妊娠中に辛いものを食べたらダメ?赤ちゃんに影響はある?

妊娠中は、ホルモンバランスが変化し、食の好みにも影響がでることがあります。
妊娠前から好きだったものがさらに好きになった方や、以前は食べたいと思っていなかったものを食べたいと思う方もいるようです。

食の好みが変化することで、体が食べたいと思う食べ物も「これって赤ちゃんに影響はないかな?」と気にする機会が増えた方もいるのではないでしょうか?

今回は食の中でも「辛いもの」を食べることによって赤ちゃんやお母さんの身体に起こる影響について紹介します。

妊娠中に辛いものを食べると、赤ちゃんに影響がでる?

「辛いもの」といっても香辛料や調味料から料理までさまざまなものがあります。

わさびや唐辛子などは口にするだけで、刺激を感じるものなので「刺激物」といいます。
刺激物にあたるものは、妊娠中の身体や胎児にもよくないのではと考える方は多いようです。

結論からいうと、「辛いもの」を口にすることで、赤ちゃんに悪影響がでることはありません。

適度な量であれば食べて大丈夫

妊娠中に辛いものを食べても問題ありません。
「食べたいのに、食べられない」ことが身体にストレスを与えてしまう可能性があります。

ただし辛いものを食べる際には「適度な量」を必ず心がけましょう。
食べたい気持ちに任せて、食べすぎるのはよくありません。

これは妊娠中に限らず、どんな方においてもいえます。

辛いものが食べたくなるのはホルモンバランスの変化が原因

妊娠中のマイナートラブルや気分の浮き沈み、食の好みの変化などは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響によるものだといわれています。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、着床しやすくしたり、子宮内膜を厚くする作用があります。

また、着床後に妊娠を継続するためにもっとも重要な女性ホルモンです。
妊娠する前、月経が始まる前兆としてイライラしたり、食欲が旺盛になったりと気分や食欲、体調などに変化があらわれた経験がある方もいるのではないでしょうか?

妊娠前におこる気分の浮き沈みや、体調の変化はプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響によるものが多いようです。

妊娠中に辛いものを食べてはダメといわれる理由は?

妊娠中に辛いものを食べても赤ちゃんへの影響はないのに、辛い物を食べてはいけないといわれているのはなぜでしょうか?
理由をみていきましょう。

腹痛を起こす原因になる?

辛いものを食べたことで、腹痛を起こしてしまうケースがあります。
お腹が痛いと気分も優れず、ストレスにもつながります。

ここからは腹痛の症状が出る胃痛・下痢・便秘について原因を中心に紹介します。

胃痛

妊娠中はホルモンバランスが変化し、プロゲステロンという黄体ホルモンが胃腸の働きを弱めます。
また、胃腸の働きが弱くなったことで食べ物が胃に長くとどまることになり、胃が荒れやすくなってしまいます。

胃が荒れやすくなっている状態で辛いものを食べることで、胃酸の分泌が活性化されて胃もたれや胃痛を引き起こす原因になります。

辛いものは胃の調子がよいときに食べるようにしましょう。

下痢

辛い料理によく使われている唐辛子には「カプサイシン」というものが含まれています。
カプサイシンを身体に多く取り込むと、自律神経の中の交感神経が緊張して腸が活発になるため下痢を起こしやすいようです。

また、カプサイシンが持っている強い刺激によって、胃が傷つけられてしまい消化不良を起こして下痢になってしまうケースもあります。

便秘

便秘は下痢と同じように、唐辛子に含まれている「カプサイシン」が関係しています。
カプサイシンは、アドレナリンを活性化させる働きがあり、消化器官の働きを抑制してしまうので、便秘になりやすくなります。

便秘が続くと、痔になる可能性が増えるので気を付けましょう。

また、辛いもののなかでも、キムチは乳酸菌と食物繊維が多く含まれているため、便秘には効果があるといわれています。

体重増加の原因になることも

辛いものだけを食べるなら、体重が急激に増えることはありません。

しかし、辛いものと一緒に食べるごはんや、麺類などの炭水化物は食べ過ぎないようにしましょう。
炭水化物を食べ過ぎることで、体重増加や高血圧を引き起こす可能性があります。

体重増加が進み、妊娠前にはみられなかった高血圧やむくみ、蛋白尿などの症状がでてくると「妊娠中毒症」や「妊娠高血圧症候群」になるケースがあります。

ほかにも、体重増加は妊婦の負担を増やします。
産道に脂肪がついて出産が困難になったり、出産後に体重を戻すのが難しくなったりするようです。

辛いものを食べるときには炭水化物の量に注意しましょう。

「塩分の摂りすぎ」が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも

辛いものを口にするだけで、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。

そもそも、辛いものと呼ばれる食べ物には香辛料と、調理されたものがあります。

ここで気を付けたいのは、調理されているものには「塩分」が豊富に含まれていることです。

カレールーにはお玉1杯分につき、約2gの塩分が含まれているのをご存じでしょうか?
妊娠中は1日に摂取する塩分量の目安は小さじ1、2杯程度(5~10g)です。

カレーを1人前食べるだけで1日の塩分摂取量の上限は超えてしまいます。

では、塩分を取りすぎてしまった場合は、どのような影響があると考えられるのでしょうか。

母体への影響

塩分を摂りすぎると、血液中の塩分は増えます。
血液中に多く取り込まれた塩分によって、血中ナトリウム濃度が高まります。

その結果、濃度をもとに戻そうとして血管に圧がかかってしまい、高血圧を引き起こします。

炭水化物を摂りすぎたときと同様に、妊娠前にはみられなかった高血圧やむくみ、蛋白尿などの症状がでることも。

妊娠中の高血圧はときとして、妊娠高血圧症候群と診断されることもあります。

実際に身体に異常がないかは、妊婦検診のときにチェックします。
妊娠高血圧症候群と診断された場合は、妊娠週数や赤ちゃんの発育状況によって外来通院での食事管理や、点滴の投与などさまざまな方法で治療を行います。

胎児への影響

妊娠高血圧症が重症になると、子宮や胎盤の血液の流れが悪くなるケースがあります。
そのため、赤ちゃんへ血液や酸素を十分に送れなかったり、栄養を吸収させてあげられなくなることもあります。

また、常位胎盤早期剥離といって胎盤が出産前にはがれてしまう可能性もありますので、十分に注意しましょう。

続いて、辛い物を食べるときに気をつけるべきことをみていきましょう。