【漢方薬剤師が教える】妊娠中の食養生(2)水分停滞タイプの方

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

今月は「妊娠中の食養生」を紹介しています。
妊婦さんが積極的に積極的に摂ってほしい食材を、タイプ別にお話します。

食養生とは私たちの身体をつくる食べ物を見直して、健康を保つために必要な栄養を補充するための食事のことです。

今回のタイプは「水分停滞タイプ」の方の食養生について、みていきましょう。

水分停滞タイプの特徴

水分停滞タイプは漢方で分類しますと「痰湿(たんしつ)」と呼ばれます。

痰湿は水分の代謝が悪く、身体にとって余剰な水分を上手にさばけません。

そのため、溜まった余剰な水分が身体に害をなすことにつながります。

具体的には胃腸の不調、だるさ、吐き気、めまい、耳鳴り、むくみ、場合によってはメンタルの不調(うつなど)を引き起こすこともありますので注意が必要です。

「ものを食べないのに太る」という方、「あるいは暴飲暴食水太りタイプ」の方の多くがこのタイプです。

ご自身の舌を見て白い(場合によっては黄色)苔にベッタリと覆われていた場合も可能性が高くなります。


アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...