【医師監修】「妊娠初期に下痢が続く原因と対処法まとめ」腹痛や胃痛は大丈夫?

妊娠初期は「下痢になりやすい」といわれています。

しかし下痢の症状がずっと続くと「流産になったらどうしよう」と不安に感じるママもいるでしょう。

そこで今回は、妊娠初期に下痢が続く原因と対処法を紹介します。

妊娠初期の下痢について正しく知り、快適なマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠初期に下痢が続く原因


妊娠初期には、以下のようなことが原因で下痢になる場合があります。

  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の変化
  • 薬による影響
先輩ママ

ママ自身が下痢の原因をつきとめるのは難しいわね。

でもよくある原因を知ることで、症状が起きたとき参考にできるわ。

(1)自律神経の乱れ

妊娠をすると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)エストロゲンプロゲステロンなどのさまざまなホルモンが分泌され、体内のホルモンバランスが急激に変わります。

ホルモンバランスの変化は、自律神経にも影響をあたえ、消化機能の低下、身体の冷え、ストレスなどを引き起こします。

先輩ママ
ホルモンが大きく変化するから、体調にも影響するのね。

参照:たまひよ「妊娠初期の下痢の対処法と悪化させない方法」

(2)食生活の変化

下痢の原因のひとつに、食生活の変化があげられます。
つわりや、食欲の増加などが消化器官に影響を与えるのです。

つわりは、ママの食生活を大きく変える原因になりがちです。

妊娠初期は、つわりで匂いに敏感になるため、温かい食べ物より冷たい食べ物を好む人が多いといわれています。

また食事が偏って栄養バランスが崩れたり、つわりがひどくて水分中心の食生活になったりする場合もあります。
そのため、胃腸の働きが悪くなり、下痢になってしまうのです。

いっぽうで、食事量が増加し、普段の何倍も食べてしまう方もいます。
ホルモンバランスの変化によって血糖値が下がり、食欲が増すことが原因です。

食べ過ぎると消化不良を起こし、下痢になる可能性があります。

先輩ママ

つわり中はなかなか普段通りの食生活ができないわよね。

つわりがひどいママが下痢になったら、普段の食生活を見直してみてね。

(3)薬が原因の可能性も

貧血の薬である鉄剤(フェロミア)も便秘や下痢を起こすことがあります。

便秘を併発するママもいます

妊娠初期は、下痢だけでなく便秘にもなりやすい時期です。
便秘の原因も、下痢と同じく、自律神経の乱れやつわりが多いようです。

便秘が続くと、便が溜まったことによって排出機能が高まり、下痢になってしまうことがあります。

先輩ママ
じつは妊娠初期に便秘と下痢を繰り返すママもいるのよ。

吐き気や嘔吐、激しい腹痛をともなう下痢は要注意


妊娠初期の下痢は、ホルモンバランスや食生活の変化によって引き起こされる場合が多いため、過剰に心配しなくても問題ありません。

ただし、吐き気や嘔吐、腹痛などをともなう下痢には注意してください。

ウィルスが原因の「感染性胃腸炎」の可能性があります。

ママさん
つわり中はもともと吐き気があることが多いけれど、胃腸炎とはどう見分けるのかしら?
先輩ママ

たしかに吐き気や嘔吐の症状は、つわりとほぼ変わらないわ。

ただ腹痛や発熱、血便を伴うケースは明らかに危険ね。

吐き気や嘔吐の症状だけからは、感染性胃腸炎にかかっていると断言することは難しそうです。

ただし以下の場合は、病院を受診した方が安全ですね。

  • 腹痛、発熱、血便を伴う
  • 違和感がある

参照:たまひよ「妊娠初期の下痢の対処法と悪化させない方法」

妊娠初期の下痢で流産になる可能性


妊娠初期に下痢が続くと「流産になってしまうのでは」と不安になる方も多くいるようです。

下痢が原因で流産になる可能性はないといわれています。
子宮と腸は近い場所にありますが、下痢が直接赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、ほぼないといってよいでしょう。

ママさん
流産の心配がないと聞くと、心が軽くなるわ!
先輩ママ

流産する心配は、しなくても大丈夫よ。

ただし下痢はママの脱水症状を引き起こしやすくなるわ。

赤ちゃんに栄養が届きづらくなるので、注意してね。

引用:ゼクシィBaby「妊娠初期の下痢」

妊娠初期の下痢が続く期間


妊娠初期の下痢が続く期間は、人によってさまざまです。
一般的には、妊娠4週目から症状が出はじめ、妊娠12週目までに症状がおさまることが多いといわれています。

また2~3日ですぐに症状がなくなる方もいれば、安定期に入るまで、継続的に下痢が続く方もいます。

妊娠初期の下痢の対処法5選!


妊娠初期に下痢が続くときは、以下の方法で対処しましょう。

  1. 食事に気をつける
  2. からだを温める
  3. ストレスをためない
  4. 自己判断で薬を使用しない
  5. 水分補給はこまめに

ポイント1:食事に気をつける

先輩ママ

食事で気をつけたいポイントは、

1:身体を温める食材えらび
2:生ものを避ける
3:食べ方を工夫する

の3つね。

身体を温める食材えらび

つわり中でも口にしやすいからといって、冷たい飲みものや食べものを摂りすぎるのは禁物です。

以下の食品がオススメですよ。

  • 根菜類(人参、レンコンなど)
  • ショウガ
  • みそ

生ものを避ける

消化しやすくなるとともに、食中毒のリスクから身を守ることにもつながります。

食べ方を工夫する

よく噛んで食べる、1回の食事量を少なくして小分けに摂取するなどをして、胃腸への負担を減らすように心がけてください。

ポイント2:身体を温める

とくに妊娠中はあたたかい格好で過ごし、夏でも身体を冷やさないようにしましょう。

お腹周りはもちろん、足元も厚手のタイツレッグウォーマーなどを着用して、温めるとよいでしょう。

また激しい運動はNGですが、ウォーキングなどの適度な運動は、冷え対策に効果的です。

ポイント3:ストレスをためない

妊娠中は環境の変化や、自律神経の影響でストレスが溜まり、結果として胃腸が弱りやすいです。

先輩ママ
周囲とのコミュニケーションを活用して、リラックスした生活を送ることが大事よ。

ポイント4:自己判断で市販薬を服用しない

下痢が続いても、妊娠中は自己判断で市販薬を飲まないようにしましょう。
必ず医師に相談してください。

なお、整腸剤として知られる「ビオフェルミン」は、公式サイトで、妊娠中に飲んでも問題ないことを明言しています。

先輩ママ
ママ自身での判断が難しい症状だからこそ、お医者さんに相談することが症状改善のためには大切なのね。

参照:ビオフェルミン製薬「おくすりQ&A」

ポイント5:水分補給はこまめに

下痢が続くと、脱水症状を起こしやすくなります。

脱水症状になると、母体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすため、水分補給はこまめに行いましょう。

妊娠初期の下痢は自己判断NG!


妊娠初期に下痢が続いた場合は、不安な気持ちになってしまうかもしれません。
しかし、下痢が原因で流産になる可能性は極めて低いといわれているため、過度に心配しなくても大丈夫です。

だからといって、自己判断で「単なる妊娠初期症状」と断定してはいけません。
ノロウィルスやその他の感染症が原因の場合、早急な対応が必要だからです。

下痢の症状が出始めたら、必ず産婦人科でその様子を伝えてください。

診察で「あまり心配しなくてもよい下痢」と言われた場合も、身体を温める、食生活を見直すなど、適切に対処しましょう。

【編集部ピックアップ!】赤ちゃんの障害をふせぐ「葉酸」

「葉酸をたくさんとってね」
妊娠がわかってから病院の先生にそう言われたけど、つまり野菜をたくさんとればいいんだよね?そんな風に思ってはいませんか?赤ちゃんの生命にもかかわる「神経管閉鎖障害」は、妊娠初期に葉酸をしっかりとることでリスクを減らすことができます。厚生労働省では、食事でとる葉酸にプラスしてサプリメントから400㎍の葉酸をとるように推奨しています。葉酸てそんなに大切だったの?
どうしてサプリメントが必要なの?
大事な葉酸のおはなし下の記事をチェックしてください♪

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...