【医師監修】「妊婦さん必読!」妊娠中に食べてはいけないもの・注意すべき食品は?

妊娠していなかった頃は、食べたい物であれば何でも食べていたと思います。
ですが、妊娠期間中は食べる際に注意すべき食品が存在します。
妊娠期間中、どのような料理や素材に気をつけた方がいいのかを知っておく事が大切です。

妊娠中に気を付けたい食べ物は?

生の魚介類

生の魚介類で一番心配なのは、生牡蠣などに存在する「ノロウイルス」です。
近年では耳にする事が増えたのでご存知の方が多いのではないでしょうか。
感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こします。

ノロウイルスは、下水が流れ込む河川や海に生息する二枚貝による物が最も多いといわれています。
例えば、牡蠣やアサリ、シジミなどです。

近年では、食用生牡蠣による食中毒は減ってきているという報告がありますが、妊娠期間中は免疫力が低下している為、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状況にあります。

妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にすることで食中毒のリスクを減らすことができます。

生肉

生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは、「O-157」と「トキソプラズマ」です。
「O-157」に関しては、毎年といってもいいほどニュースなどで話題になるのでほとんどの方が知っているのではないかと思われます。
「O-157」は、家畜の糞便に含まれており、何らかの原因でお肉などの食品に付着し、それを生で食べてしまう事で感染します。

症状は、下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、症状が重い方だと痙攣や脳症を引き起こす事があります。

毎年、気温が温かく増殖しやすい初夏から初秋にかけて感染症が起こりやすくなります。
冬・春に発症するケースもあるので年中注意しましょう。

「トキソプラズマ」は、豚・羊肉・鹿やネコの糞などにいる寄生虫です。
「O-157」と違って、過去にトキソプラズマに感染した事がなく免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に重い障害(先天性トキソプラズマ症)がのこる可能性があると言われています。

割合としては、妊娠時期にもよりますが10~70%の割合で胎児に感染するとされています。

トキソプラズマは感染者本人には症状がほとんどなく、まれに風邪のような症状がでる方やリンパ節が腫れる方がいます。

「O-157」「トキソプラズマ」ともに、加熱処理をしっかりと行えば死滅するので、妊娠中はしっかりと加熱処理が行われたものを口にするようにしましょう。

ネコを飼っている方は、トイレ掃除は出来るだけ他の家族にやってもらうようにしましょう。
また、ネコを外に出すことで「トキソプラズマ」に感染するといわれているので、ネコを飼っている方は室内で飼う、感染を防ぐ為に生肉などを与えないなどの予防を心がけましょう。

マグロ

マグロは良質なタンパク質を含むほか、DHA、EPAやカルシウム、ビタミンDなどの栄養素が含まれており、脳の機能や記憶力を高める、血行促進、腰痛、コレステロールの代謝促進、生活習慣病(動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病)の予防効果があると言われています。

そんな栄養満点なマグロには、胎児へ影響を与える可能性があると言われている「メチル水銀」がわずかですが含まれています。

「メチル水銀」は、便と一緒に少しずつ体外へ排出される仕組みになっており、普通の食生活の範囲内であれば健康被害が起こることもないと言われています。

しかし、妊娠期間中にメチル水銀を含む魚介類を大量に摂取してしまうと、胎盤を通して胎児へメチル水銀が送られます。

胎児は体内に取り込んだ「メチル水銀」を排出する事ができない為に「メチル水銀」の影響を受けやいと言われています。

メチル水銀の影響を受けた胎児は、神経系の発達に影響が出るとの報告があります。
赤ちゃんが生まれた後に、音を聴いた際の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるなどの症状があげられており、将来の社会生活に支障を来すほどの重篤なものではないと言われています。

魚介類の種類と摂取量の目安を知っておこう!

1回約80グラムとして考えた場合。

【1週間に2回まで(1週間当たり160g程度)】

  • マカジキ
  • キダイ
  • ユメカサゴ
  • ミナミマグロ
  • ヨシキリザメ
  • イシイルカ
  • クロムツ
【1週間に1回まで(1週間当たり80g程度)】

  • キンメダイ
  • クロマグロ
  • メカジキ
  • エッチュウバイガイ
  • ツチクジラ
  • メバチマグロ
  • マッコウクジラ
  • アンコウ
【2週間に1回まで(1週間当たり40g程度)】

  • コビレゴンドウ
【2ヶ月に1回まで(1週間当たり10g程度)】

  • バンドウイルカ

妊娠中のマグロ摂取は、厚生労働省により「週に一回80グラムまで」が望ましいとされています。
マグロ以外にもクジラやイルカなどもメチル水銀を含んでいます。
上記の表を目安にして食べるようにしましょう。

赤ちゃんにとっても、魚に含まれている栄養は必要不可欠なものばかりです。
マグロを全く口にしないようにするという事ではなく、適量をいただくというのが望ましいという事です。

また、最近ではオメガ3脂肪酸を含んでいるとして注目されているアンコウもメチル水銀を多く含んでいる為、妊婦の方は注意が必要です。

もし、妊娠に気づかずこれらの魚を食べていた場合はどうなのでしょうか?