無精子症でも妊娠は可能!?

男性不妊のひとつ、無精子症

男性不妊のひとつ、無精子症

多くのカップルが悩んでいるという「不妊」について。赤ちゃんをなかなか授かることができない…というこの不妊の原因は、とてもさまざま。男性側にある原因、女性側にある原因、環境などそれ以外の原因もありますし、精神的なストレスなども大きな原因となっていることが多くあります。そんな不妊の原因として挙げられる理由の一つが男性側の「無精子症」です。

その名前のとおり、精液の中に精子を見つけることができないというものになります。男性側の不妊の原因のひとつで、男性の約1パーセントが無精子症だということになっています。では、無精子症というのはどんな症状なのでしょうか?また、無精子症の方は赤ちゃんを授かることができないのでしょうか…?

無精子症のタイプっとは?

  • 閉塞性無精子症(OA)
  • 非閉塞性無精子症(NOA)

このうち、多くは非閉塞性無精子症だと言われていて、無精子症の約80パーセントが非閉塞性無精子症と言われています。

閉塞性無精子症について

精子はきちんとつくられているのですが、何らかの原因で精子が出てこれなくなってしまい、精液と合わさることができない状態です。まず精子は精巣(睾丸)で作られて、副睾丸とも言われる精巣上体に運ばれていきます。そこから、尿道までつながる精管があるのですが、ここはなんと40センチほどの長さがあります。何らかの原因で精管のどこかがふさがってしまっていたり、前立腺のそばにある射精管などの精子の通り道に何らかの問題があって精子が出てこられないのが、閉塞性無精子症です。

この原因なのですが、これまでに尿路感染症になったことがあるか、性感染症やパイプカットの手術、また鼠径(そけい)ヘルニアの手術をしたことがあるかなど、原因があるかどうかをチェックします。しかし、原因はこれだけでなく、これまでに何らかのウイルスや菌に感染したにもかかわらず症状があらわれなかったため、気付かなかった(不顕性感染といいます)ということも考えられます。

閉塞性無精子症の不妊治療について

閉塞性無精子症は、精巣で精子はきちんとつくられているので精子を採取します。先ほども述べたように精子は精巣でつくられますが、できた精子は次に精巣上体という部分に移動します。ですから、精巣上体はなんと最大で10億ほどの精子を溜めておくことができると言われていて、たくさんの精子を採取することができるということなんです。

非閉塞性無精子症について

非閉塞性無精子症は、精子をつくる機能に何らかの障害が起こっています。この原因ですが、大きくは精子をつくる指令を出すホルモンの異常、精子をつくる精巣の異常のふたつに分けられます。精子をつくるためには、脳の中にある視床下部という部分からの指令が必要になります。次に、同じく脳の中にある下垂体という部分からも、精巣に精子をつくるようはたらきかけるホルモンが分泌されます。ですから、視床下部・下垂体・精巣のどこかひとつにでも異常があると、精子がうまくつくられなくなってしまうんですね。

ホルモンがうまく分泌されなくて精子がつくられない…という場合には、ホルモン注射で治療をすることができるようになっています。が、多くは精子をつくる精巣の働きに何らかの異常があるというものになっています。

非閉塞性無精子症の不妊治療について

先ほども述べたように、ホルモン注射によって少量でも精子がつくられるようになるということは多くなっています。保険適用になるため、ホルモンが原因で非閉塞性無精子症になっているという方は、ホルモン注射で治療をしていきます。ですが、精子をつくる機能に異常があるという方の場合、手術によって精巣から直接精子を探して取り出します。

陰嚢(いんのう)に小さな切込みを入れて、精巣が見えやすいように引っ張り出します。そして、手術用の大きな顕微鏡を使って精子がいそうな部分を探して切除、その場で精子がいるかどうかを別の顕微鏡で細かくチェックしていくという方法です。顕微鏡下精巣精子採取術といいます。

もちろん、この手術をしたからといって精子を採取できるかどうかはわかりません。手術は日帰りで行うことができます。これまでは、この手術で精子が採取できなかった場合には、他人の精子を使って人工授精をする…という方法で不妊治療を行ってきました。ただ、これは他人の精子を使うということで親子の血のつながりについて、大きな問題となることもあるのでじゅうぶんなカウンセリングをしていく必要があります。

そしてもうひとつ、無精子症(非閉塞性無精子症)でも他人の精子を使うことなく、赤ちゃんを授かることが可能だということになってきました。

精子がいなくても妊娠ができる技術!?

先ほど、顕微鏡下精巣精子採取術について述べましたね。元気な精子がいない・採取できないという場合、それでもどうしても赤ちゃんが欲しいというときには他人の精子を使わざるを得ませんでした。

しかし、北九州市にある不妊治療の専門クリニック「セントマザー産婦人科医院」が、「非閉塞性無精子症」の場合でも精子になる前の段階の細胞を採取して、人工授精が可能になる仕組みを米科学誌PNASに発表しました。精子になる前の段階の細胞を「前期精子細胞」という言いますが、この細胞が精巣の中で減数分裂をすることで精子ができあがります。ですから、元気な精子がいなくともこの前期精子細胞を採取することで、自分の精子を使って赤ちゃんを授かることができる確率が格段にアップしたんですね。

これまでに他人の精子を使うほかない…と言われていた方も、この方法で実際に赤ちゃんを授かることができたそうです。精子の細胞を採取するだけでなく、卵子も電気刺激を与えて元気にしてあげることでより受精しやすくしているということなんです。さまざまな技術が進歩して、男性不妊でも自分の子をもつことをあきらめることなく治療していくことができるようになっているんですね。

この研究を行っている「セントマザー産婦人科医院」では、2011年9月~2014年12月までに、「前期精子細胞」を使った体外受精(人工授精)で112人の赤ちゃんが誕生しているそうです。この技術のおかげで、「非閉塞性無精子症」の方でも、自分との血のつながりのある子を授かれるようになりました。不妊で悩んでいた方々にとっては、本当に凄い発見・研究結果だと思います。現在、日本では子どもを望んでいる不妊症の方々がとても多くいらっしゃいます。国は「少子化対策」を考えるのであれば、このように不妊症で悩まれている方々への支援や給付金、研究費をもっともっと充実させるべきだと思います。


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム