フランスのトイレトレーニング事情

子どもが2歳をすぎると話題になってくるトイレトレーニング

この年頃の子どもを持つ親なら、どのようにトイレトレーニングをはじめたらいいのか、気になることのひとつです。

ところで、海外ではどのようなトイレトレーニングがおこなわれるのでしょうか。
今回は筆者の住む、フランスのトイレトレーニング事情について紹介します。

オムツ離れが遅いフランスの子どもたち

フランスは、ヨーロッパの中でも子どものオムツ離れが遅いと一般的にいわれています。

筆者の息子の通う保育所では、3歳を過ぎてもまだトイレができない子どもは普通にいます。
「それって遅すぎるんじゃないの」と、日本のママたちは思ってしまうかもしれません。

しかし、フランスでは3歳になってもトイレができないのは、ちょっと遅いかなと捉えられる程度

このオムツ離れが遅い背景には、フランスのママたちは、仕事をしながら子育てをしていることが挙げられます。
なかなかトイレトレーニングに割ける時間がない、という現実的な理由があるのです。

またフランスのママはトイレトレーニングに神経質にならないからといわれています。

実際に、トイレトレーニングが進まないと焦っているママの話を聞くことは、あまりありません。

フランスのママは時期が来たら、自然にオムツ離れするだろうというスタンスのようです。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...