妊娠中にヒールのある靴を履いてもいいの?どんな靴を選ぶべき?

妊娠するとおなかが出てくるので、それにともなって歩きにくくなったり、しゃがみにくくなったり、足元が見えづらくなります。

妊娠しなければ気づかない、生活の変化がたくさんあるでしょう。

おなかに赤ちゃんがいることで変化することのひとつに、ママの服装があります。

なかでも靴選びは、妊娠中のママにとって大きな課題といえるでしょう。

この記事では、妊娠中に履きやすい靴や、選び方のポイントを紹介します。

妊娠中の靴選びのポイントって?

女性らしい足もとの象徴として、昔から愛されているのがハイヒールの靴です。

普段のおでかけで、日常的にヒールを履いているという方はもちろん、仕事柄ヒールでなければいけない方も多いでしょう。

美脚に見えやすいヒールの高さは約7~8cmといわれています。

さらにスタイルをよく見せるために10cmのヒールを履いているという人もいるでしょう。

歩きやすさを重視するのであれば、3~5cmが履きやすいという意見が多いようです。

ヒールに慣れていない場合は、3cmほどのローヒールや、靴底がしっかりとしているウェッジソールを愛用している人も多いでしょう。

妊娠中に履くのであれば、同じヒールでも、ぐらぐらと頼りなく細いヒールよりも、太めのヒールやウェッジソールの方が歩きやすいですよ。

足にかかる負担が分散されやすく、足の裏全体に圧力がかかるので疲れにくいという利点もあります。

妊娠中に仕事でヒールを履かなくてはならない、冠婚葬祭があるのでヒールがよいという場合は、この点を押さえて靴を選びましょう。

下記の記事では、妊娠中の冠婚葬祭に、どのような服装で行ったらよいの?という疑問について解説しているので、参考にしてくださいね。

妊娠中にオススメの靴をご紹介!

それでは、具体的にどのような靴がよいのでしょうか?オススメの靴を紹介していきます!

ぺたんこ靴

  • スニーカー
  • サンダル
  • ムートンブーツ
  • スリッポン

とくにスリッポンは、脱ぎ履きしやすく、スニーカーのように靴ひもがありません。

産婦人科に行くときなど、靴を脱ぎ履きするときに、かがむ必要がないでしょう。

ムートンブーツは、カラーバリエーションが豊富なのが魅力。

寒い季節でも、妊婦さんの足元をぽかぽかとあたためるのでオススメです。

3~4cm程度のヒール有り

  • エンジニアブーツ
  • ローヒールパンプス
  • レースアップシューズ

いろいろな服に合わせやすいレースアップシューズは、太めのローヒールなので安定感もおしゃれ感もばっちりです!

  • インヒールスリッポン
  • インヒールスニーカー

ヒールがスニーカーの中に入っているので、見た目はヒールらしくないのに、スタイルアップが可能な便利な靴です。

ただ、インヒールスニーカーの多くは6~8cmのヒールが多く、妊婦さんには少しヒールが高めでしょう。

インヒールスリッポンであれば、ヒールの高さが4㎝で、安定感もよく歩きやすいですよ。

ぺたんこの靴になかなか慣れない…という方にもオススメです。

妊娠中にヒールを履くことのデメリットや危険性

ヒールを履くことで、スタイルがよく見えたり、ヒールに慣れている方であれば、ヒールの方が歩きやすいこともあります。

では、妊娠中にヒールを履くことで、どのような危険があるのでしょうか?

  • ヒールが高いために転びやすい
  • 溝にヒールがはまりやすい
  • 上の子がいる場合、とっさに対応しにくい
  • 上の子や他の人の足を踏んだときにケガをしやすい
  • 電車やバスの揺れでよろけやすい
  • 貧血などトラブルが起こったとき倒れやすい

どれも、やはり「転倒」についての危険が考えられますね。

普段はヒールが気にならなくても、おなかが大きくると徐々にバランスを取りづらくなります。

自分が考える以上に、不安定でバランスを崩しやすいと考えておきましょう。

転倒の危険もさることながら、足を美しく見せるはずのヒールが、バランスを取れないために歩き方が不格好になっては本末転倒です。

大きなおなかを抱えながら、高いヒールで危なげに歩く姿は、周りの人に心配をかけることもあるでしょう。

そして悲しいことですが現実の問題として、妊婦さんがヒールを履いていることをよく思わない人がいて、トラブルをまねくこともあるようです。

そういったリスクを避けるためにも、とくに必要なければ妊娠中にヒールを履くのは避けた方がいいでしょう。

ムリをしてヒールを履くよりも、履きやすいスニーカーなどのぺたんこ靴の方が見た目にもおしゃれで安全性も高いといえます。

妊婦さんにオススメのマタニティウェアについてはこちらでチェック♪↓

妊娠中の靴は履きやすさ重視で選ぼう!

ヒールの靴は、美脚を演出するために欠かせませんが、妊娠中の場合は多くのデメリットがあります。

大切な赤ちゃんを守れるのは、ママだけです。

安全性を十分に考えて靴を選びましょう。

どうしてもヒールを履く必要があるときは、ヒールが太めで低くいものを選ぶなど、工夫してくださいね。

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】ベビーカーはどこで購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...