妊娠確率が上がる?排卵検査薬の使い方とタイミングまとめ

妊娠を望む女性にとって排卵日がわかる「排卵検査薬」は強い味方です。

しかし排卵検査薬は正しく使って正しく判断しなければ、せっかくの妊娠しやすいタイミングを逃してしまいます

今回はそんな失敗が起こらないよう、排卵検査薬のいろはについて解説していきます。

排卵検査薬をしっかりと生かして、妊娠確率を上げていきましょう

排卵検査薬とは?


排卵検査薬はその名のとおり排卵日を計測するものです。

どんな仕組みで計測しているのでしょうか。
判定結果はどのくらい信頼できるのかも、あわせて説明していきます。

どんな仕組みなの?

排卵検査薬は、「LH(ヒト黄体形成ホルモン)」というホルモンが尿中に一定値以上含まれていると反応します。

LHホルモン自体は、常に体内にあるものですが、排卵前になるとLHホルモンの分泌が急激に盛んになります

このLHホルモン分泌量の増加現象が「LHサージ」です。

LHサージが始まると、14時間ほどかけてどんどんLHホルモン値は上昇し、最高値の状態がさらにおよそ14時間続きます。

LHの分泌量がピークに達した時点から約24時間後~48時間後以内で排卵するといわれています。

そのため、LH値の上昇を検査薬で把握することで排卵日が予想できるわけです。

排卵検査薬の精度は?

排卵検査薬は使い方を正しく守れば、かなり高い確率で排卵日を予測できます。

ただLHホルモンは排卵前でなくとも、常に体内で分泌されているものです。
体調やホルモンバランスの乱れなどにより、判定しにくい場合もあります。

ある一定期間、毎日使うものなので続けて使用することで検査結果の変化にも気が付きやすいでしょう。

排卵検査薬で妊娠確率があがる?

排卵検査薬で排卵日が予測できれば、排卵時に合わせてなかよし行為が可能なため、タイミング法での妊娠確率は当然上がってきます。

排卵日当日になかよしすると妊娠確率が上がると考えてしまいがちです。
しかし、排卵日当日よりも排卵日の2日前から前日まででおこなう方が、4倍も妊娠しやすいといわれています。

卵子や精子の寿命やそれぞれの受精運動ができるタイミングなどを考慮すると、排卵日当日の射精では卵子と精子のタイミングがずれてしまうかもしれません。

排卵検査薬は陽性反応がでたら、その後24時間から48時間くらいで排卵がおこることを意味します。

つまり排卵検査薬が陽性反応を表示しているときが、最も妊娠しやすいベストタイミングだということです。

排卵日まで待たずに、陽性反応が見られたその日から性交渉を続けることで妊娠確率をさらに高められます。

どこで買える?

排卵検査薬はこれまで、一部の調剤薬局でしか取り扱いがありませんでした。

しかし2017年より第1類医薬品となったため、ドラッグストアやインターネットで購入が可能になりました。

排卵検査薬は日本製から海外製まで、さまざまな種類の商品が存在します。
amazonや楽天などでの通販もあるので、自分にあった検査薬をみつけられます。

アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...