ほとんどのママは不足している!? 妊活から授乳中まで必須の葉酸を正しく摂取する方法

赤ちゃんの栄養は、ママからもらいます。
着床したその瞬間から、授乳中まで、赤ちゃんの栄養はママのからだからもらうのです。
つまり、ママの栄養状態は赤ちゃんの成長に、大きな影響があるといってもよいでしょう。

赤ちゃんを授かりたいと思っている妊活中から、妊娠中、出産後の授乳期まで、一環して摂ったほうがよい栄養素があります。
厚生労働省が推奨している「葉酸」は赤ちゃんの成長に欠かせません。

葉酸をしっかり摂取し、赤ちゃんの健康を守りましょう!

厚生労働省が葉酸摂取を推奨

葉酸には子宮内膜を厚くし、受精卵が着床するのをサポートし、妊娠を継続させるという大切な働きがあるといわれています。

それだけではなく、赤ちゃんに栄養を送る血液も、葉酸が重要な働きをするのです。

葉酸は、血液中の赤血球をつくったり、正常な細胞分裂をうながす働きがあります。
赤血球は栄養を赤ちゃんに送りますし、赤ちゃんが正常な細胞分裂をしてすこやかに成長するためにも、葉酸が重要なのです。

産後の母乳は、色こそ白いものですが原料が血液なので、やはりここでも赤血球が母乳に栄養を届ける働きをしています。

これらのことから、厚生労働省は妊婦に対して、積極的に葉酸を摂取するよう、よびかけているのです。

1日に必要な葉酸は?

時期 食事から摂取 サプリメントから摂取
妊活中 ※最も摂取したい時期 480μg 400μg
妊娠中
(1ヶ月~3ヶ月)
480μg 400μg
妊娠中
(4ヶ月~出産)
480μg 400μg
授乳期 340μg 100μg

このようにありますが、残念ながら葉酸は食事から摂るのが難しい栄養素なのです。
葉酸は水溶性のため、水や熱に弱く、吸収率が低いという特徴がママにとってつらいところ。

そのため厚生労働省も、葉酸をサプリメントで摂るようによびかけています。

ママ・プレママにイチオシはメルミー

>>メルミーの公式サイトはコチラ!<<

メルミーは、栄養面でも文句なし!口コミ人気ナンバーワンの葉酸サプリです。

葉酸量 モノグルタミン酸型400㎍
そのほか栄養成分 鉄分15mg/カルシウム:241mg/亜鉛:5.0mg/マグネシウム:136mg/ビタミンB1:2.8mg/ビタミンB2:2.3mg/ビタミンB6:1.7㎎/ビタミンB12:12.8㎍/ビタミンC:130㎎/ビタミンD:4.5㎍/ビタミンE:22.5mg/パントテン酸:21.6mg/銅:0.5mg/ナイアシン:15.7mg/ビオチン:57.6㎍/n-3系脂肪酸:1.0mg
価格 6,580円(税込)→ 初回2,980円、2回目以降は3,980円
定期コースはいつ解約できる? いつでも解約可

メルミーは産婦人科医と管理栄養士のダブル監修で作られた葉酸サプリで、厚生労働省が推奨する「モノグルタミン酸型葉酸400㎍」もしっかりカバーできます。

食品中の葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸となって、小腸の酵素によってモノグルタミン酸型葉酸になります。
メルミーに含まれているのは、最初からモノグルタミン酸型葉酸なのです。

さらに、葉酸だけでなくママに必要な栄養成分を17種類も配合。
食事から摂取できる分も考慮し、必要な分だけ入っているので過剰摂取の心配もいりません。

全ての配合成分の原産国・最終加工国が公開され、香料・着色料・保存料未使用の無添加なので、安全性においても信頼できるサプリメントです。

放射能検査・残留農薬検査もクリアしており、優れた製造管理されている証拠であるGMP認定工場で製造されているため品質も保証されています。

定期コースの通販商品にありがちが「最低〇回続ける」といった回数のしばりがないため、自分に合わないなと感じたらいつでも解約できるのも親切といえるでしょう。

栄養成分、コスパ、買いやすさを兼ねそろえています。

Mere me(メルミー)公式サイト

赤ちゃんのためにできること

ママが赤ちゃんのためにできることは、ストレスをためないでいつも笑顔でいることや、しっかり栄養をとって赤ちゃんに送り届けることです。

普段の食生活だけでは補え切れない栄養を、どうにか摂取しようとするとストレスが溜まってしまいます。

サプリメントで手軽にストレスフリーで栄養を摂取していきましょう

将来の不安を感じるあなたへ

家族が増えるタイミングで、考えておきたいのはお金のこと。
普段の生活費はもちろんですが、将来の養育費など、いくらかかるのか、どうやって準備するのかをしっかり知っておきましょう。

妊活中に考えておきたいのは、医療保険です。
出産トラブルをカバーできる医療保険があると、万が一帝王切開などで出産することになっても費用の心配をしなくてよいのがいいところ。

妊娠中や産後は、子どもの学資保険大黒柱の保障を考えるとよいでしょう。

いずれにせよ自分で調べるとなると、専門用語も多くわかりにくいのが難点です。

そこで、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することをオススメします。
保険の外交員みたいな強引な勧誘もなく、無料で相談できるので安心です。

保険だけでなく、今後増えていく家計のことも、相談できるので気軽に相談するとよいでしょう。

アンケートに答える

世帯年収を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...