【小児歯科医が教える】子どものブクブクうがいはいつから?練習のやり方は?

母子手帳には、4歳のページに「ブクブクうがいをしますか?」という質問が書かれています。
何歳くらいからブクブクうがいができるようになるのでしょう?

クリニックにくる子たちを見てみると、2歳でも上手にブクブクうがいができる子もいれば、小学生になっても苦手な子もいます。

「ブクブク」をしないで水をはき出すだけ、という子も見られます。

日本歯科医師会の報告によると、3歳で約50%、4歳で約75%の子どもたちができるようになっているようです。

ブクブクうがいが上手にできるようになる時期は、呼吸や食事、発音など口の機能の発達と深い関連があることもわかっています。

しっかり唇を閉じて、口をたくさん動かしてブクブクうがいをすることは、口の発達のためにとてもよい運動です

そのため、上手なブクブクうがいができるようになるための練習をしましょう。

ブクブクうがいの練習はいつから?

ブクブクうがいの練習は、ママやパパの動作をまねするところからはじめます

声かけである程度指示された動作ができたり、テレビやお友達の動作をまねできるようになったら練習を始められます。

2~3歳くらいが目安です。