【医師監修】「妊婦さん必読!」妊娠中に食べてはいけないもの・注意すべき食品は?

妊娠中、赤ちゃんが成長するための栄養源はママからのみ与えられます。
ママが口にするものは、そのまま赤ちゃんに吸収されるといっても過言ではありません。

妊娠期間中は、摂取できない食品や注意すべき食品が存在します。
赤ちゃんのために、妊娠中にどのような食品に気をつけた方がいいのか、事前に知っておく事が大切です。

そこで、この記事では妊婦さんが食べてはいけない食品は何なのか、また食べてしまった時の対策についてお伝えします。

妊娠中に食べない方がいいものとは?

まずは、妊娠中にできるだけ食べないほうがいい食品について解説していきます。

生の魚介類

<特徴>
感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こす
菌・成分 ノロウイルス
おもな食品 生牡蠣、アサリ、シジミなど

生の魚介類は、特に二枚貝からノロウイルスの混入が多いといわれています。

妊娠中は免疫力が低下しているため、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状態ですので注意が必要です。

近年では、食用生牡蠣による食中毒は減ってきています。
しかし、妊娠中は免疫力が低下しているため、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状況にあります。

妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にすることで、食中毒のリスクを減らすことができます。

生肉・よく火が通っていないお肉

<特徴>
O-157:
下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、症状が重いと痙攣や脳症を引き起こす
トキソプラズマ:免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)がのこる可能性がある
菌・成分 O-157、トキソプラズマ
おもな食品 生肉

O-157は、家畜の糞便に含まれており、何らかの原因でお肉などの食品に付着し、それを生で食べてしまう事で感染します。

とくに、気温が温かく増殖しやすい初夏から初秋にかけて感染症が起こりやすくなります。

トキソプラズマは、豚・羊肉・鹿やネコの糞などにいる寄生虫です。
妊娠初期では約60~70%、妊娠後期では約10%の割合で胎児に感染するとされています。

トキソプラズマは感染者本人には症状がほとんどなく、まれに風邪のような症状がでる方やリンパ節が腫れる方がいます。
しかし、妊娠初期の感染は重篤化するとの報告もあります。

O-157・トキソプラズマともに、加熱処理(67度以上)をしっかりと行えば死滅します。

ネコを飼っている方はトキソプラズマ感染に要注意

ペットとしてネコを飼っている方は、糞からトキソプラズマに感染することもあります。
ネコのトイレ掃除は、出来るだけ妊娠していない他の家族にやってもらうようにしてください。

また、ネコを外に出すことでトキソプラズマに感染しやすくなるので、ネコを飼っている方は室内で飼い、生肉などを与えないようにして予防しましょう。

チーズ

<特徴>
胎盤を通して胎児に感染し早産や死産、新生児の髄膜炎・敗血症などの原因になる
菌・成分 リステリア菌
おもな食品 ナチュラルチーズ(非加熱のチーズ)、ブルーチーズ、カマンベールチーズ、生ハムやスモークサーモン、パテ(※)など
(※)パテ・・・肉や魚などの具材を細かく刻み、ペースト状あるいはムース状に練り上げたフランス料理

リステリア菌は、妊娠していない人に比べ、妊婦さんは約20倍も感染しやすい細菌です。
早めに抗生物質を摂取することで、胎児への感染をふせぐ事が出来ます。

リステリア菌は、低温と濃度の高い塩分にも強いため、冷蔵庫でしっかり保管していても増殖します。

プロセスチーズは、複数のナチュラルチーズを加熱して溶かし混ぜる事で作られているので問題ありません。

参照:大阪府感染症情報センター ものしり講座(39)「リステリア症をご存知ですか?」

生卵

<特徴>
悪心・嘔吐・腹痛・下痢・発熱などの症状
菌・成分 サルモネラ菌
おもな食品 卵、加熱が不十分な肉類、低温殺菌処理が行われていない乳製品
※オムレツ・だし巻き卵・卵入りのどんぶり・卵焼きなどの加熱料理も気をつける

卵は洗浄が十分でないと、殻にサルモネラ菌が付着している事があります。
その場合、卵かけごはんなど卵を生で食べるときに感染してしまう危険性があります。

生卵以外にも、ペットの糞などにもサルモネラ菌が存在している事があります。

サルモネラ菌が直接胎児に影響する事はありませんが、腹痛などで子宮が収縮し、最悪の場合流産や切迫早産につながる可能性もありますので十分に気をつけましょう。

生卵の取り扱い

サルモネラ菌も他の菌と同様、加熱する事で死滅します。

赤ちゃんのアレルギー体質はママの食事とは関係ない

赤ちゃんのアレルギーを心配して三大アレルゲンである卵・牛乳・大豆の摂取を控えている方がいらっしゃるようです。

アレルギーは、ママやパパからの遺伝や後天的(生まれてからのち)に発症するものです。
妊娠中にアレルゲンの食品を絶っても防げるものではありません。

卵や牛乳は妊婦さんにとって、必要不可欠な栄養源です。
ママ自身が栄養不足になってしまう可能性があるので、卵や牛乳もしっかり摂取しましょう。

参照:厚生労働科学研究班による食物アレルギーの診療の手引き2014

≫≫妊娠中に摂取するべき栄養成分&必要な栄養を補うオススメの方法とは?

妊娠中の過剰摂取を避けたい食べ物

基本的には食べても問題ないですが、過剰摂取すると危険な食べ物について紹介します。

ひじき

<特徴>
胎児の障害や奇形のリスクが高まる
菌・成分 無機ヒ素
おもな食品 ヒジキ

2004年に英国食品規格より、ヒジキには無機ヒ素が含まれているという報告がありました。

ですが、日本では一般的な食事量のヒジキを摂取するだけであれば無機ヒ素は微量であり問題はないという見解を出しています。

厚生労働省によると、リスクが高まるのは乾燥ひじき4.7g以上を毎日摂取し続けた場合のみです。
また、乾燥ひじきを1時間程度水に浸けて戻せば、約68%のヒ素が溶け出すといわれています。

ただし全くヒ素を含んでいないという事でもないので、食べすぎないように注意しましょう。

昆布・昆布エキス

<特徴>
ママに甲状腺の症状があらわれたり、赤ちゃんがクレチン症(先天性甲状腺機能低下症)を引き起こしてしまう可能性がある
菌・成分 ヨウ素(ヨード)
おもな食品 昆布・海藻類・昆布エキスが入った調味料・昆布茶など

ヨウ素の過剰摂取によって起こるクレチン症とは、生まれつき甲状腺のはたらきが弱く甲状腺ホルモンが不足する疾患です。
新生児3,000~5,000人にひとりの割合で発生します。

クレチン症は早期発見して、薬で治療すれば問題はありません。
しかし、発見が遅いと知的障がい・成長遅れが出る可能性があります。

とくに妊娠初期は、過剰摂取は避けたほうがよいでしょう。

タイ、マグロ、メカジキなど

<特徴>
胎児の神経系の発達に影響が出る可能性がある
菌・成分 メチル水銀
おもな食品 キンメダイ、クロマグロ、メカジキなど

メチル水銀は便と一緒に少しずつ体外へ排出されるため、普通の食生活の範囲内であれば健康被害はぼぼありません。

しかし、妊娠期間中にメチル水銀を大量に摂取してしまうと、胎盤を通して胎児へ送られてしまいます。

胎児は体内に取り込んだメチル水銀を排出する事ができないため、メチル水銀の影響を受けやすいのです。

影響といっても、赤ちゃんが将来の社会生活に支障を来すほどの重篤なものではありません。
音を聴いた際の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるなどの症状です。

また、胎盤は妊娠4ヶ月頃に作られますので、妊娠に気付いた時点でマグロの摂取量を制限すれば問題ありません。
胎盤ができ上がる頃には、ママの体内に残っている水銀の量も減少しています。

摂取量を気をつければ魚はとった方がいい

赤ちゃんにとっても、魚に含まれている良質なタンパク質や、DHA、EPA、カルシウム、ビタミンDなどは必要不可欠なものばかりです。

  • 脳の機能や記憶力を高める
  • 血行促進
  • 腰痛
  • コレステロールの代謝促進
  • 生活習慣病(動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病)の予防効果

このような嬉しい効果があるため、取り過ぎないように注意しながら適量を摂取しましょう。

ほかに気をつけた方がいい食品

そのほか、妊娠中に摂取しすぎないようにしたほうが良い食品は次の2つです。
これらを摂ることによって直接何らかの症状が出るという可能性は低いですが、摂り過ぎると健康を損ねる可能性がありますので注意しましょう。

インスタント・レトルト食品

インスタント・レトルト食品は塩分や食物添加物が多く使われるため、注意しましょう。

揚げ物

揚げ物は高カロリーなため、体重管理をふくめ注意してください。

≫≫これも絶対欠かせない!赤ちゃんの成長のために必要な成分とは?

妊娠中に控えた方がいい飲み物

最後に、妊娠中に控えた方がいい飲み物を紹介します。

お酒

<特徴>
アルコールが胎盤を通して赤ちゃんへ送られ、胎児性アルコール症候群(FAS)という先天性疾患を発症させる
菌・成分 アルコール
おもな飲み物 お酒

胎児性アルコール症候群(FAS)とは神経系脳障害の一種で、精神発達の遅延や行動異常、小頭症などをひき起こします。
胎児性アルコール症候群は、妊娠中の摂取頻度や摂取量によっても症状の重さは変わってくるようです。

また、妊娠中や授乳中に飲酒をしなければ、絶対に発症する事のない疾患ともいえます。

毎日晩酌の習慣があった方にとっては、アルコールを絶つことはとても大変な事だと思います。

妊娠中にどうしてもお酒が飲みたくなった場合は、アルコールフリーの商品で気分転換をしましょう。
清涼飲料水と同じ扱いになりますので、妊娠中に飲んでも問題ありません。

コーヒー・紅茶・栄養ドリンクなど

<特徴>
血管を収縮させたり、鉄分やカルシウムの吸収を妨げる
菌・成分 カフェイン
おもな飲み物 コーヒー、紅茶、栄養ドリンクなど

今まで毎日コーヒーを飲んでいた方にとっては、急に飲めなくなるとなるとストレスになってしまいますよね。

様々な見解がありますが、1日あたりのカフェイン量は200mg以内であれば悪影響がないとされています。
飲料換算すると、コーヒーなら1~2杯、紅茶なら2~3杯が目安です。

ノンカフェイン(カフェインレス・デカフェ・ディカフェ・カフェインフリー)飲料を上手く取り入れてコーヒーを楽しんでください。

また、栄養ドリンクにもカフェインが含まれていますので、日常的に飲む事は避けましょう。
甘味料も多く使われているため、カロリーも気になるところです。

赤ちゃんのためにも、栄養たっぷりな食事を!

食べたい物・飲みたい物が制限されてしまう事は、本当に大変な事だと思います。

ですが、妊娠中はママが口にしたものは赤ちゃんへも胎盤を通して送り届けられるという事を頭に入れておいてください。

ママにとっても赤ちゃんにとっても安心で、栄養豊富な食事を取るよう心がけましょう。

<赤ちゃんの部屋編集部より>
赤ちゃんのために摂りたい栄養は「葉酸」

赤ちゃんのためにとりたい栄養のひとつが葉酸です。
葉酸はモロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草などに多く含まれています。

妊娠初期に葉酸をしっかりとることで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを70~80%減らすといわれています。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんに運動障害や知的障害などがみられたり、最悪の場合流産・死産となる場合もある先天異常です。

厚生労働省でも、食事でとる葉酸+吸収率が高いサプリメントから400㎍の葉酸をとるように推奨しています。

コウノトリ先生
あわせて、妊娠中に不足しがちな栄養成分が補えるサプリを選ぶと、妊娠中の健康維持に役立てられます♪
【医師監修】「妊娠2週」妊娠超初期?自覚症状や兆候はある?どう過ごせばいい?【医師監修】「妊娠2週」妊娠超初期?自覚症状や兆候はある?どう過ごせばいい?【医師監修】「妊娠2週」妊娠超初期?自覚症状や兆候はある?どう過ごせばいい?

【医師監修】「妊娠2週」妊娠超初期?自覚症状や兆候はある?どう過ごせばいい?

【医師監修】「妊娠2週」妊娠超初期?自覚症状や兆候はある?どう過ごせばいい?

メルミー

メルミー

メルミー

メルミー

メルミー

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...