産後に起こる産褥熱について

産後に起こる産褥熱について

産後に起こる産褥熱(高熱)

出産というのは、とてもとてもパワーが必要になるもの。おなかの中で長い時間育てた赤ちゃんが出てくるのですから、お母さんの体の変化は相当なものだと言えます。特に出産直後のお母さんの体はとってもデリケートなので、ちょっとした変化にも気を付けなくてはなりません。出産直後に起こりやすいと言われているのがコチラ。

このほかにも、母乳が作られ始めることでおっぱいがカチカチに張ってくる、子宮が縮む、腰や膣など体のあちこちが痛む…などの変化が起こります。その中でも特に治療が必要となってくるのが、発熱です。

産褥熱ってどういうもの?

出産後の発熱を「産褥熱(さんじょくねつ)」と呼びます。産褥熱というのは、出産後24時間から10日目頃までに・38度以上の熱が2日以上続くものをいいます。産後に37度前後の発熱があるのはよくあることなのですが、長くても産後4日ごろまでには平熱に戻るのが一般的です。

しかし、産褥熱の場合には38度以上の高熱が出てしまいますので、お母さんの体もつらく、赤ちゃんのお世話も大変になってしまいます。産褥熱と診断するには、まずは血液検査をしていきます。また、悪臭のする悪露が出ているということや、おなかの痛みなども併せて判断されます。産後に熱が出てしまう原因として産褥熱以外にも、おっぱいが詰まってしまう乳腺炎、帝王切開の傷痕からによるものなどがあるので、検査をして調べておく必要があります。では、なぜ産褥熱は起こってしまうのでしょうか、その原因を見ていきましょう。

産褥熱が起こる原因ってなに?

産褥熱が起こるのは細菌に感染してしまうせい。出産で赤ちゃんが出てくるときに産道のあちこちが傷ついてしまったり、さらに子宮に胎盤や卵膜が残っていることで細菌感染しやすくなります。出産後はトイレに行くたびにビデを使ったり、洗浄綿で陰部を拭くなどのケアをするように指導する産院が多いと思います。これは、産後は細菌感染しやすいのでそれを防ぐためでもあるんです。感染してしまう細菌についてですが、腸内細菌など普段健康な状態では感染しないような弱い細菌をはじめ、クラミジアなどになります。子宮が傷ついていたりお母さんの体も弱っているため、感染しやすくなってしまう…というわけなんですね。

昔は今のように医療が発達していませんから、産後の細菌感染のせいで亡くなってしまう方も多かったと言われています。現在では治療薬もありますし、帝王切開など手術をしたあとに感染予防のための薬を投与されるので、ほとんど心配がなくなっています。ですが油断してはならないのが、悪露が子宮に溜まってしまうことで細菌が一気に増え、重症の場合には子宮内膜が壊死してしまうということもあるという事です。分娩時・産後に細菌感染してしまう原因として考えられるのは、以下のとおりです。

  • 破水(破水してから出産までに長時間かかってしまった場合に感染しやすい)
  • 絨毛膜羊水炎
  • 帝王切開などの手術
  • 胎盤を手で剥がした場合
  • 過度の内診による傷や刺激

絨毛膜羊水炎に関する記事はこちらからご覧ください

産褥熱の治療法って…?

産褥熱の治療ですが、まずは原因菌が何なのかを調べなくてはなりません。それぞれの細菌に合った薬を使っていく必要があるからなのですが、調べるまでに少し時間がかかります。ですから、まずはさまざまな細菌に効果がある抗菌薬(広域スペクトル抗菌薬といいます)を使って、治療をしていきます。

たとえば、ゲンタマイシンやクリンダマイシンといった抗菌薬が使われます。そのほかにも、もし子宮の中に胎盤や卵膜の一部が残っていれば、取り除かないといけません。子宮内容物除去術といって、子宮の中に器具を入れて中に残っているものをかき出す手術が行われます。もちろん麻酔が使われますし、短時間で終わる手術になりますので安心してくださいね。産褥熱が起こるのはかなり減ったとはいえ、先ほど述べたようにさまざまな原因で細菌感染・発熱してしまう可能性があります。それほど出産後の体はデリケートなんだ…と認識して、産後は免疫力をつけたり体を早く回復させるためにもゆっくりと過ごしたいものですね。

産後のママに役立つページ

  • 産後のケアメニュー
  • 産後の生理について
  • 産後の体重変化について
  • 子宮の回復について
  • 産後ケア・サービス

産後の生理

産後、生理がはじまる時期には個人差があり、授乳中しているママは排卵が抑えられ生理がこないのが一般的で、だいたい5~6ヶ月程度で生理がきます。授乳してないママの場合は、産後、2~3ヶ月で生理がきます。しかし、授乳していても、産後1ヶ月で生理が戻るママもいますし、1年くらい生理がこないママもいるので、はっきりとした時期が決まっていません。

産後は月経痛が軽くなりますが、月経痛が増す場合には、子宮内膜症が考えられるので、病産院で診察しましょう。

授乳中の産後の生理再開については以下のコラムをご覧下さい

産後の体重変化について

出産後は、お腹の中に入っていた羊水や胎盤や赤ちゃんが外に出る事で、3~5キロ減ります。妊娠中に太りすぎてない方なら、3~4ヶ月程でもとの体重に戻ります。授乳しているママはは、赤ちゃんにカロリーをたくさん取られるため、体重が落ちやすい傾向にあります。妊娠中に太りすぎたママは無理なダイエットはせず、栄養のバランスがとれた食事をしてカロリーを控えめにするとよいでしょう。

産後ダイエットはこちら

子宮の回復について

出産までに、胃の高さまで膨らんでいた子宮は、出産後、いったんは恥骨結合のあたりまで収縮しますが、翌日はおへその位置まで上がります。その後、日を追ってだんだんと小さくなります。分娩直後にはおなかの上から触ると子宮の大きさを確認することが出来ますが、10日くらい経つと触ってもわからなくなります。この間、子宮からは悪露(おろ)が出てきます。

産後の悪露(おろ)についてはこちら

産後ママ向けの様々なサービスやプロジェクトをご紹介

「新生児訪問」について 産後ママの癒しプラン「レスパイトケア」 3・3・産後プロジェクト

ベルタ酵素 アンジュレ

注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム