妊娠したい!妊娠確率を上げるためにできることは?生理不順や子宮内膜症ならどうする?

結婚というイベントが終わって次に頭をよぎるのが、妊娠。

仕事や年齢、今後の家族計画などに合わせて赤ちゃんを授かれるのがベストですが、なかなか思い通りにはいかないものです。


妊娠するためにはどうしたらいいの?
どうやって妊娠確率を上げるの?
生理不順だけど妊娠できる?
子宮内膜症があって妊娠できるか心配…

など、妊娠を望んでいるけれど悩みを抱えている女性もいるでしょう。

今回はそれぞれに今すぐ実践してほしい、妊娠への近道を紹介します。

妊娠確率が上がる身体づくりの基本


どんな女性も妊娠する力を持っていますが、その力を最大限に引き出すための基本について説明していきます。

どんな悩みを持っている女性でも、これから紹介することは妊娠しやすい身体作りのベースとなるので、しっかりと心得ておきましょう。

自分の身体をよく知る

あなたの身体は妊娠する準備ができていますか?
いま一度確認してみましょう。

基礎体温表をつける

妊娠を望む女性の必須事項が、基礎体温を毎日はかり記録することです。

女性のホルモンバランスや月経周期などは非常に繊細なので、少しの異変でもわかるよう、習慣化することからはじめましょう。

日ごろから基礎体温を測っていれば、うれしい妊娠のサインにもいち早く気がつけるかもしれません。


排卵リズムを把握する

なにより重要なことは自分の排卵リズムを把握することです。

基礎体温を毎日はかることで、いつが排卵のタイミングなのかを予想できます。

妊娠するためには、排卵日に排出された卵子と精子が受精しなければなりません。

そのため、タイミング法ではこの排卵日にあわせることがなにより大切です。

基礎体温以外にも、産婦人科で検査してもらうこともできますし、排卵検査薬という市販のもので排卵リズムについてわかります。

生理がきていても、無排卵月経では妊娠できませんので、きちんと排卵リズムが整っているのか、毎月排卵が行われているのかを確認しましょう。


適正体重を知る

妊娠するのに適した体重があります。

痩せすぎていたり、逆に太りすぎていたりすると、生殖機能が劣ってしまうことも。

BMI値が18.5~25の、いわゆる標準体重が妊娠を目指すうえでも望ましい数値です。

以下でBMI値が求められるので、適正体重の範囲内でキープできるように心がけましょう。

身長、体重からBMI値を計算します。

身長と体重を入力し、「計算する!」ボタンを押すと自動でBMIが算出されます。

身長: cm

体重: Kg

あなたの身長と体重から割り出したBMI値

BMI値:

あなたの体重は
のようです

適正体重の範囲内にとどめることで、妊娠もしやすいですし出産時のさまざまなリスクも軽減できますよ。

生活習慣を見直そう

日ごろの生活習慣が、妊娠の妨げになっている可能性もあります。
思い当たる箇所があれば、改善していきましょう。

タバコやお酒の過剰摂取

たばこを吸うことによって健康被害があるのはもちろん、血液のめぐりが悪くなったり、ホルモンバランスの乱れによって生殖機能が低下する場合もあります。

これによって無排卵月経がおこったり生理不順になる可能性も。

またお酒に関しては、たしなむ程度であればさほど問題はありませんが、飲みすぎは排卵リズムの乱れにつながります。

また妊娠初期に気がつかずに過剰摂取してしまうと流産のおそれもあるため、妊娠希望中はアルコールも控えましょう。

バランスのとれた食事・質の高い睡眠

妊娠しやすい身体というのは、赤ちゃんをお腹の中でしっかり育てることのできる、超健康体でなければいけません。
食事と睡眠は妊娠しやすい身体づくりの基本中の基本です。

朝ご飯をスキップすることなく1日3食バランスのとれた食事をし、睡眠をしっかりととりましょう。

食事と睡眠をしっかりと見直すだけでも、生理不順やそのほかの妊娠を妨げる原因が改善することも期待できます。

適度な運動

適度な運動は妊娠しやすい身体をつくるためには必要不可欠です。

運動をすることで、肥満を防止したり、血流をよくして子宮の働きを向上したりとよいことばかりです。

また妊活を頑張る女性は、妊娠の天敵であるストレスをためやすく、悪循環におちいることこともありますが、運動することでストレスの解消にもつながります。

心と身体の健康のためにもストレッチやヨガなど適度な運動をおこなうようにしましょう。

妊娠しやすい身体をつくる

生活習慣のベースが整ったら、プラスαでより妊娠しやすい体質に近づきましょう。

身体を温める

もう常識だと思われるかもしれませんが、とても大切なことが身体をあたためることです。
体温が少しあがっただけでも妊娠率は格段に高くなります。

季節を問わず毎日湯船につかったり、身体を温める食材を食べるなど、身体を温めて冷やさないことを意識してください。
特に夏だからといって薄着でエアコンにあたっていたり、冷たい飲み物や食べ物で身体を冷やしてしまわぬよう注意が必要です。

葉酸を意識的にとる

葉酸は血液の循環をよくすることで、子宮の機能を向上します。
葉酸をしっかりとると、受精卵が着床しやすくなるという効果も期待できます。

せっかく受精したのに、着床しなかったということのないように葉酸を取りましょう。

ほうれん草や枝豆・モロヘイヤなど緑の野菜に多く含まれる葉酸を意識的にとることを心がけてください。

また、胎児の先天性異常を防止するために妊婦さんに推奨されている葉酸サプリは、妊娠初期に取るとこが重要とされています。

いつ妊娠したかは、なかなかわからないものです。
そのため妊活中から葉酸サプリを摂取することが大切です。

ここまでは妊娠しやすい身体をつくるための基本について紹介しました。
基本を踏まえたうえで、お悩み別に取り組むべきことを紹介していきます。

アンケートに答える

居住形態を教えてください。

読み込み中 ... 読み込み中 ...