卵子の凍結保存はどんな方法で行われるの?費用はどれくらいかかるの?

不妊治療のために…卵子の凍結保存

卵子の凍結保存

なかなか赤ちゃんを授かることができないという、不妊症。この不妊症で悩んでいる方が多い一方で、さまざまな方法や治療によって不妊症を解決し、無事に妊娠・出産にいたったという方も増えています。以前では考えられなかったようなさまざまな不妊治療が行われていて、その技術の進歩は本当に驚くばかりです。

さて、そんな不妊治療のひとつに「卵子の凍結保存」というものがあります。卵子を凍結?保存?とちょっとビックリしてしまうかもしれませんが、不妊治療の中でとても大切な工程なんです。

卵子の凍結保存って??

卵子凍結保存というのは、その名前のとおり卵子を取り出して凍結させて長期間保存する技術のことをいいます。今でこそ不妊治療のために…というイメージが定着したかと思いますが、実はもともとは若くして癌にかかってしまった女性のための治療だったんです。がんの治療で代表的な放射線治療や化学療法などの影響で卵巣が機能しなくなる、つまり排卵がなくなり不妊になってしまう…ということを防ぐため、あらかじめ元気な卵子を取り出して保存しておこうというものです。治療が終わってから妊娠を望むときに解凍してから体外受精をして、子宮に戻す…という流れになります。

近年になってから、不妊治療をはじめ将来的な妊娠に備えてできるだけ若く健康なときの卵子を取っておくという女性が増えています。加齢によって卵子が老化していくことはよく知られているかと思います。妊娠する確率や妊娠のしやすさには「年齢」が大きくかかわっていますが、男性側の精子はもちろん、女性側の質が良く健康で元気な卵子かどうかがとっても大切なポイントになります。妊娠する確率について

そういった加齢による妊娠率の低下というリスクを少なくするのが、卵子の凍結保存なんです。

卵子の凍結保存の方法

では、卵子の凍結保存なんていったいどうやってやるのでしょうか…???

卵子の凍結保存を行っている病院で行われます。卵子を取り出すことを採卵(さいらん)というのですが、採卵した卵子はマイナス196度という超低温で瞬間凍結されます。この凍結には液体窒素が使われています。

これだけ低温の中で卵子が凍結するので、特に化学変化なども起こらないので何十年でもまったく状態を変えることなく、卵子を保存することが可能になります。ですが、その卵子が体に戻されたときの年齢についても大切で、いくら卵子だけが若くても子宮や血管の状態が良くなければ、当然妊娠率も低くなってしまうんです。

卵子の凍結保存を受ける基本的な流れ

まず、何はともあれ病院に行かなくてはなりません。不妊治療は産婦人科・婦人科・不妊治療専門病院で行われていますが、すべての病院で卵子の凍結保存を行っているというわけではありません。全国どこでもあるというわけではありませんし、まだまだ凍結保存が行われている病院は少ないのが現状です。事前に病院のホームページや口コミをチェックするなど、自分の行ける範囲の病院で卵子の凍結保存を行っているか調べておきましょう。

1.排卵誘発
卵子を採取できるように、内服薬や注射をして排卵を誘発していきます。卵子というのは1回の生理で1つ、卵巣から排卵されますが、これは卵巣の中でしっかりと成熟したものだけ。排卵を誘発するために内服薬などを使ってたくさんの卵子を育てていきます。
採卵
まず膣から内診エコーなどで使われる超音波プローブ、さらにそこに長い採卵用の針がついている機械を挿入します。膣から針を卵巣に直接刺して採卵を行っていきます。

これだけ聞くと痛そう!!としか思えませんが、病院によっては麻酔あり・なしのところがあります。痛みに弱いという方はあらかじめ麻酔を使ってもらえるかどうか聞いておきましょう。

採卵時の痛みについては個人差が大きいようで…

  • 針を刺すときの痛みなのか何度もチクチクした
  • 気絶しそうなほど痛みがあった
  • 鈍い痛みはあったけど麻酔なしでもまったく大丈夫だった

など、痛みの感じ方は人それぞれです。あまり痛みが強いようであれば中断してもらう・麻酔をしてもらうなど、しっかりと医師に伝えましょう。ちなみに、麻酔については局所麻酔と静脈麻酔があり、静脈麻酔は眠っている間に採卵をしてもらうという方法になります。

3.凍結
採卵した卵子を、すぐにマイナス196度の液体窒素で凍結していきます。

卵子の凍結保存にかかる費用

気になる費用についてですが、やはり保険適用外となるため高額に。

病院によって費用は違ってきますが、10万円単位で費用がかかると思っておきましょう。初診や排卵誘発にかかる診療代はもちろん、採卵はどれだけ卵子を採取するかでも費用が違ってきて、多くは卵子の個数(単価)で費用が計算されます。ばらつきはありますが、30~100万円ほど費用がかかると思っておいてください。

さらに、卵子を凍結する作業の費用がプラスされ、そこに保存する費用もかかっていきます。いくつ卵子を凍結するか、何年保管するかによって違いますが、だいたい卵子1つで年間10,000円ほどになりますので、10個保管すると考えると年間で10万円かかるという計算になります。採卵時に麻酔を使うか・使わないかでも薬剤費として費用が変わります。

一度老化すると若返ることはない卵子

最近、年齢を感じさせない美しい女性である「美魔女」をはじめ、また整形手術などの技術が高まっていることから見た目を長く・美しく保つことができるようになっています。

…しかし、体の内側はどうでしょうか。いくら体に良い食べ物や飲み物を摂っても、高価な化粧水を使っても、卵子の老化はどんな女性でも避けられません。目には見えないけれど、年齢を重ねるごとに確実に老いていっているのが卵子。一度老化してしまうと、卵子は若返ることはありません。

男性の精子のように毎日新しいものが作られることはなく、赤ちゃんとしてこの世に生まれたときから体にあるのが卵子なんです。長年体の中に持ち続けていた卵子が老化していくことは必然的で、気が付くと妊娠率がぐっと低下するラインまできてしまっている…ということも少なくありません。そういった不妊のリスクを減らすためにも、多くの女性が卵子の凍結保存を行っているんです。

いざ「赤ちゃんが欲しい!」と思ったそのときに良くない結果を知るよりも、ブライダルチェックや卵子の凍結保存など若くても今のうちからできることはたくさんあります。もちろん、自分は卵子を凍結保存しているから将来的に見ても絶対赤ちゃんができる!ということはありません。先ほども述べましたが、20歳のときの卵子を40歳のときの体に戻しても、卵子だけでなく子宮や血管など体は確実に老いてしまっていますので妊娠率は低くなります。

卵子だけの状態が良くても妊娠できるというわけではありません。決して魔法の治療法ではないということを、知っておいてくださいね。


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム