか。赤ちゃんの性別については誤解されやすいことが多いのですが、妊娠がわかってからの食生活や生活習慣などで性別が決まるというわけではありません。赤ちゃんは、ママの卵子とパパの精子が合体して、赤ちゃんのもととなる受精卵ができあがった瞬間に性別が決定しているんですよ。

健康ならば男の子・女の子どちらでもいい!とは思いつつ、できれば男の子が欲しい・できれば女の子が欲しい…という本音があるもの。特に同性の兄弟がいて次の子を妊娠した場合には、異性の子が欲しいと強く思ってしまいますよね。近年では「産み分け」といって、希望の性別の赤ちゃんを授かるようさまざまな方法が生み出されてきました。この産み分けはどういったシステムなのか、また本当に希望通りになるのかなど、産み分けについて詳しく見ていきましょう。

男の子と女の子の染色体について

私たちの体の中には「染色体」というものがたくさん存在しています。染色体というのは、パパやママの髪の色や体質といった遺伝に関する情報が詰め込まれた物質。人の染色体は全部で46本ありますが、そのうちの2本は「性染色体」といって、性別を決めるための情報が詰め込まれている染色体になります。性染色体は「Y染色体」と「X染色体」の2種類があります。Y染色体とX染色体はそれぞれに特徴があります。

Y染色体(女の子)

  • 酸性の環境に強い
  • 動きが遅い
  • 数が少ない
  • 寿命が長い

X染色体(男の子)

  • アルカリ性の環境に強い
  • 動きが速い
  • 数が多い
  • 寿命が短い

パパとママの性染色体を1本ずつもらうので、どの人にもかならずX染色体を1本は持っていることになります。そこにY染色体が1本でも入ると、男の子ということになります。つまり、パパとママからもらった染色体の組み合わせは「XX(女性)」と「XY(男性)」という2通りになります。うまく産み分けをしていくためには、この特徴や染色体の組み合わせを知っておきましょう。赤ちゃんの性別が分かる時期

産み分けをするコツ・タイミング・アイテム

女性の膣の中というのはとてもデリケートな部分ですから、普段は雑菌が入り込んでくるのをブロックするため、酸性になっています。つまり、酸性に弱い精子にとっては過酷な環境であるといえますよね。射精された精子も、なんとそのほぼすべてが死んでしまうとも言われているほどのバリケードなんです。ただ、女性が性行為のときに気持ちよく感じたり、オルガズム(オーガズム)に達したとき、膣内では膣分泌液という無色透明の粘液が分泌されます。これは弱酸性で、膣内をアルカリ性にしてくれる効果があるといいます。つまり、この状態であれば酸性に弱い男の子のX染色体をもった精子も、生き残りやすい環境になるということですね。より膣内の酸性・アルカリ性で産み分けをするなら、以下のようにしてみてください。

男の子がほしいとき

排卵日の当日というのは、実は膣内の酸性が弱まると言われています。ですから、男の子のY染色体をもった精子をより多く届けたい!というときには、排卵日当日にパートナーと濃密な性行為をすると、より膣内のアルカリ性が強まるでしょう。また、ポイントとしては射精のときは挿入を深くしておくことで、精子がよりすばやく届きやすくなりますし、膣内を泳いで精子がたくさん死んでいく確率も減ります。

女の子がほしいとき

排卵日の2~3日前くらいはまだ酸性の強い時期。このとき、できるだけ膣内の酸性を崩さないように短時間で性行為をして射精すると良いでしょう。排卵日より2~3日前でも大丈夫…?と思いますが、女の子のX染色体をもった精子は寿命が長いのが特徴なので大丈夫なんですよ。

この酸性・アルカリ性の仕組みを利用して、産み分けのためにこんなアイテムが使われることも。

ハローベビー ボーイ

ハローベビー ガール

リンカルS

また、男の子の産み分けでよく使われているのがこちらのリンカルです。男の子を授かるために、ママの体質改善に役立つと言われているカルシウム製剤となっています。リンカルを服用してなぜ男の子ができるかということは、詳しい作用はわかっていないということです。

しかしながら、産み分けをして赤ちゃんを授かった方のブログや口コミなどでは、頻繁にリンカルが登場しています。薬ではなくサプリメント感覚で服用することができますが、体質改善のために長期的な服用をしなくては効果が発揮されないということです。最低でも2か月以上服用して、そこから妊娠が確定するまで服用するということだそう。万が一2日以上飲み忘れてしまったら…残念ながらまた2か月服用の再スタートとなってしまうということなので注意が必要です!

排卵日を知ることから!パパともよく相談を

産み分けをするにあたって重要なのが、ママの「排卵日を知る」ということです。基礎体温表についてはこちら

婦人科で調べることもできますが、自宅でも以下のような排卵日チェッカーを使ったり、基礎体温表をつけることで調べることができますよ。

ポイントなのは、夫とふたりで協力するということです。また、産み分けをしても100パーセントの確率で希望の性別の赤ちゃんを授かることはできません。産み分けをして希望通りの性別の赤ちゃんを授かる確率は、どちらも約8割程度と言われています。ただ、どの夫婦もまったく同じ方法をとったとは限りませんし、一口に8割が成功するとは言えないんです。

たとえば、リンカルを飲み続けたまま、排卵日をきっちりと把握して先ほどの潤滑ゼリーを使って…というフルコースをした場合。排卵日はしっかり守って、あとは特に潤滑ゼリーなどのアイテムを使わず性行為をして赤ちゃんを授かったという場合、ちょっと違ってくるものですよね。「100パーセント」「絶対」ということはありませんので、産み分けをする前にはしっかりと心構えをしておきましょう。

そのため、万が一希望の性別の赤ちゃんでなかった場合にあまりにがっかりしたり、大きくストレスを溜めることが予測できる場合には、産み分けをすることはあまりオススメできません。夫婦でじっくりと話し合って、「男の子ができたらいいかなぁ」「女の子ができたらラッキーだね」という程度に考えておくようにしましょうね!


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム