フランスのオムツ事情

日本のオムツといえば、旅行で日本に来た外国人も買って帰るほど、その質のよさからアジアを中心に人気があります。

日本のオムツを基準に考えてしまいがちな日本のママは、海外のオムツはどういったものかご存知でしょうか。

今回は筆者が住む、フランスのオムツ事情についてお話します。

フランスの一般的なオムツはパンパース


フランスには、日本では一般的なオムツ、メリーズもムーニーはありません。

フランスのオムツといえば、パンパースのみと言っていいほど、パンパースが市場を独占しています。

スーパーに行けば、大々的なパンパースのオムツ売り場があり、かなりの面積を占めています。

そのほか、大型スーパーのカルフールやオーシャンが出す自社ブランドの紙オムツがあり、安価ではあるのですが、一般的にあまり人気はないようです。

フランスのオムツのコスト


そんなパンパースがオムツ市場を占めるフランスでは、日本よりもオムツの一枚あたりのコストが高いことに驚きました。

例えば、パンパースであれば、一枚あたり0.22ユーロ(約27円)。
ムーニーの新生児用のオムツは、一枚あたり、おおよそ13円なので、フランスのオムツはかなり高いと言えます。※1

※1 すべて2017年6月9日時点の価格、Amazon.jpとAmazon.frでの比較です。


パンツ型オムツをつけないフランスの子どもたち


日本では、子どもがハイハイをするようになると、テープ型からパンツ型のオムツに変えるというママも多くいます。

しかし、フランスでは、2歳になっても、テープ型のオムツをつけるのが一般的です。

筆者の息子は、家ではパンツ型のオムツをはかせていましたが、保育所ではテープ型のオムツをはかされていました。
「赤ちゃんではないのだから、パンツ型のオムツの方がいいのでは」と思ったものです。

2歳児にテープ型のオムツを履かせるのは、パンツ型のオムツがフランスでは劇的に高いという背景があるようです。

パンツ型のオムツは一枚あたり、0,40ユーロ(約50円)ほどします。※2
パンツ型のオムツをはくのは、トイレトレーニングが進んだ子どものみというのが、一般的なようです。

※2 2017年6月9日時点のAmazon.frでの価格です。

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...