赤ちゃんや子供の異変に気づこう!危険な子供の熱中症

赤ちゃんや子どもは特に危険な熱中症

熱中症

世界の気温はどんどん上昇し日本で観測された最高気温は40度を超えています・・・。そんな中で気になるのが「熱中症」。さほど暑くないときでも熱中症にかかることがあったり、またひとたび熱中症を起こすと最悪の場合は命にかかわることもあります。毎年ニュースでも熱中症による救急搬送の人の数や死者の数が報道されていますよね。それほど注目され、危険だと言われている熱中症。

大人でも危険ではありますが、さらに危険なのが小さな赤ちゃんやお子さんです。特にまだ泣くしかメッセージを発信できない赤ちゃんの場合、万が一熱中症になってしまったらどうしたら良いのでしょうか?夏になる前に、まずは熱中症を見極めるための症状を知り、そして対策・対処法や応急処置を知っておきましょう!

「熱中症」ってどんな病気なの?

まず「熱中症」について知っておきましょう。熱中症というのは、暑い環境におかれたときに体が適応できなくなることで起こるさまざまな症状をまとめて熱中症と呼びます。たとえば、汗をかきすぎて体温が上がることで、異常なまでに噴き出す汗・体温の上昇・めまい・吐き気・頭痛などの症状を、まとめて熱中症と言うわけですね。

熱中症の原因ですが… ・脱水による体温上昇 ・脱水で血流の低下による多臓器不全 このふたつが、最悪の場合死をもたらしてしまう熱中症の本質的な原因・症状です。

私たち人間は暑いときに汗をかくことで体温調節をしていますが、あまりにも暑い環境の中にいるとその調節機能がおかしくなってしまい、異常なまでに汗をかく・もしくは汗をまったくかかなくなるということが起こります。そのため、汗をかきすぎた場合には水分が足りない脱水症状が起こり、血液の流れが滞ってしまうために体中に酸素がいきわたらず、臓器の働きが低下することで死亡してしまいます。逆にまったく汗をかかなくなってしまう場合には、体にこもった熱を発散することができず体温が上がり、意識もうろうとしたり脳に障害が起こって死亡することも…。このように、熱中症になるとさまざまな症状が引き起こされてしまうのです。

熱中症の重症度について

熱中症は、その症状の程度によって3段階に分けることができます。

熱中症

Ⅰ度(軽症)

<症状> 気分が悪い、血圧低下、筋肉痛や硬直、けいれん、手足のしびれ、目の前が真っ暗になる、皮膚が青白くなる

<対処法> 暑い夏に気分の悪さに気が付いた時には、すぐに水分補給をして日陰で休もう!と、昔からよく言われますよね。 Ⅰ度の段階であれば、病院に緊急搬送されるということはなく、日陰や涼しいところでしばらく休めばすぐに回復します。 この段階で早く対処をしておけば、重症になるということを防ぐことができますよ。

Ⅱ度(中等症)

<症状> 強い疲労感や倦怠感(だるい)、脱力感、大量の汗、頻脈、めまい、下痢、頭痛、吐き気

<対処法> よくニュースで見かけるような熱中症で緊急搬送されたという場合、これらの症状が起こったときではないでしょうか。 中等症になると病院で水分補給のための輸液治療が施されますので、休んでいてもなかなか良くならないというときには中等症である可能性が高いでしょう。

Ⅲ度(重症)

<症状> 体温上昇、意識混濁(もうろうとする)、意識を失う、譫妄(せんもう)、肝機能障害、腎機能障害、血液凝固障害 (※譫妄(せんもう)とは…熱のため一時的に脳がオーバーヒートし、幻覚などの「妄想」が起こってしまう症状。熱中症だけでなく普段発熱したときに起こることもよくあります)

<対処法> 病院で治療を受けなくてはなりません。また、Ⅲ度の場合は命にかかわる症状ばかりなので1秒でも早く救急車で病院に搬送し、治療にあたります。

<診断基準> Ⅲ度の場合は重症となりますので、診断基準が設けられています。 ・暑熱への曝露がある(暑いところや熱のこもったところに患者がさらされていたということ) ・深部体温40度以上、または腋窩(えきか)体温が38度以上(深部体温は直腸で計った体温のこと、腋窩体温は一般的な検温のようにわきの下で計った体温のこと) ・脳機能、腎臓機能、肝臓機能、血液凝固のいずれかひとつでも異常の徴候がみられる この3つを満たす場合、熱中症のⅢ度だと診断されます。

小さな子どもの熱中症

私たちの体の約6割が水分でできているということは、よく知られていると思います。新生児や小さな子どもについては、なんと7~8割が水分でできています。ですから、汗をたくさんかくとすぐに熱中症などの症状があらわれてしまう…というのはわかりますよね。先ほどは熱中症の具体的な症状を述べましたが、なかなか「気分が悪い」などうまく言えないような子どもの熱中症については、どのように判断したら良いのでしょうか?

  • 顔色が赤い
  • もしくは顔色が悪い、青白い
  • 体温が高い
  • 元気がない
  • ぐったりとしている
  • 呼びかけても反応が悪い
  • 機嫌が悪い
  • いつもよりミルクや母乳を頻繁に、たくさん飲みたがる
  • 汗をかかなくなる
  • 唇が渇いている
  • トイレに行かない(おしっこが出ないので時間が経ってもおむつが濡れない)

これらの症状が見られたら熱中症の疑いがあります。特にぐったりとしていたり、呼びかけても反応が弱い・ないという場合は意識障害が起こっている可能性がありますので、急いで救急へ。おしっこが出ていないという場合は水分不足、脱水、腎臓機能障害が考えられます。まだおっぱいを飲むだけの小さな乳児の場合、たとえエアコンを使っていても熱中症になってしまうパターンがあると言われています。これは、たとえエアコンを使っていても赤ちゃんは体温調節がうまくできないために、簡単に、一気に体温が上昇してしまうことがあるからです。

具体的な治療法や対処法

では、もし我が子が熱中症かも!?と思ったら、どうしたら良いのでしょうか。自宅での場合、まずぐったりしていたり意識障害がなさそうであれば部屋の温度を下げ、水分をしっかり与えましょう。水分補給できるスピードが速いイオン水を飲ませてあげるのが良いのですが、ポイントとしてはあまり冷たすぎる温度ではなく、より吸収しやすいように常温保存~飲ませる少し前に冷蔵庫で冷やした程度のものをあげましょう。もちろん、お子さんにも好みがありますからミルクのように温かいものでなければ飲まない…という場合には、温めてあげてくださいね。

水分が足りなくなると血流も悪くなるので、衣服をゆるめてラクな格好にさせましょう。この状態で少しずつ水分を摂ることができ、おしっこが出たり症状が回復してくるようであればそのまま様子を見ていきます。

しかし、やはり体温が下がらず脈も速い、思うように水分が摂れないという場合にはすぐに病院へ連れて行きましょう。 次の日の朝一番に病院!ではなく、夜でも急いで緊急外来へ。外にいる場合は応急処置として自動販売機やお店で売られている冷たい飲み物(缶コーヒーなど)をタオルで巻き、わきの下や首筋にあててあげます。そこで水分が摂れて意識がしっかりしているようであれば、様子を見ても良いでしょう。ただ、自力で水分が摂れない・反応が悪い・意識がもうろうとしているようであれば大至急病院へ連れて行くか、難しい場合は救急車を呼びましょう。

熱中症にならないために

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風邪がない、弱い
  • 日差しが強い

これらの条件がそろうと、ぐんと熱中症にかかる可能性が上がってしまいます。ですから、まずは赤ちゃんがいる部屋や周辺の環境をチェックし、対策をしていきましょう。エアコンを使うのはもちろんですが、冷え過ぎや一部の空間のみが冷えることを防ぐために、扇風機やサーキュレーターを併用して涼しい風を部屋に循環させましょう。赤ちゃんがいる部屋、冷房など温度管理について

エアコンの冷房機能はもちろん、湿度が高く蒸し暑いときには「除湿」の機能を使ったり、除湿機を利用すると良いでしょう。

また、赤ちゃんを寝かせておく場所は日差しが直接当たらないところに。たとえエアコンが効いている室内であっても、外からの日差しが当たる場所は非常に暑くなりますし、たとえ室内でも紫外線は通り抜けてくるので日焼けもします。ベビーベッドなどは窓際から離し、さらにエアコンの風が直接当たらないところに設置するようにしましょう。

もうひとつ、赤ちゃんによくあるのがベビーカーでの移動。暑くても買い物や病院に行かなきゃ…というママと赤ちゃんの移動手段であるベビーカーですが、照り返しによってベビーカーに乗っている赤ちゃんは暑い環境に。そのため、できるだけ地面から離れているハイシートのベビーカーを使い、さらに赤ちゃん用の冷却ジェルなどを使いながらお出かけをするようにしましょう。軽量・ハイシートのベビーカーの本音レビューはこちら

日中、暑い時間のお出かけは避ける・長時間のお出かけは避ける・水分補給できるよう飲み物を持ち歩く・帽子や日差しをよけるものを使うなど、ひとつひとつの対策で熱中症を防ぐことができます。暑い夏は熱中症などの危険もたくさん潜んでいますが、楽しいイベントも盛りだくさん。事前の対策で赤ちゃんもママもみんなで夏を乗り切って、楽しく過ごすことができるようにしたいですね。

赤ちゃんの世話メニュ


注目ページ!

新着記事

世界の子育て事情や体験談、話題の動画を配信赤ちゃんの部屋エンターテイメント 赤ちゃんの部屋エンタメ(エンターテイメント)のすべての記事 妊娠したらマタスタ マタスタのすべての記事
出産したらママスタ ママスタのすべての記事 パパになったらパパスタ パパスタのすべての記事
妊娠・出産・育児コラム
赤ちゃんの部屋コラム

赤ちゃんの部屋コラム

妊娠、出産、育児にはいろいろな悩みや疑問、発見や不思議、喜びや驚きなど今まで知る事のなかった世界があります。目からウロコが出るような妊娠・出産・育児に関するコラムをお届けしていきます♪

赤ちゃんの部屋コラム
母乳育児コラム

母乳育児コラム

あき助産師と助産院ばぶばぶ院長の小林ひさこ先生による母乳育児コラム。母乳育児を始める頃から卒乳までに役立つ様々な情報満載で、母乳育児の疑問や悩みを解決してくれます。

母乳育児コラム
イヤイヤ期コラム

イヤイヤ期コラム

NLP心理学を学び、一時保育所で働きながら100人以上のイヤイヤ期の子供の行動パターンや心理状態を日々観察することで、イヤイヤ期の対応法を体系化したイヤイヤ期専門家の西村先生によるコラム。

イヤイヤ期コラム
ベビーサインコラム

ベビーサインコラム

一般社団法人日本ベビーサイン協会代表理事の吉中みちる先生によるベビーサインコラム。手や指を使ったベビーサインのコミュニケーション手段を覚えて赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう!

ベビーサインコラム
マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体コラム

マタニティ整体と産後の整体について助産師・看護師・ママズケア認定ベビーマッサージ講師・アラウンドバースセラピスト・受胎調節実施指導など様々な分野で活躍する佐藤先生が詳しく解説するコラム。

マタニティ整体と産後の整体コラム
産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズ

産後のエクササイズコラム

Beauty Space代表、日本マタニティフィットネス協会ママフィット認定インストラクターの荻野則子先生による産後の骨盤調整・尿漏れ・便秘・ダイエットに効くエクササイズを動画でわかり易く解説。

産後のエクササイズコラム
ベルタ葉酸サプリ ベルタ妊娠線 ベルタ酵素
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

ははこぐさ治療室院長の奥山麻理先生と助産師・保健師・看護師の石坂晶先生によるコラム。お2人が紹介するベビーマッサージはママズケアのメソッドで、1日1回30秒から始められるベビーマッサージ。

ベビーマッサージコラム
ベビーマッサージコラム

ベビーマッサージコラム

RTA指定スクールでぃんぷる代表の関本涼子先生とRTA指定スクールPoco a Poco代表の吉野陽子先生によるコラム。生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通、それは肌と肌を通じて行うタッチケア。

ベビーマッサージコラム
絵本の読み聞かせコラム

絵本の読み聞かせコラム

愛着形成に大変効果的とされる絵本。絵本の選び方や絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせ方のコツやオススメの絵本などを絵本の読み聞かせ専門家の平松祐美子先生が紹介。

絵本の読み聞かせコラム
小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

小児歯科医が教えるマイナス1歳(妊娠中)からの虫歯予防

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできることを、小児歯科の専門家としてお伝えするコラム。

虫歯予防コラム
子どもとのコミュニケーションや発達障がい

子どもとのコミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方

コミュニケーションや発達障がいのお子さんとの関わり方について臨床発達心理士の斑目雅美先生が子育て実践例を交えて解説。

臨床発達心理士コラム
お腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム

お腹の中の赤ちゃんと絆作り

臨床心理士の飯島ゆみこ先生によるお腹の中の赤ちゃんと絆作りコラム。おなかの赤ちゃんとママとの絆を深め、子育ても楽しめるようになるヒントを臨床心理士の視点からお伝えしていきます。

臨床心理士コラム
~幸せのレシピ~人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大のコラム

人間関係トレーナー高島大による身近で大切な人との幸せな関係を築く情報コラム。大切な人と幸せな関係を築ける『考え方』と『心の習慣』を『言葉』にして贈らせて頂きます。

幸せのレシピコラム
抱っこの専門家が伝える楽な抱っことおんぶのお話

楽な抱っこやおんぶの仕方

抱っこの専門家が楽な抱っこやおんぶの仕方から腱鞘炎・腰痛などの問題まで詳しく解説!乳幼児期の抱っことおんぶを、より快適に、気持ちよく、自由に楽しめるポイントを学びましょう。

楽な抱っこやおんぶの仕方
言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

言葉を覚えるのが遅い子どものコミュニケーションや発音を育てるトレーニング

「周りの子に比べてことばが少し遅い」「コミュニケーションがうまくいかない」そんな悩みを解決するコミュニケーションや発音を育てるトレーニングコラムです。

言語聴覚士コラム
子どもごはん

偏食・食べないを乗り切るご飯作り

偏食の子も食べない子も悩まないごはん作りを子どもごはんの専門家、美紀ピア先生が教えます。子どもごはんをサポートする食セッションで食の大切さを学びましょう。

子どもごはんコラム