胎児ドック(胎児超音波スクリーニング検査)の検査内容や費用まとめ

高齢妊娠が増えるにつれ、胎児ドック(胎児超音波スクリーニング検査)への関心や需要が高まっています。

胎児ドックでは、通常の妊婦健診では確認できない、赤ちゃんの染色体異常や形態異常を、詳しく調べられるのです。

ここでは、「胎児ドックを受けるべきか」悩んでいる方に向けて、検査の内容や費用について詳しくまとめてみました。

胎児ドック(胎児超音波スクリーニング検査)とは?


胎児超音波スクリーニング検査とは、お腹にいる赤ちゃんの状態をエコー(超音波診断装置)によって調べ、先天的な異常のリスクの高さを割り出す検査のこと。

先天性異常を確定する検査ではなく、あくまでも、先天性異常のリスクが高いかどうかを選別するための検査です。

胎児の状態について、詳細に検査することから、胎児ドックとも呼ばれます。

胎児ドックの対象者は?

胎児超音波スクリーニング検査は、すべての妊婦さんが受けなければならないものでは、ありません

妊婦さんや、妊婦さんの家族が希望した場合のみ、カウンセリングを受診したうえで行われる検査です。

妊娠健診とどう違うの?

妊婦さん全員が受ける妊婦健診でも、エコーでや胎児の状態をチェックします。

妊婦健診のエコー検査と、胎児超音波スクリーニング検査では、なにが違うのでしょうか?

妊婦健診におけるエコー検査では、胎児が生きているかどうか、羊水はあるのか、頭の大きさはどのくらいかといった点を主にチェックするだけで、先天性異常まではチェックできません。

胎児超音波スクリーニング検査は、染色体異常や先天性形態異常のリスクが高いかどうかをチェックする検査です。

胎児超音波スクリーニング検査をするには、特別な訓練を受けた人が、専門の機械を使う必要があります。

そのため、そのような人材と機械を備えている病院でしか、胎児超音波スクリーニング検査を受けることができません。

妊婦健診のように健診補助券のようなものはなく、健康保険対象外の検査であるため、料金は全額自己負担となります。

また検査の性質上、どのような異常が見つかる可能があるのか、もし異常が見つかったらどうするのか、といった問題を事前にカウンセリングする必要も出てきます。

リスクが高いといわれた場合の対処は?

胎児超音波スクリーニング検査は、あくまでもリスクの高さを判断する検査です。

胎児の異常を確定することはできませんし、すべての胎児の先天性異常が発見できるわけでもありません。

より正確な結果を得るために、母体から血液を採取して行う血清マーカー検査と組み合わせた検査を推奨する病院もあります。

確定診断のためには、羊水検査か絨毛検査が必要です。

胎児超音波スクリーニング検査で、リスクが低いという結果が出た場合においても、100%健康であるわけでありません。

胎児超音波スクリーニング検査を受けるかどうかの判断をする前に、これらのことを十分に踏まえておく必要があるでしょう。

胎児ドックの検査内容と費用


胎児ドックには、妊娠初期に受けるものと、妊娠中期に受けるものがあります。

両者は時期だけでなく、検査の目的や内容も異なるのです。

初期の胎児ドックは、染色体異常にリスクが高いかを診断するもの。

中期の胎児ドックは、胎児の目に見える形態異常がないかを確認するものとなります。

妊娠初期胎児ドック

妊娠初期の11〜13週頃に受けるのが、妊娠初期胎児ドックです。

染色体異常の確率を、診断する検査になります。

検査の目的

染色体異常のなかでもダウン症、13トリソミー、18トリソミーのリスクが高いかどうかを検査します。

検査の内容

超音波エコーを使って、マーカーと呼ばれるいくつかのサインをチェックすることで、染色体異常のリスクを計ります。

主な検査項目は以下の4つです。

  • NTと呼ばれる後頭部から首の後ろにかけての厚み(うなじの浮腫の厚みがどの程度か)
  • 尾骨形成不全(鼻の骨が正常に発育しているかどうか)
  • 三尖弁逆流(右心房から右心室への血流が逆流していないかどうか)
  • 静脈管逆流(へその緒から心臓までの血管において血液が逆流していないかどうか)

上記の項目を詳しく観察するためには、30分から1時間と、通常のエコー検診よりも時間がかかるのが通常です。

検査結果は通常、検査後すぐに説明されます。

妊娠中期胎児ドック

妊娠中期の18〜22週頃に受けるのが、妊娠中期胎児ドックです。

主に形態異常の確率を診断する検査になります。

検査の目的

妊娠中期になると、初期の頃には見られなかった内臓も確認できるようになります。

中期の胎児ドックの主な目的は、臓器を詳細に観察することで、心疾患・脊椎の異常・口唇口蓋裂など、目に見える形態異常があるかを確認することです。

形態異常の種類によっては、出産後すぐに治療が必要なものもあります。

検査によって赤ちゃんの異常があらかじめわかっていれば、分娩前に対応できる医療機関への転院など、治療体制を整えることができるのです。

検査の内容

中期のエコー検診では、主に目に見える身体の形態的な異常を観察します。

観察項目は、主に下記のとおりです。

  • 頭部(脳)
  • 顔面(鼻骨、口唇、眼球)
  • 心臓、胸部(肺、胸水)
  • 腹部(胃、肝臓、腎臓、腸、膀胱)
  • 背骨
  • 四肢(手足)
  • 臍帯(へその緒)

同時に羊水の量や、血流についても確認します。

また、中期の検査では、性別を確認することも可能です。

胎児ドックの費用

胎児ドックは自由診療のため、健康保険が適用されませんので、費用は全額自己負担となります。

金額の設定は、自由診療ですから各医療機関が任意で決めることができます。

そのため、病院によって料金にばらつきがありますが、一般的には2〜4万円のところが多いようです。

また、胎児ドックを受けるには、カウンセリングを受けることが条件になっている病院がほとんどで、その料金が別途請求される病院もあります。

カウンセリングがないというクリニックもあるかもしれませんが、胎児ドックを受けるなら、パパ・ママへのカウンセリングはかなり重要です。

そのため、カウンセリングがある施設で受けることをおすすめします。

胎児ドックの結果次第では、クアトロ検査や、母体血清マーカー検査・羊水検査・絨毛検査などの追加検査が必要になる場合もあります。

その場合は、追加検査の内容によって別途料金が発生します。

胎児ドックは受けるべき?


高齢出産や、流産経験のある妊婦さんにとって、赤ちゃんに先天性異常がないかどうか、心配になるのは当然のことかもしれません。

ただ胎児ドックを受けるべきかどうかは、慎重に判断すべきでしょう。

望まないような結果が出る可能性もあるので、どんな結果が出ても、受け止める覚悟は必要です。

知ってしまうことで、悩みが増えることもあります。

胎児ドックを受けるにしても、そのメリット、デメリットを十分に考慮した上で受けるようにしましょう。

メリット

胎児ドックを受けるメリットには次のようなことが考えられます。

  • 羊水検査や絨毛検査に比べるとリスクがなく、料金が安い
  • リスクが低いという結果を得られれば、安心してマタニティライフを送ることができる
  • リスクが高いという結果が出た場合でも、出産までに心構えをする時間がもてる
  • 赤ちゃんになんらかの病気が認められた場合、結果が出た場合、治療に必要な設備の整った病院への転院など、あらかじめ必要な受け入れ準備ができる

デメリット

胎児ドックを受けるデメリットもあります。

  • 羊水検査などに比べると料金は安いが、健康保険が適用されないので全額自己負担金額となり、2〜4万円かかることになる
  • リスクが高いという結果が出た場合、一般的な流れとして、羊水検査などの確定的検査を受けることになるが、その費用は胎児ドック以上に高額である
  • 望まない結果が出た時に夫婦間で意見が分かれることがある
  • 望まない結果が出た場合、妊婦に強いストレスがかかる
  • 専門の訓練を受けた医師や専用の機器が必要なため、受けられる病院が限られ、予約もなかなか取れない

カウンセリングがしっかりしている病院で

胎児ドックによって、お腹の中にいる時点でさまざまな胎児の異常が発見できるようになりました。

しかし、情報が多くなればなるほど、どう受け止めればいいのか判断が難しくなるものです。

胎児ドックは、本来。「胎児も一人の患者である」という観点から、妊娠中の胎児および母体の管理、および出生後必要なサポートができる体制づくりを目的に行われるもの。

胎児ドックを受けるかどうかは、妊婦さんだけでなく、ご主人やご家族とも十分に話し合って決めることが大切です。

また、結果によっては、その後の対応を考える必要も出てきます。
胎児ドックを受けるのであれば、事前や事後の説明が丁寧で、カウンセリングサポートが充実した医療機関を選びましょう。