妊娠周期ってなに?排卵日との関係は?出産予定日までの数え方まとめ

妊娠したり妊娠を考えるようになってはじめて、妊娠周期という言葉を聞いた女性もいるのではないでしょうか。

妊婦さんにとって、妊娠周期を知ることはとても大切です。

妊娠周期って何?
どうやって数えるの?
なぜ妊娠周期を知ることが大切なの?
どうしたら妊娠周期を簡単にわかるの?

などを、今回はお話しします。

妊娠周期と排卵日の関係や、出産予定期までの数え方もあわせてお伝えしていきます。

妊娠周期とはいつからいつまでの期間をいうの?

妊娠周期とは、「妊娠している期間」のことをいいます。

世界保健機関(WHO)によれば、妊娠周期に関して以下の定義があります。

  • 最終月経開始日を満0日として数える
  • 日数や週数を「満」で数える
  • 正常妊娠持続日数は280日とする
  • 28日を妊娠歴の1ヶ月と定め、妊娠持続を10ヶ月とする
  • 7日を1週と定め、妊娠持続を40週とする

それぞれ生理周期は個人差がありますが、最終月経開始日を「妊娠0週0日」とします。

そして、すべての妊婦さんが生理周期を28日周期と考えて計算していき、出産予定日は満280日目となる「妊娠40週0日」となるのです。

しかし、実際は出産予定日に必ず赤ちゃんが産まれるわけではありません。

そのため、この妊娠0週0日から出産するまでの間が、それぞれの妊婦さんの妊娠周期といえます。

参考文献:メディックメディア「病気がみえるvol.10産科第3版」P4、P6~14

妊娠周期の数え方

妊婦さんが外出していると、「今何ヶ月なの?」と聞かれることもあります。

しかし、妊娠周期は「妊娠●ヶ月」といった時期だけではなく、「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠末期(後期)」と週数によって期間が定められています。

 

期間 数え月(第〇ヶ月) 満妊娠週数
初期 1ヶ月 0週0日~3週6日
2ヶ月 4週0日~7週6日
3ヶ月 8週0日~11週6日
4ヶ月 12週0日~15週6日
中期 5ヶ月 16週0日~19週6日
6ヶ月 20週0日~23週6日
7ヶ月 24週0日~27週6日
末期(後期) 8ヶ月 28週0日~31週6日
9ヶ月 32週0日~35週6日
10ヶ月 36週0日~39週6日
11ヶ月 40週0日~

妊娠したかもしれない?と妊娠検査薬で調べて陽性反応がでて、初めて病院やクリニックを受
診するタイミングでは、早い人でも妊娠4~5週になっています。

最終月経開始日が「0週0日」なので、妊娠に気づいたころは数え月ではすでに「妊娠2ヶ月」になっているのです。

一般的につわりが落ち着き、胎盤が完成する妊娠16週以降を「安定期」といいます。

安定期はすでに妊娠周期では中期という区切りになります。

やっと安定期に入ったと思ったら、もう妊娠5ヶ月で妊娠の半分まできたとびっくりする妊婦さんもいるようです。

出産予定日、妊娠周期は途中で変わることがある?

妊娠したことがわかり、病院を受診すると一番初めに医師から聞かれる問診の中に、最終月経開始日があります。

基礎体温をつけていた方や、不妊治療後で医師が排卵日を正確に把握している場合は別ですが、ほとんどは最初の出産予定日をこの最終月経開始日から計算していきます。

しかし、胎児の成長とともに出産予定日が変更になる可能性も多くあります。

実際の排卵日と最終月経開始日には、それぞれ個人差があるからです。
すべての妊婦さんが同じ月経周期ではありません。

月経不順な女性が妊娠した場合は、妊娠週数と胎児の発育にズレがみられることもあります。

いつも月経周期が一定という女性でも、排卵日と月経開始日はその月によって少しずつズレているケースもみられます。

単純に最終月経開始日を間違って覚えていることも。

もし妊娠週数が途中で修正されたからといって、心配する必要はありません。


どうやって妊娠週数は修正されるの?

妊娠週数が変更される場合は、胎児の発育状態から判断します。

妊娠初期の胎児の大きさはそれほど個人差がないために、この大きさなら何週何日だろうと週数を計算できるのです。

妊娠初期の診察では、出産予定日が決定するまでに何度か、超音波検査で胎児の大きさを検査します。

出産予定日が決定するのは初回受診ではなく、だいたい妊娠8~9週ごろです。

出産予定日が変更になるということは、何週何日という妊娠週数も変わります。


アンケートに答える

出産経験はありますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...