日本小児歯科学会認定小児歯科専門医/今村由紀先生

今村 由紀 先生

NPO法人歯ぐくみ理事長

日本小児歯科学会認定小児歯科専門医。小児歯科学博士。
都内大学病院小児歯科外来で約10年間勤務し、現在は埼玉県内の子ども歯科で毎日子どもたちの診療にあたっている。

「マイナス1才からのお口育て」をモットーにNPO法人歯ぐくみを設立。
各地のママサークルや育児イベントなどで、ママ向けセミナーや赤ちゃん歯科相談室などを開催している。

赤ちゃんの小さなお口に、はじめて小さな白い歯を見つけるのは、とても嬉しい瞬間です。
絶対ムシ歯にさせたくない、きれいな歯並びになってほしいと、ママは思うのではないでしょうか。
でも、何をしたらいいんだろう、いつからどうやって歯みがきするの?

インターネットを見てみると、「ムシ歯菌がうつるから赤ちゃんにキスしてはダメ」とか「おっぱいはムシ歯になるから1歳すぎたら断乳したほうがいい」とか、たくさんの情報があふれていて、何が本当なのか、かえって不安になったり、混乱してしまったりすることも多いように思います。

予防歯科先進国と言われているアメリカやフィンランドでは、最初の歯が生えて半年以内、遅くとも1歳のお誕生日を迎えるまでに、はじめての小児歯科を訪れることを勧めています。

その時期から子ども専門の歯医者さんと二人三脚でムシ歯予防を徹底することから、子どものムシ歯はほとんどないのです。

残念ながら日本ではまだムシ歯になってから初めて歯医者さんに行く子が多く、歯が生える前や、赤ちゃんの頃から、子どもの歯や口を元気に育てるためのお話を専門家から聞ける機会がほとんどありません。

子どもの歯や口は、食べたり、しゃべったり、笑ったり、泣いたり。
元気に大きくなるために、とても大切なところです。

「ムシ歯ゼロで元気なお口」を育むために、マタニティや0歳の赤ちゃんの頃からできること、知っておきたいことを、小児歯科の専門家としてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今村由紀の 記事一覧

【小児歯科医が教える】乳歯の神経を治療すると永久歯はどうなるの?

乳歯のむし歯が大きくなると、「神経の治療が必要です。」と言われることがあります。 「乳歯の神経の治療...

続きを読む

【小児歯科医が教える】子どものブクブクうがいはいつから?練習のやり方は?

母子手帳には、4歳のページに「ブクブクうがいをしますか?」という質問が書かれています。 何歳くらいか...

続きを読む

【小児歯科医が教える】出生児の10人に1人!低出生体重児のお口の特徴

医療の進歩により低出生体重児の死亡率が減少し、小さく産まれた赤ちゃんが元気に退院できるようになってき...

続きを読む

【小児歯科医が教える】親のタバコで子どものむし歯が2倍!タバコから子どもを守ろう

5月31日は世界禁煙デーです。 タバコは、吸っている本人だけでなく、まわりでけむりを吸ってしまう人に...

続きを読む

【小児歯科医が教える】3歳児のむし歯0.5本以下!アメリカで行われている子どものむし歯予防法とは?

日本は先進国の中でもむし歯の多い国といわれています。 平成23年に厚生労働省がおこなった歯科疾患実態...

続きを読む

【小児歯科医が教える】乳歯のむし歯は永久歯の歯並びを悪くする

乳歯がむし歯になっても「どうせ抜ける歯だし、小さい子の治療はかわいそうだし、無理に治さなくてもいいん...

続きを読む

【小児歯科医が教える】元気なお口を育てる離乳食

  離乳食を開始したものの「自分で食べようとしない」「いつまでも飲みこめない」「かまずに丸飲みする」...

続きを読む

まちがった舌の位置で歯ならびが悪くなる?

突然ですが、この記事を読んでいるママやパパ、舌(べろ)は今どこにありますか? 舌の先が下の前歯の裏に...

続きを読む

乳歯のむし歯は永久歯にうつる?

乳歯がむし歯になってしまったとき、「あとから生えてくる永久歯にむし歯がうつってしまうのかな」と心配に...

続きを読む

子どものむし歯の進行と治療

子どものむし歯の進行と治療 小さなお子さんがむし歯になってしまったとき、歯医者さんに連れて行ってはみ...

続きを読む

1 2 3 4 5