【助産師が教える】「天の川」は母乳だった?

7月7日は七夕。
織姫と彦星が年にいちどだけ再会できる日だと、語り継がれています。

この、織姫と彦星の夫婦が遊んでばかりいることにお怒りになった天帝が、天の川の両岸にふたりを別れさせたのは、東アジアで有名なお話です。

そんな天の川は、ギリシャ神話では違うストーリーがあります。

ギリシャ神話での天の川は母乳?

ギリシャ神話では、天の川は母乳だと考えられています。
天の川を英訳するとMilky Wayになるわけはここからきています。

なぜギリシャ神話では天の川が母乳だと考えられているのでしょうか。

ギリシャ神話の天の川にはこんなストーリーがあるのです。

全知全能の神であるゼウスの妻はヘラでした。
ゼウスは結婚と離婚を繰り返しましたが、正妻としてヘラを迎えます。

しかし、ゼウスの浮気ぐせはなおりません。
ヘラは嫉妬し、常に浮気に目を光らせていました。

しかしゼウスは浮気し、人間の女性との間に子をもうけます。
この子どもの名がヘラクレスです。

ゼウスはヘラクレスをとてもかわいがり、正妻である女神ヘラの母乳を飲ませようとしました。

女神ヘラの母乳を飲むと、ヘラクレスの肉体を不死身にできるからです。

しかし嫉妬した ヘラは、他の女性が産んだ子であるヘラクレスに母乳を飲ませようとはしませんでした。

そこでゼウスはヘラに睡眠薬を飲ませます。
ヘラが眠っている間にヘラクレスに母乳を飲ませようとしたのです。

しかし、ヘラクレスが母乳を吸う力があまりに強く、飲ませている途中にヘラは目覚めます。
自分の母乳をヘラクレスが飲んでいることにヘラは驚き、ヘラクレスを突き飛ばします。

その際に、ヘラの母乳が飛び出しました。
「ぶしゃ~」っと大量に。

このヘラの母乳が、空高く大量に舞い上がりました。

そして天でミルクの環となり、天の川が生まれた…ギリシャ神話ではそのように考えられています。

アンケートに答える

あなたの職業を教えてください。

View Results

Loading ... Loading ...