言語聴覚士(ST)/中野美有先生

中野 美有 先生

言語聴覚士(ST)

言語聴覚士(ST)。
都内、千葉県内の療育施設にて、0歳~18歳までのお子さんのコミュニケーション・発音・食事の指導・相談を経験。

また低年齢のお子さんとお母さんの関わり方についても、アドバイスを行ってきた。
すべての子どもの「伝えたい」気持ちを大切にお子さんと関わってきました。

「コミュニケーション」ってなんでしょう?コミュニケーション=ことばのキャッチボールといわれますが、まさにキャッチボール!相手がいるからこそ成立するものです。

ただ、コミュニケーションは「ことば」に限るものではありません。
もちろんことばも大切、でもそのほかにも大切な要素がたくさんあります。

たとえば・・・

  • 大人のかかわり方
  • 伝えたい気持ちが育つこと
  • 相手に伝わる経験を積むこと
  • ことばが育つこと
  • 発音が聞き取りやすくなること
などなど・・・・・

どんな子どもも、何歳の子どももみんな「伝えたい」気持ちを持っています。
そんな「伝えたい」気持ち、コミュニケーションが育つために大切な要素を少しずつご紹介し、その大切な要素を育てるための日常の中でのコツをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中野美有の 記事一覧

専門家が教える「子どもがかかりやすい3つの中耳炎」

子どもの病気の中で、中耳炎はとてもよく耳にする病気ですよね。 よく耳にするからこそ、侮ってはいけませ...

続きを読む

離乳食と発音の関係

生後5~6カ月になると離乳食を始めるお子さんが多いかと思います。 離乳食の食形態を変える目安の一つに...

続きを読む

意識して口を動かすとは?

話をするときに、口がどう動いているか意識して話しますか? 例えば、「ら」の発音をするときに、『口の形...

続きを読む

子どもの「聞こえにくさ」に気が付くために

「難聴」というと、全く聞こえないことをイメージする方が多いかもしれません。 じつは難聴にも程度があり...

続きを読む

ことばを育てるための大切なこと

「うちの子なかなかことばを覚えないわ」と思ったときに、お母さんたちは絵本を読んであげたり、絵カードを...

続きを読む

困った場面でのコミュニケーション

困った場面でのコミュニケーション 子ども:「アンパンアンパン(アンパンマンアンパンマン)」 ママ:「...

続きを読む

「さ行」の発音がうまくなるために

「さ行」の発音がうまくなるために 「か行」が「た行」に置き換わる発音の誤りと同じくらいの頻度で、「さ...

続きを読む

「か行」の発音がうまくなるために

「か」が「た」に代わってしまうお子さんはとても多いです。相談に来るお子さんの中でも、かなりの割合を占...

続きを読む

子どもとのコミュニケーションをより豊かにするために

子どもとのコミュニケーションをより豊かにするための方法 コミュニケーションの要素として、「ことば以外...

続きを読む

ことばを話し始めた子どもとのコミュニケーション

ことばを話し始めた子どもとのコミュニケーション 1歳をすぎて、少しずつことばを話し始める(始語)時期...

続きを読む

1 2 3