酷いつわりのときはネットスーパーが便利!妊婦さんにオススメショップ5選

妊娠中でも、食料や日用品の買い出しは必要不可欠です。

ですが、つわりで体調が悪いときは、買い物に出るのも大きな負担でしょう。

つわりが酷くて近所への外出さえもしんどい」というママも多いです。

妊娠中はつわりだけでなく、体調不良な日安静が必要な日もあります。

そんな妊婦さんにオススメしたいのが、ネットスーパーです。

ここではネットスーパーのメリット・デメリット、選び方のポイント、オススメのネットスーパーを紹介します。

ネットスーパーってなに?

ネットスーパーとは、インターネットで注文を受けつけて、食材や日用品などの商品を自宅まで即日配達するサービスです。

取り扱う商品は生鮮食品や日用品、肌着など幅広く、注文してからその日のうちに届きます。

自宅にいながら毎日の買い物ができるので、とても便利ですね。

外出もできないほど体調が悪い妊婦さんや、小さな赤ちゃんがいる産後のママにオススメです。

ネットスーパーを利用するメリット

最近では、多くの大手スーパーがネットスーパーに参入しているので、気軽に利用しやすくなっています。

ネットスーパーを利用するメリットをみていきましょう。

メリット1:自宅にいながら即日買い物ができる

ネットスーパーの最大のメリットは、家から一歩も出ずに、生活必需品を手に入れられることです。

ベッドで横になりながらスマホひとつで注文できます。

  • スーパーが家から遠い家庭
  • つわり中や体調不良の妊婦さん
  • 産後、新生児を連れての買い出しが大変なママ

など、毎日の買い出しが負担となる人にとっての救世主といえるでしょう。

天候が悪い日や、猛暑日氷点下になるほど寒い日も外出する必要がないのは大きなメリットですよね。

メリット2:買い物時間を短縮できる

ネットスーパーを利用することで、買い物に費やす時間を最小限におさえられます。

店舗までの移動時間やレジで並ぶ時間、外出の準備にかかる時間などが省略できるので、産後、育児に仕事に忙しいママや、仕事をしている妊婦さんの強い味方です。

メリット3:重い荷物を運ぶリスクがない

妊娠中は、できるかぎり重い荷物は持たないほうがいいと、指導されます。

産後、すでに上の子がいる場合も赤ちゃんを抱えながら、活発な子どもと買い物にでるのは、なかなか大変なものです。

ネットスーパーであれば、自宅まで宅配してくれるので、飲料やお米などの重い商品も気兼ねなく購入できます。

ネットスーパーを利用するデメリット

いいことだらけのようなネットスーパーですが、デメリットについても確認しておきましょう。

デメリット1:配送料がかかること

ネットスーパーは、配送料がかかります。

実際にお店に足を運ぶ場合と比べて、コストがかかる点がデメリットといえるでしょう。

多くのお店では、5,000円以上の買い物で配送料が無料となることが多いようです。

冷凍ができるものや長期保存できるものと組み合わせて、まとめ買いをするなど工夫するといいでしょう。

デメリット2:値引き商品や特価商品が買えないことも

利用するネットスーパーによっては、特売品や割引商品、ポイント倍増デーが適用されないことがあります。

そのいっぽうで、ネットスーパーには妊婦割引などを実施しているお店もあるようです。

デメリット3:自分の目で見て選べない

実際に自分でスーパーにいけば、野菜の傷み具合や大きさ、かたちなど、いろいろなことをチェックして選びますよね。

ネットスーパーではこの目利きができない点がデメリットといえるでしょう。

もちろん、食材のプロが選んで送ってくれるので、一定以上の品質は保たれています。

少しの傷やかたちも気になるのであれば、口コミなどを確認して、信頼できるスーパーを見つけるといいでしょう。

ネットスーパーの選び方のポイント

最近ではネットスーパーの需要も高まり、たくさんの業者が参入しています。

ネットスーパーによって、条件はさまざまです。

ネットスーパーを選ぶときのチェックポイントについてまとめます。

ポイント1:配送の時間帯

ネットスーパーを選ぶときにチェックしたいのが、配送時間でしょう。

ネットスーパーの配達は玄関先で直接受け取る場合が多いです。

  • 早くて何時から受け取れるのか
  • 遅くて何時まで受け取れるのか

仕事終わりに受け取りたい妊婦さんもいますよね。

自分のライフスタイルにあっていないと、時間に追われたりと逆にストレスとなるため、しっかり確認しておきましょう。

ポイント2:受けとり方

ネットスーパーは基本的に、玄関先で直接受け取りますが、「仕事や子どもの都合で、間に合わなかった」なんてこともありえます。

この場合、再配達で配送料がかかるお店もあれば、玄関先に置いてくれる業者もあるようです。

つわりで吐き気がとまらないタイミングで配達がきても、このサービスがあれば安心でしょう。

ポイント3:配送料と配送地域

ネットスーパーで、もっとも気になるのが配送料ではないでしょうか。

全国一律のスーパーもあれば、地域によって配送料が違う場合もあります。
お店によっては、まとめ買いをすれば配送料が無料になることもあるので、確認しておきましょう。

あまりまとめ買いをしないという人は、配送料が安いお店や配送料無料のボーダーが安いお店を選ぶといいですね。

また、一部地域には配送をおこなっていないパターンもあるので、お住まいの地域に配達してくれるかも確認してください。

ポイント4:支払方法

多くのネットスーパーで、クレジットカード代引きに対応しています。

しかしなかには、口座振替しかできないなど、支払い方法が限定されることもあります。

自分の都合にあう支払方法があるかも、快適にネットスーパーを利用するうえでは大切です。

ポイント5:キャンペーンや割引

ネットスーパーによっては、特価商品割引商品を扱っていないお店もあります。

どんな商品を扱っているのかは、登録する前に確認しておきましょう。

また妊婦さん向けのキャンペーンや子育てキャンペーンをおこなっているお店もあるので、できるだけお得な買い物ができるお店をチェックするといいですね。

妊婦にオススメのネットスーパー5選

それでは、妊婦さんにオススメのネットスーパーを紹介します。

先輩ママの評判がよいお店を厳選しました。

1.イトーヨーカドー アイワイネット

引用:イトーヨーカドー アイワイネット

配達エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、岐阜県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県
入会費・年会費 無料
配送料(税抜き) 300円~
支払い方法 代引き(手数料無料)・クレジットカード
受け取り方 直接手渡し・再配達
割引価格商品 あり
妊婦向けキャンペーン 母子手帳提示で配送料100円

イトーヨーカドーのネットスーパーでは、約3万点と豊富な商品のなかから食料品や日用品が購入できます。

また希望者には、魚のめんどうな下処理(塩焼きの下準備・開き・3枚おろし)までしてくれるので、とても助かります。

また母子手帳の提示で、登録から4年間、配送料が100円になるキャンペーンもおこなっていますよ(2018年11月現在)。

一部店舗ではセブンイレブン受取りができ、その場合配送料は無料で、こちらの都合で受け取りにいけるので、近くにセブンイレブンがある人は利用価値があるでしょう。

2.イオンネットスーパー

引用:イオンネットスーパー

配達エリア 北海道と福井県を除く全国エリア
入会費・年会費 無料
配送料(税抜き) 300円~(5,000円以上無料)
支払い方法 クレジット・代引き(手数料216円)・WAON
受け取り方 直接手渡し・置き楽(108円)・再配達(一部店舗のみ)
割引価格商品 あり
妊婦向けキャンペーン なし

イオンといえば、高品質で低価格の「トップバリュ」商品はもちろん、日用品から医療品まで品揃えが豊富なのもうれしいポイントです。

イオンのネットスーパーのメリットは、置き楽サービスというもので、家が留守でも配達してくれます。

仕事をしながらの忙しいママや妊婦さんにオススメのサービスです。

また全国チェーンの大手スーパーなので、福井県・北海道以外の人であれば、利用できるのも魅力でしょう。

3.CO・OP(日本生活協同組合連合会)

引用:CO・OP(日本生活協同組合連合会)

配達エリア 全国
入会費・年会費 1,000円(入会費)
※退会時に返金される
配送料(税抜き) 200円前後~(地域により異なる)
支払い方法 口座振替・一部の地域でクレジット可
受け取り方 直接受け渡し・留め置き可
割引価格商品 あり
妊婦向けキャンペーン 1歳まで配送料無料、就学まで配送料無料(店舗による)

CO・OP(日本生活協同組合連合会)は、生協という愛称で知られています。

コープの強みは、なんといっても全都道府県にある点でしょう。

そしてコープをネットサービスとして利用する際の最大のメリットは、留守宅にも届けてくれる点です。

2回目からは不在の場合、こちらが指定した場所に届けてくれるので、時間に縛られる心配がありません。

ただしコープの場合は、週に1度だけで毎週同じ曜日、同じ時間帯での配達なので、必要なときにいつでも!というわけにはいきません。

ある程度まとめて計画的に購入したい人にオススメです。

4.西友ドットコム

引用:西友ドットコム

配達エリア 北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、長野、愛知、滋賀、大阪、京都、兵庫、福岡、長崎の一部地域(ビッグセーブは全国配送)
入会費・年会費 なし
配送料(税抜き) 300円、ビッグセーブは400円、一定額以上で配送料無料(金額は地域による)
支払い方法 代引き(手数料300円)・クレジットカード
当日配達
15時まで(場合による)
受け取り方 直接受け渡し・再配達(400円)
割引価格商品 あり
妊婦向けキャンペーン なし

西友のネットスーパーは、商品がほかのスーパーに比べて安いことが、人気の理由です。

またほかのネットスーパーにはない、夜20-22時まで配達時間の指定ができるのも、働くママにとってメリットでしょう。

また生鮮食品に関して満足できなかった場合、全額返金保証制度があるのも安心できます。

裏返せば品質に自信がある証拠ともいえるでしょう。

5.Oisix(おいしっくす)

オイシックス公式サイトはこちら

配達エリア ヤマト運輸が宅配可能な全国地域
入会費・年会費 なし
配送料(税抜き) 100円(税込み)~(8,000円以上で配送料無料)
支払い方法 代引き(手数料300円)・クレジットカード・口座振替・Edy決済・Yahoo!ウォレット
当日配達 最短3日後
受け取り方 直接受け渡し・再配達
割引価格商品 あり
妊婦向けキャンペーン プレママ&ママコースあり

オイシックスは、ネットスーパーの特性とは少し違いますが、安全をモットーに農薬や添加物、放射性物質の検査などをクリアした高品質な食材が手に入ります。

とくに妊娠中は、食べ物やその品質に気を使っている人も多いでしょう。

オイシックスでは、時短メニューがつくれる食材とレシピがセットになった使い切りタイプの商品や、子どもの月齢にあわせた商品をセレクトしてくれるのも魅力です。

また月額料金を払うと対象商品が毎週3品無料で購入できるという「牛乳飲み放題」というサービスなど、おもしろいサービスも人気の秘密でしょう。

注文を受けてから一流農家で収穫するので、鮮度や品質はとても信頼がおけますが、ほかのネットスーパーと比べると少し高いです。

オイシックス公式サイトを見る

つわりが酷いときは宅食サービスの利用も◎

つわりが酷い人やにおいづわりで、料理を作ることも大変な日は、ヨシケイワタミといった宅食サービスを利用するというのもひとつの方法です。

ヨシケイ公式サイトはこちら

カットしてある野菜や肉などと調味料が一食分ずつ届いて、さっと調理するだけというタイプや、お弁当そのものが届くタイプもあります。

栄養面も考えてレシピが作られているので、つわり中や産後の大変な時期でも、家族の健康面を考えた食事ができるので、プレママや産後ママの強い味方になるでしょう。

ヨシケイ公式サイトを見る

ネットスーパーを利用して妊娠中もムリのない生活をしよう

ネットスーパーは、忙しいママやつわりで調子がよくないママの強い味方です。

自宅で休養しながら買い物ができたり、サッと調理するだけで済む商品が届いたり、下処理を済ませてくれたりと、メリットが多いでしょう。

スーパーによって特徴があり、選ぶスーパーによってメリットも違うので、自分のスタイルにあったお店を選ぶことでより効率的に利用できます。

ネットスーパーを賢く利用して、家事の負担を減らし身体をいたわりましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...