帝王切開での出産は何人まで可能なの?

帝王切開での出産は、近年多くなっているといわれています。

経膣分娩での出産中にトラブルや異常が起きて、緊急で帝王切開に切り替わることだけでなく、あらかじめ予定して帝王切開での出産を決められているケースもあるのです。

帝王切開での出産をしたけど「何人も子どもがほしい」と望んでいるママの場合は、次回以降の出産はどうなるのでしょうか?

最近では、帝王切開で出産したあと、次の妊娠・出産では経膣分娩にチャレンジするという方も少なくありません。

しかし、再び帝王切開での出産となる方も多くいます。

そこで「帝王切開って何回できるの?」と気になる方が多いようです。

帝王切開のメリット・デメリットについて

分娩室で出産中の妊婦さん

帝王切開を行うことのメリット・デメリットについて、みていきましょう。

帝王切開は開腹手術なので、経腟分娩よりも産後の回復が遅れます。

そのため、ママへの負担が大きくなりやすいといわれています。

入院期間は経膣分娩よりも長くなり、歩いたり授乳をするペースも遅れがちです。

とはいえ帝王切開は、赤ちゃんにとってとても安全で、ストレスの少ない出産方法だといわれています。

帝王切開のメリットとは

  • 子宮の収縮による赤ちゃんへの締め付けがない
  • 狭い産道でぎゅうぎゅうと締め付けられることがない

このことから、赤ちゃんにとってはストレスの少ない出産方法となるんですね。

帝王切開のデメリットとは

  • ママのリスクが高い
  • 赤ちゃんが産道を通過しないので肺に羊水が残り呼吸が乱れやすい
  • 次の妊娠、出産への影響

上記で、帝王切開が何回できるか?ということとかかわってくるのが「次の妊娠、出産への影響」です。

帝王切開が次の妊娠・出産に与える影響とは?

出産と医療
帝王切開が、次の妊娠や出産に与える影響は、どのようなものが考えらえるのでしょうか。

子宮破裂の可能性

一度帝王切開をした子宮は、綺麗に縫合しても痕が残ります。

次に妊娠したときに、赤ちゃんが大きくなると子宮も伸び、帝王切開した部分も一緒に伸びることで、子宮破裂のリスクが高まるといわれています。

子宮破裂は全分娩の約0.1%程度なので、起こりにくいものです。

とはいえ、帝王切開や子宮筋腫の手術など、子宮に傷がある場合はリスクとして考えられます。

癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)の可能性

癒着胎盤は、胎盤がつくられる段階で胎盤の絨毛(じゅうもう)が、子宮の筋肉の層にまで入り込んでしまうことをいいます。

これによって、通常は赤ちゃんを出産したあとに胎盤が自然に剥がれて出てくるのですが、子宮にくっついてしまっているため胎盤が出にくくなるのです。

前置胎盤の可能性

前置胎盤とは、胎盤が移動せずに子宮の下のほうについてしまう状態です。

通常、胎盤は赤ちゃんの成長とともに、子宮の上の方に移動します。

前置胎盤の状態で出産になると、赤ちゃんが出てくるよりも先に、胎盤が剥がれて大出血を起こすケースもあるようです。

無事に赤ちゃんが出てきたあとも、子宮が収縮しにくく、出血量が多くなる傾向にあるといわれています。

前置胎盤は妊娠中・分娩中のどんな時期でも危険が起こりやすいので、妊娠中に胎盤の移動がみられなければ帝王切開での出産となるケースが多いようです。

帝王切開は「〇回まで」できる?

テーブルの上にあるQとAの置物
「帝王切開は3回まで」とよくいわれますが、帝王切開での出産は、いったい何回までできるのでしょうか?

一概に「〇回まで出産できる」とはいえない

何回帝王切開で出産できるかというのは、帝王切開をした医師が直接子宮の状態を見て判断します。

その回数がたいだい平均で3回程度となっているため、俗説的に「帝王切開は3回まで」といわれているようですね。

3回以上だとリスク高くなるため、子宮の厚みがじゅうぶんあるという方でない限り難しいようです。

子宮はとてもよく伸び縮みする臓器です。
とはいえ何度も何度も伸び縮みをしていると、最初の妊娠と何度目かの妊娠を比べると、収縮力が弱まりやすいそうです。

ただ何度も帝王切開ができないというわけではありません。

これらは決して少なくないパターンで、このような例があるということも掲載しておきますので、参考にしてみてくださいね。

  • 5度目の帝王切開で早期出産
    帝王切開で5度目の出産、4人目の出産のときに医師から「子宮が薄くなって赤ちゃんが透けて見えていた」と言われたことから、5人目は時期を早めての帝王切開に。9ヶ月後半での出産となったそうです。
  • 6回の帝王切開での出産
  • 1人目を帝王切開で出産後から半年後の妊娠、年子で再び帝王切開のケース

出産できる回数は子宮の状態で判断しよう

リビングにいる妊婦さん
帝王切開での出産回数は、誰もが3回までというわけではなく、その人の子宮の状態や妊娠の経過によって判断されるということを知っておいてくださいね。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...