産後クライシス

産後クライシスを考えよう!

産後クライシス

近年、よく耳にする言葉・・・「産後クライシス」。「産後クライシス」とは、NHKの情報番組が作った造語で、クライシス(crysis)は、危機・局面・崩壊を意味します。産後クライシスの定義は、「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況」としています。最近まで産後クライシスの実態は、あまり知られてませんでした。ですが、5年に1度「母子家庭になった時期」というものを厚生労働省が調査しており、その結果、最も多いのが子どもが0歳~2歳の時期の離婚だという事が分かっています。(死別・未婚の母除く)産後クライシス

確実に増え続けている産後クライシスによる家庭崩壊。このような状況を防ぐ為には、どのようにすべきなのかを一緒に考えていきましょう。

産後クライシスとは何なのか?

出産を経験した事のない女性なら、誰しも想像する「子どもが生まれてからの幸せな生活」。「出産=人生最大級の幸せが訪れる」というイメージが頭の中にある私達は、出産の大変さや、初めて経験する育児の大変さなどは教えてもらったものの、出産後に夫婦関係がどう変化するのか・・・というところまでは教えてもらっていません。その為、産前と産後での生活イメージのギャップに悩まされるのです。

これは、数年前から増えてきた現象・・・という訳ではありません。実は、ずっと昔から起こっている現象なのです。なぜ、今まで問題視される事がなかったのかと言うと、母親や祖母の世代は、パートナーに対しての愛情が無くなってしまっても、結婚した以上は結婚を継続させるという世の中の風潮があり、その為、男性達は妻に愛があるのか、ないのかという事を考える事もしませんでした。ですが、私達の世代は、結婚や出産、離婚など様々な事を自分で選択する事が出来る時代になりました。その為、“相手に対して愛情が無くなってしまったのに生活を共にする意味があるのか?”と考えるようになったのです。今と昔では、『夫婦観・家族観』が変化した為、「産後クライシス」という現象が問題視されるようになったのです。

なぜそのような事が起こるのか?

産後は、ママにとって様々な事が変化します。その変化は、今まで経験した事もないほど、ママ達にとっては大きなダメージを与えます。

ライフスタイルの変化

まず一つ目はライフスタイル。赤ちゃんが生まれるまでは、自分の為の時間やパートナーとの時間を作る事が出来、自分(パートナーの為)の人生を生きる事が出来ました。ですが、出産後は赤ちゃんのお世話や家事、パートナーの為の時間と、子ども中心(子どもの為・家族の為)の人生がスタートします。初めての育児・家事(産休に入られている方はお仕事)の両立に加え、自分の為の自由な時間が取りづらくなるという事で、ストレスが溜まり、イライラが蓄積してしまいます。

ホルモンバランスの変化

二つ目がホルモンバランスの変化です。 妊娠から出産にかけて、赤ちゃんを子宮内で育てたり、胎盤を作る為に必要な黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加し、ホルモンバランスに大きな変化があります。その影響で、笑ったり・泣いたり・怒ったりと感情の起伏が激しくなる傾向にあります。出産後は、妊娠中に大量に分泌されていた黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が一気に減少する為、ここでもホルモンバランスに大きな変化が現れ、その影響を受けて心身にトラブルが発生することが多くあります。エストロゲンが急激に減少する事で、セロトニンなど脳内神経物質の働きが悪くなります。

セロトニンとは・・・脳内で作られ、精神を安定させるなど安らぎを与えてくれるホルモンです。その為、イライラして攻撃的になったり、涙もろく落ち込みやすくなったり、産後うつなどの症状を発症します。妊娠から産後の間は、ホルモンバランスが乱れることで自律神経に影響が出る時期なので、これらのイライラや気分の落ち込みを理性でコントロールするという事はとても難しい事です。

友人との関係

周りに子どもがいる友人がいるならば、問題ありませんが、周りの友人に子どもがいない・結婚していないという友人が多い場合は要注意です。子どもが生まれると、女性は「赤ちゃんのこんな仕草が可愛い」とか「可愛いベビーグッズを見つけた」という話が多くなります。ですが、子どもがいない既婚者の友人や、未婚の友人などは「気になる人が出来た」とか「あっちの居酒屋さんに行ってみたい」とか、話の内容が全く異なってきます。結局、子どもがいない側に話を合わせ、聞き役だけで帰ってきてしまい全然楽しめなかったりと孤立してしまう可能性があります。出産後、自由に遊びに出かけたり、お酒を飲んだりという事が、あまり出来なくなってしまうママ達にとっては、友人との関係も変化する為、そこでもストレスがかかってしまうのです。

身体の変化

育児は24時間フル稼働です。小さな命を預かっているため、自分を優先させるという事が出来ません。朝晩関係なく、寝不足でも泣けば急いで寄り添ってお世話をしてあげなければいけないのです。出産を終えて数ヶ月しか経っていない身体には、色々な事が負担として大きくのしかかり、出産前までは出来て当たり前だった事も、産後は当たり前ではなくなるのです。

産後の限界

上記のような様々な変化がママ達にストレスとして大きくのしかかっているのです。ですが、世の中の男性達は、そのママの変化に気づく方がほとんどいません。「寝不足で、少し気が立っているのだろう・・・」としか思っていないようです。

パートナーのこんな一面にイライラ!

実際に、産後クライシスを経験したママさん達は、どのような状況でパートナーに対して嫌気がさしたのでしょうか。下記の体験談を見てみましょう。

  • 毎日育児や家事をしてクタクタの状態なのに、友達と遊んで帰ってきたパートナーは、帰ってくるなりさっさと寝てしまった。
  • 赤ちゃんの夜泣きが続き、寝不足の状態で日々過ごしているママに対して「最近、家事がおろそかになっている!」と言った。
  • 夜泣きした赤ちゃんの声で起きてしまったパートナーが「うるさくて眠れない!早く寝かせろ」と言った。
  • 頼んでも家事を分担してもらえない。(分担制だが理由をつけてやらない)
  • 赤ちゃんが吐いたのを見て「臭い!早く片付けろ!」と言った。
  • 寝不足に加え、家事・育児の疲れでクタクタになっているのに、脱いだら脱ぎっぱなし、出したら出しっぱなし、食事は作るまでお腹を空かせて待っている。
  • クタクタになっているママに対して「お前は子どもと遊んでいるだけでいいんだから楽でいいよな~」と言った。

など、パートナーに嫌気がさす理由は様々です。

いくつかに共通しているのが「家事・育児の丸投げ」です。日本には「家事・育児は妻がやるものだ」という意識が昔から根付いてしまっている為、2人の子どもであるにもかかわらず、赤ちゃんが吐いてしまっても、片付けるようにママに伝えるだけ・・・夜泣きに気付いても、赤ちゃんをあやすよう伝えるだけ・・・。(もちろん、そうでない男性も沢山いらっしゃいます。)

ママの立場からすると「吐いたものを片付けるものを取りに行くような素振りくらい見せてもいいのに・・・」と思ってしまうのです。赤ちゃんが吐くという行動だけでも、ママにとってはいくつかの仕事をこなさなくてはいけないのです。(拭くものを取りに行く→吐いたものを片付ける→赤ちゃんをお風呂に入れる→着替えさせる→洗濯する)

育児だけでも沢山の仕事があるのに、家事を手伝ってもらえない・・・。それどころか、服の脱ぎ散らかしや、使ったものの出しっぱなしなどで家事を増やしてしまう始末・・・。産休が終わってしまったママさんは、夕方まで職場で仕事をし、帰ってから家事+育児+パートナーのお世話が待っている。自分の為に使える時間はほとんど無く、フルタイムの仕事を掛け持ちしているような状態になってしまい、心身ともに疲れきってしまいます。

ですが、パートナーの立場からすると「俺は何も変わっていない」と思うわけです。服の脱ぎ散らかしは、子どもが出来る前からやっていた事だし、以前は「お腹すいた」と一言いえばご飯なり夜食なり笑顔で作ってくれた。家事も全面的に妻がやってくれていた・・・。「今までは笑顔で全てやってくれていたのに・・・なぜ。」と。

子どもが生まれる前までは、友達との時間や読書・ショッピング・趣味など、ママ自身も自分の為の時間が取れていました。それにより、ストレスの発散・仕事・家事のバランスが上手くとれ、心に余裕も生まれ、家事は1人でもこなせたし、パートナーの脱ぎ散らかしも「子どもみたい♪」なんて思いながら、笑顔で対応できていました。

ですが、出産を機に「育児」という大きな仕事が増え、それに伴い自分の為の時間(ストレス解消)を失ってしまったママ達は、睡眠不足・ストレス・家事育児・子育ての不安や責任・友人との関係など様々な事に押しつぶされそうになっているのです。パートナーの方が、悪気がなく発した言葉も、ママにとっては爆弾のように大きく、その積み重ねによって、ママの我慢が限界に達してしまい、離婚という決断に至ってしまいます。

どう対処したらいいのか?

マタニティー期に夫婦で産後クライシスについて学び、産後についての話し合いを持つ(家事の分担など)事で、 産後クライシスを予防するという方法が一番いいのですが、 もし今現在「産後クライシス」で悩んでいる方がいるのであれば、下記の事を実践してみてください。

実家に頼る

産後クライシスは、話を聞いてくれる人や頼れる人がおらず、1人で全てを抱え込んでしまった場合に多く起こります。近くにママ側の実家があったり、ママ側の実家でパートナーも一緒に同居する事で、実母が家事を負担してくれ、家事の手間が省け、時間に少しゆとりが出来ます。これだけでも、寝不足が解消できたり、赤ちゃん以外の人と会話でコミュニケーションが取れる為、ストレス発散にもなります。パートナー側の両親との同居は、気を使わず何でも言い合えるという仲であれば問題ありませんが、そうでない場合は、逆にお姑さんに気を使ってしまったり、甘える事が出来ないなど、別のストレスが生まれてしまう為、オススメできません。

この場合の注意点は、ママ側の実家で同居する際は必ずパートナーも一緒に同居するという事。ママと赤ちゃんだけ実家で生活してしまうと、実家の居心地の良さ(両親からのサポートや家事の負担が減る事など)で、パートナーと一緒に生活しているよりも実家で暮らしたほうが幸せだと感じてしまいます。その為、パートナーの存在が余計にわずらわしいものになってしまいます。

また、パートナーを1人残してきた事で、パートナーは羽を伸ばし、自由に生活する事で、実家から自宅へ戻ったときには、パートナーが独身のような生活スタイルに戻っていたり、家中が散らかり、帰ってきたばかりなのに掃除から始めなければいけないような状態になってしまい、愛情がさらに冷めてしまう危険があります。産後クライシスをひき起こす要因の一つとなっているのが“ママ1人が先に親として成長してしまう”という事。ママと赤ちゃんだけで実家に戻ってしまうと、始めは慣れず様々な事を葛藤しながらやっていた授乳やオムツ替え、沐浴なども、自宅に戻る頃にはママ1人だけが上達してしまい、それを見たパパが“慣れている人が担当したほうが安心”と感じてしまい、育児に参加しようとしなくなってしまいます。「お風呂の温度はこれくらいでいいのかな?」「オムツはこのくらい閉めれば大丈夫かな?」など、パートナーを巻き込んで一緒にゼロから成長していくという事が大切なのです。

しっかりと伝える

【パートナーのこんな一面にイライラ!】の項目でもお話しましたが、パートナー達はママ達の様々な変化に気付かず、愛が冷めかけている事にすら気付きません。女性がやってしまいがちなのは、イライラしている際に“私、怒っています!!”というアピールをする事です。食器を雑に置いたり、ドアを乱暴に閉めてみたり・・・。ですが、男性達は「最近機嫌悪いな~」くらいにしか思っておらず、「何が理由で怒っているのか」なんて質問をしてこない場合が多くあります。“私、怒っています!!”アピールは、一切通じないので“なぜ怒っているのか”“こういう事をしてほしい”など、しっかり伝えて気持ちを理解してもらう事が大切なのです。

喧嘩腰に伝えてしまうと、相手にもイライラが伝染してしまい、本当の喧嘩へと発展してしまう恐れがあるので、ここは一度大きく深呼吸し、心を落ち着けてから“子どもに伝えるように優しく”という事を忘れずに!

家事を手伝ってもらう

やっぱり最終的には、ここに行き着いてしまうわけですが・・・。実家にも頼れないとなった場合は、少しでもいいので分担してもらえないか頼んでみましょう。「仕事から帰ってきて疲れてると思うんだけど、洗濯機を回して干してくれるだけでも大分助かるな~」と、お願いしてみてはいかがですか?パートナーが夜のうちに洗濯物を干してくれれば、午前中ママ達は取り込んで片付けるだけなので、これだけでも楽になると思いませんか?

ママ達が気をつけるべき事

男性は、しっかりとお願いする事で動いてくれる方が沢山います。「私だけじゃなく、あなたもやってよ!」という風に喧嘩腰にお願いされたら、ママ達でも嫌な気持ちになりますよね?日本の男性の労働時間は、世界各国と比較しても上位を争うほどの長さです。この長時間の仕事やストレスの多い仕事を一生懸命こなせているのは「家族を養う(家族を幸せにする)」という責任感があるからこそです。まず、パートナーの方への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。(口に出して伝えられるともっといいですね★)そして、しっかりと自分の気持ちを伝える習慣をつけるようにしましょう。「○○の影響で体調が優れない」などの体調の変化から、「手伝ってもらいたい」という要望なども全部です。口で伝えなければ、「どのくらいツライのか」「どの程度痛いのか」など伝わりません。

また、女性が気をつけなければいけない事は、男性が家事を手伝ってくれた際に「自分でやった方がマシだった」というような反応や、「あれが出来てない」「これはこうじゃないといけない」などの注意です。洗い直したり、やり直したりしている行為を見てしまうと、せっかくママ達に喜んでもらいたくてお手伝いしたのに、「あぁじゃない、こうじゃない」と注意されてしまい、やる気が失せてしまいます。

まず自分の為に手伝いをしてくれたという事に感謝し、6割出来ていれば合格点をあげましょう。毎回1つずつ「これはこうしたら、もっと綺麗になるよ♪」などのアドバイスをして、徐々に上達してもらうと、継続して家事を続けてもらえます。ママも家事が一つ減って楽にしてもらった分、感謝の気持ちや褒め言葉を伝えて、パートナーの方にも「俺は家族の為に頑張っている・頼られている」という達成感などの喜びを与えてあげる事も大切です。

男性が、どんなにお願いしても手伝ってくれないという場合は、ヘルパーさんを検討してみてはいかがですか?まだ少ないですが、市町村によっては1年未満のお子さんがいる家庭にヘルパーさんを派遣する制度などを行っている自治体もあります。普通にヘルパーさんやお手伝いさんを雇うよりも、とても安くお願いできます。産後の肉体疲労と精神疲労で、倒れるママも多くいます。身体と心の健康を買っていると思って、少しの間だけヘルパーさんをお願いしてみてもいいのではないでしょうか。ヘルパーさんなどに抵抗がある場合は、ロボット掃除機や食器洗い機を買うなどして、家事の負担を少しでも軽くしてみてはいかがでしょうか。1人で、家事・育児・仕事のすべてを抱え込まないように気をつけましょう!!

※PMS(月経前症候群)の可能性がある方は産婦人科へ受診を!!※

生理前3~10日間前後に起こる、様々な精神的・身体的な不調を指します。ホルモンバランスの変化が影響を及ぼしているといわれていますが、まだはっきりとは解明されていません。症状は軽いものから重度のものまであり、共通の症状としては・・・〈憂鬱になる・怒りっぽくなる・涙もろくなる・悲観的(ネガティブ)・不安を感じやすくなる・不満が爆発する・無気力になる・自己嫌悪に陥る・情緒不安定・神経過敏になる・イライラしやすい・無気力・人に会いたくなくなる・集中力が低下・判断を誤りやすくなる・不眠・眠気・むくみ・目眩・頭痛・腹痛〉などの症状があります。

PMS(月経前症候群)の影響を受け、産後クライシスに拍車を掛ける可能性があります。出産後、月経が再開しており、月経前後の期間にこのような症状がひどくなる場合がある方は、産婦人科で相談し、ピルまたは漢方薬を処方してもらいましょう。

パパ達が気をつけるべき事

日本は世界から見ても、家事を手伝う男性がとても少ない国です。(出だしから、こういう話をされてしまうと読む気が失せてしまいますよね。。申し訳ありません。少しだけお付き合い頂けると幸いです。)それは、昔からの教育の影響もあるのですが「夫は仕事で稼ぎ、家事・育児は妻の仕事」というように教えられてきた為です。昔は結婚したら妻は仕事を辞め、家庭に入るという事が多かったので、そのような事も可能でしたが、今は仕事を持っている女性も多くいる為、昔のように「夫は仕事のみ!」という生活をしていたら、ママ達の負担が多くなってしまいます。専業主婦で育児・家事を両立させるだけでも大変な重労働なのに、仕事までもつとなると・・・その負担やストレスは計り知れません。

男性は、「ママ達は赤ちゃんと遊んでいるだけ」だと考えている方も多いようなのですが・・・それは違います。毎日夜泣きで眠れない日が続き、2~3時間越しに母乳をあげ、ようやく寝たかと思えば、オムツが汚れたと泣き出す。寝かしつけるだけでも長時間赤ちゃんを抱きます。抱くという作業を何ヶ月も続けるので、重度の腱鞘炎になってしまうママも多いです。赤ちゃんを寝かしつけた後は、赤ちゃんのことを気にしながら合間合間に家事を行うんです。“赤ちゃんに何かあってはいけない”という緊張感に24時間縛り付けられ、「おなかがすいた」「おむつが汚れた」など言葉では伝えられず、ただ泣くばかりの赤ちゃんと2人きり。赤ちゃんが小さいうちは外出も出来ない為、家に監禁されたような生活。パパが帰ってきて、ようやく言葉で会話が出来る相手が現れるのです。考えただけでも参ってしまいますよね。。

本当にちょっとした事でいいのです。自分で食べた分の食器を洗う。ついでに妻のお皿も洗ってみる。お風呂に入る前に洗濯機を回し、お風呂から出たら、洗いあがった洗濯物を干し、翌日に取り込んでおくよう奥さんに伝える。上にお子さんがいる場合は、上の子を学校に連れていく。どれか一つを手伝ってくれただけでも、ママ達の仕事は一つ減り、その分体を休めたり、ちょっとした仮眠を取ったりする事が出来ます。これだけでもママ達の心の中に少し余裕が生まれます。

あと気をつけていただきたいのは、【パートナーのこんな一面にイライラ!】という項目でお話した事です。何気なく言葉にしている方が多いようなのですが、ママ達にとっては一番破壊力のある言葉ですので気をつけてください。「泣いてるよ~」「こぼしてるよ~」などの「○○してるよ~」という発言です。「俺は無関係。俺のやる仕事ではない」と言っている風に聞こえてしまいます。女性側からすると「○○してるよ~って言う前に動いてよ!あなたの子でもあるでしょ!」って思ってしまいます。

赤ちゃん(子ども)の事は全て奥さんの仕事と押し付けられているような感じがしてしまうのです。「赤ちゃんが飲み物をこぼしたから拭こうと思うんだけど・・・雑巾はどこかな?」とか、少しでも行動しようとしてる気持ちが見えると奥さんは嬉しいのです。この、他人事のような言い方が離婚に発展したり、根に持たれたりするケースが多いので、子どものことは奥さんがやって当たり前という考えを捨て、奥さんと一緒に親として成長していくという覚悟を決め、子どもの事は何でも挑戦してみてほしいです。

初めてのお子さんの場合は、ママ自身も何もかもが初めてなので全てが不安なのです。出来るだけ、沐浴を手伝ったり、オムツを替えてみたり、育児にも参加して、奥さん・子どもと寄り添う時間を増やしてください。奥さんの出産後、育児や家事を積極的に協力してくれた男性の家庭は産後クライシスが起こりにくく、旦那さんへの愛は、その後も冷めにくいという事が分かっています。逆に、この期間中に奥さん1人に負担をかけてしまった男性への愛はすぐになくなり、憎しみ・恨みへと変わり、離婚へと至ってしまいます。離婚しないケースもあるようですが、奥さんの愛を回復する事は難しいと言われています。

このご時世、どんなに会社に尽くしても、昇給しにくく、安定していると思われていた企業でも倒産してしまう事があります。あなたが家族との大切な時間を割いて職場に尽くしても、経営が厳しくなればリストラや倒産なんていう事もあります。仕事はもちろん大切です。旦那様方が一生懸命お仕事をしてくれるからこそ、家族は安心して生活していけるわけです。例えば・・・月に何度かあるお酒の席を、1つ減らしてみる。少しでも早く帰れるように効率よく仕事を進め、いつもより早く家に帰り、奥さん・子どもと寄り添う時間を作る。それだけでも奥さんの気持ちは明るくなります。

また、一番大切なのは、夫婦間のコミュニケーション(会話)です。日本は、夫婦での会話の時間が少ない国だと言われています。「会社でこんな事があった」という話の他にも、「今日はどうだったの?」と奥さんや子どものことを聞いてあげてください。

奥さんは、離婚しない限り死ぬまで一緒に過ごすパートナーです。家族は、あなたの愛に応えてくれます。パートナーやパートナーとの愛すべき子どもに頼られる・家族に愛されるという事も人生で大きな喜びに繋がると思います。家族を幸せにするという事に生きがいを感じてみませんか?

【関連書籍のご紹介】

産後クライシス

著者/編集:内田明香, 坪井健人

産後クライシス~なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか~

著者/編集:岡野あつこ


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素 ディズニー英会話
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻里先生と助産師・保育士・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム