心と身体の準備をしてお産に向き合おう!赤川クリニックの赤川元先生にインタビュー

心と身体の準備をしてお産に向き合おう!赤川クリニックの赤川元先生にインタビュー

お産について不安や悩みはつきものです。

出産のためにどんな準備をしたらいいの?
自分の力でお産できるのかな?
母乳が出なかったらどうしよう。

わからないことがたくさんあると、心配でたまらない気持ちになるでしょう。

そこで、安心してお産を迎えるための準備について赤川クリニックの赤川先生にお話を伺いました。

赤川クリニックでおこなっている出産方法や乳がん検診についてもお聞きしました。

できる準備をしておくことで、お産の不安や悩みを軽くできます。
自分に自信を持って、前向きにお産を迎えられるようにしておきましょう。

赤川クリニック 赤川元院長

お産は家族みんなでするもの

赤川クリニックでは、「母親とその家族によりそうお産」を大切にしています。

ーーー「母親とその家族によりそうお産」のために取り組んでいることはありますか。

お産に関わることすべてが「母親とその家族によりそうお産」の取り組みだと考えています。
お産はママだけではなく、家族みんなでするものです。

パパや上のお子さんも一緒に新しい家族の誕生に向き合って、妊娠中やお産のときにママを応援してあげてほしいですね。

そのための手段として立ち会い出産を歓迎したり、子どもも泊まれる部屋を用意しています。

ーーー「お産は家族みんなでするもの」と、思われたきっかけはなんですか。

特別なきっかけはなく、「お産は家族みんなでするもの」が自然なお産のあり方だと思ってやってきました。

ママは自分の身体の中で赤ちゃんを育てますが、パパは違うため赤ちゃんが生まれてくる実感が少ない方も多いでしょう。

しかし、赤ちゃんはママだけのものではありません。
パパはママに赤ちゃんを預けている立場として、ママに寄り添うとよいでしょう。

妊娠・出産についてママと一緒に知ってほしいですし、パパがママにアドバイスすることもあっていいはずです。

見て楽しくて元気になる料理でお産をお祝い!

入院中の料理は「目で見て楽しい食事」というこだわりがあるようです。

ーーー「目で見て楽しい食事」を始めたきっかけを教えてください。

まだ当院が小規模だったころは、私の妻がひとりで料理を担当していたのです。

出産後のママはうれしい気持ちもあれど、疲れています。

そこで、ほっとしてもらえることをしたいと考え、「目で見て楽しい食事」を始めました。

しゃれた見た目やきれいな食器にもこだわった食事です。

もちろんおいしさや、たんぱく質が多いなど身体をきちんと作る栄養バランスも考えています。

食事は人を元気にするものでなければならないと思いますので、料理担当者が変わった今でも続けている取り組みです。

ーーーママたちの反応はいかがですか。

入院後のアンケートに「食事が楽しくておいしかった」と書いてくれたり、「あのご飯をまた食べたい」と言ってくれる方が多くいます。

食事を写真に撮っているママも多いですね。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

View Results

Loading ... Loading ...