言語聴覚士(ST)/中野美有先生

中野 美有 先生

言語聴覚士(ST)

言語聴覚士(ST)。
都内、千葉県内の療育施設にて、0歳~18歳までのお子さんのコミュニケーション・発音・食事の指導・相談を経験。

また低年齢のお子さんとお母さんの関わり方についても、アドバイスを行ってきた。
すべての子どもの「伝えたい」気持ちを大切にお子さんと関わってきました。

「コミュニケーション」ってなんでしょう?コミュニケーション=ことばのキャッチボールといわれますが、まさにキャッチボール!相手がいるからこそ成立するものです。

ただ、コミュニケーションは「ことば」に限るものではありません。
もちろんことばも大切、でもそのほかにも大切な要素がたくさんあります。

たとえば・・・

  • 大人のかかわり方
  • 伝えたい気持ちが育つこと
  • 相手に伝わる経験を積むこと
  • ことばが育つこと
  • 発音が聞き取りやすくなること
などなど・・・・・

どんな子どもも、何歳の子どももみんな「伝えたい」気持ちを持っています。
そんな「伝えたい」気持ち、コミュニケーションが育つために大切な要素を少しずつご紹介し、その大切な要素を育てるための日常の中でのコツをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中野美有の 記事一覧

【専門家が教える】子どもが癇癪を起こした時、大人はどうしたらいい?

生まれたての赤ちゃんのときには、なかなかコミュニケーションが取れたという実感がないまま育児をしていた...

続きを読む

【専門家が教える】新しい環境で子どもが楽しく過ごす方法

4月は新しい生活の始まり、というお子さんをもつママも多いのではないでしょうか。 入園・入学だけではな...

続きを読む

【専門家が教える】2歳ごろにみられる言葉のつっかえは成長のあかし

1歳前後に初めて言葉をしゃべりはじめて、みるみるうちにさまざまな言葉を話すようになります。 「どこで...

続きを読む

【専門家が教える】「人の話を聞けない」3つの原因、それぞれの子どもへの対応は?

「うちの子全然人の話を聞いていなくて」と相談にくる保護者の方は多くいます。 4月から幼稚園に入園する...

続きを読む

【専門家が教える】「聞いて覚えること」が苦手な子どもたちへのトレーニング

「聞いて覚える力」(=記憶力)とはどんな力でしょう。 「覚える」といってもさまざまな覚え方があります...

続きを読む

【専門家が教える】幼児に多い「丸飲み」を、赤ちゃんの頃から予防する方法

ひと昔前に比べ、家庭の食事も和食から洋食メニューが増え、やわらかい食材が増えることで「噛まない子ども...

続きを読む

【専門家が教える】離乳食初期に注目したい「食べさせ方」

離乳食を始めるとき、作り方や食材、量については、みなさんとても気を付けているのではないでしょうか。 ...

続きを読む

【専門家が教える】口の筋肉の育て方、開きっぱなしの口になる理由はズバリ…!

TVを見ているとき、遊んでいるとき、子どもの口はどのような形をしていますか? 常に口を閉じている子ど...

続きを読む

【専門家が教える】自信のある子どもに育てるために必要な「自己有能感」とは

大人になると、人から褒められることが少なくなります。 しかし、子どものころはどうでしょう。 とくに赤...

続きを読む

【専門家が教える】子どもが伸びる「具体的なほめ方」

お子さんをほめる時に、どのようにしてほめていますか? 「すごいね!」「さすがだね!」「お利口だね」な...

続きを読む

1 2 3 4 5