【医師監修】妊活の期間って平均どれくらい?20代や30代で変わってくる?

「そろそろ子どもが欲しい」というときに、妊活に平均どれくらいの期間がかかるのか、気になる女性もいるのではないでしょうか。

妊活はどのくらいの時間がかかるの?
いつから妊活を始めたらいいの?
年齢によって妊活期間は変わるの?
妊活で自然妊娠はできる?

など、さまざまな不安や悩みを持っている方もいます。

そこで今回は、妊活の平均期間と年齢による妊活期間が変化、不妊治療に移行する期間について触れていきます。

ただ、妊活のペースは人それぞれであり、他人と比べることでストレスを感じることこそ妊娠確率を下げてしまうことがあるため、焦りは禁物です。

妊活期間の平均と妊娠率の違い


妊活期間の平均は、何ヶ月なのか気になる方もいるでしょう。
20代と30代で妊娠率に違いはあるのでしょうか。

ここでは、妊活期間の平均と妊娠率の違いを見ていきたいと思います。

妊活期間平均

妊活期間が平均どのくらいかかっているのか、下のグラフで見ていきましょう。

妊活中・妊娠中・育児中の女性を対象として実施した、妊活期間に関するアンケート調査の回答結果をグラフにしたものです。

妊活期間

3ヶ月以内:28.8%
4ヶ月以上~6ヶ月以内:25.8%
7ヶ月以上~9ヶ月以内:10.1%
10ヶ月以上~12ヶ月以内:14.5%
1年以上~1年半以内:7.7%
1年半以上~2年以内:7.1%
2年以上:6.0%

妊活期間が半年以内が54.6%で全体の半数以上となっております。

1年以内が約80%で、この調査結果ではほとんどの人が1年以内で妊娠していることになります。

年齢や心と身体の状態など個人差がありますので目安と考えて、心配しすぎないようにしましょう。

20代と30代の妊娠率の違い

年齢別には妊娠率の違いはあるのでしょうか。
ここでは20代と30代の違いをみていきましょう。

日本産科婦人科学会によりますと、男性も女性も年齢とともに妊娠率が下がるとされています。

女性は30歳を超えると自然妊娠の可能性が少なくなります。
さらに35歳以降は、明らかに妊娠確率が下がるのです。

これは、年齢が上がることで子宮内膜症など合併症が多くなることや卵子の質が衰えてくることが影響しています。

男性の精子は35歳を超えるとじょじょに質が下がり、妊娠させる力が低下する原因になりえます。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分