【葉酸とアレルギー】アレルギー体質のママに葉酸は大丈夫?胎児への影響は?

妊娠中、おなかにいる赤ちゃんのことを考えて、「葉酸サプリを試してみようかな?」と思っている妊婦さんは多いのではないでしょうか。

ただ、葉酸サプリを飲んだことでアレルギーを引き起こさないか、赤ちゃんの副作用などは大丈夫か…妊娠中はいつもより慎重になると思います。

今回は、葉酸とアレルギーについて詳しく解説していきます。

葉酸をとってアレルギーが出ることはある?

葉酸自体にアレルギー性はほとんどないので、心配する必要はありません。

ただ、葉酸サプリにアレルギー性があればアレルギーが出るかもしれません。
葉酸サプリには葉酸以外にも、さまざまな成分が含まれているからです。

葉酸サプリでアレルギーを引き起こしてしまうとしたら、添加物や葉酸サプリの飲みすぎに原因があります。
それぞれ詳しくみていきましょう。

食品添加物

サプリメントを飲む際、注意しなければならないのが食品添加物です。

葉酸自体にアレルギー反応がでるのではなく、添加物に対してアレルギーが起こってしまう可能性もあります。

アレルギーのリスクを減らすためにも、できるだけ無添加の商品を選びたいですね。

詳しくチェック!

過剰摂取

なんでもバランスが大事で、偏った摂取はよくありません。
葉酸サプリを飲みすぎると、アレルギー症状が出てしまうこともあります。

葉酸サプリの過剰摂取は、先ほど説明した食品添加物の摂り過ぎにもつながります。

飲むのを忘れていたとしても、まとめて飲むのはやめましょう。
過剰摂取の癖がつきますし、なにより1日に摂るべき葉酸は1,000㎍までと上限量が決められています。

厚生労働省では、普段の食事に加えて1日400㎍の葉酸をサプリから摂るよう勧めています。

飲みすぎないよう、正しい飲み方を心がけてください。

その他、過剰摂取が心配な栄養素:ビタミンA

過剰摂取を控えたほうがいい栄養素として、他にビタミンAがあります。
ビタミンAは、脂溶性ビタミンといって、体内に蓄えられる性質をもつので、過剰摂取につながりやすいといわれています。

厚生労働省では、1日3000㎍以上ビタミンAを過剰摂取した場合、胎児の健康面で危険性が高くなるといわれています。

ただ、ビタミンAは赤ちゃんの細胞分裂を助けるので、赤ちゃんの成長に欠かせません。
そのため、過剰摂取も不足もどちらもよくありません。

過剰摂取にならないよう、葉酸サプリを飲むならビタミンAに配慮されているサプリを選びましょう。

葉酸サプリを飲んでも、赤ちゃんに悪影響はない?

葉酸はビタミンB群の一種で、妊娠中(とくに妊娠初期)は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減するために重要な栄養素です。
妊娠中期・後期にかけても、造血作用のある葉酸は、鉄とともに妊婦さんの貧血防止に役立ちます。

積極的に摂っていきたい栄養素である葉酸ですが、食品から摂れる葉酸は体内への吸収率が悪いので、とくにつわりでつらい妊婦さんはなかなか食べられないかもしれません。
葉酸サプリに頼ろうと思っても、「赤ちゃんにとって悪い影響はないかな?」と不安になることもあるかと思います。

子どもがアレルギー体質や喘息になる?

葉酸サプリを飲んで、子どもがアレルギー体質や喘息になることはあるのでしょうか?
だとしたら、葉酸サプリの利用はやめたいですよね…。

葉酸サプリにもさまざまありますが、石油が使用された化学合成の葉酸サプリは注意が必要です。
石油が使用された化学合成の葉酸サプリは、安物のサプリに多いです。
お手軽ですが赤ちゃんがアレルギー体質になる可能性が高くなるといわれています。

毎日赤ちゃんのために飲むものなので、少し高価でも信頼できる商品を選びましょう。

また、妊娠後期に葉酸を飲みすぎると子どもが喘息になるというオーストラリアの研究結果がでています。

飲みすぎる、というのは1日上限の1,000㎍以上を摂取した場合。
赤ちゃんが喘息になるリスクを軽減するために、上限量はしっかり守るようにしましょう。

詳しくチェック!

続いて、アレルギー体質の妊婦さんは葉酸サプリを飲んでも大丈夫かどうか、みていきましょう。