「妊活に疲れた…」そんなとき試したい3つの解決方法

妊活をしていると、さまざまなことに気をつけている方もいるのではないでしょうか。


定期的に病院の検診や検査に通い、先生の話を一生懸命聞くこと。
毎月生理周期を計算し、排卵日に向けてコンディションを整えること。

毎日基礎体温をつけ、高温期はドキドキしながら過ごすことも。
身体の冷えは子宮によくないからと、服装にも気をつける…。

そんな妊活に、いつしか心も身体も疲れを覚えてしまう経験はありませんか。


常に妊娠のことが頭の片隅から離れない。
自然妊娠がうまくいかないと、体外受精人工授精になることを想像して心配になってしまう。
このまま妊娠ができなかったら、旦那との結婚生活はどうなるの?

疲れてしまうと、妊活に前向きになれなかったり、将来の不安でいっぱいになる女性も多くいます。

そこで今回は、妊活や不妊治療に疲れてしまったとにき、試してほしい解決方法を3つに絞って紹介します。

あなたの妊活ペースに合わせて、取り入れてみてください。

(1)妊活中に生理が来たら、今しかできないことをする


「生理が来た日=リセット日」は、妊活中の女性にとっては悲しくつらい日と感じる方も多いでしょう。

しかし、逆の発想をしてみましょう。
この日を「妊娠中にはできないことをする日」とし、次の一歩を踏み出せるための時間にするのです。

まず、泣きたいときは思いっきり泣こう

泣くと「セロトニン」という物質が出てきます。
この物質は幸せ物質とも言われて、ストレスホルモンを抑える効果があります。

リセット日は、悲しい気持ちにうそをつかずに思いっきり泣いてみましましょう。

泣くと緊張状態の交感神経からリラックスした状態の副交感神経にスウィッチが切り替わります。

そしてリラックスして深く眠れるので、ストレスも減ります。

食べたいもの、飲みたいものを我慢しない

たとえば、お酒を普段は妊娠のために控えていたなら、この日は飲んでもいい日としてみましょう。
妊娠中にはできない夫婦で晩酌するのもおすすめです。

「お互いによくがんばったね」「次またトライしようね」など、いたわりの気持ちで一緒に食事の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

普段は気をつけている食生活も、この日は好きな食べ物や飲み物で心にも栄養を送りましょう。

しっかりと落ち込み「思いっきり自分を甘やかしていい日」にすると、次の日からのまた新たな一歩を踏み出せます。

いつも栄養満点の食事の準備につかれてしまった…そんな人は、サプリメントを活用するのもおすすめです。


自分のためにお金を使う

しっかり落ち込んで気分を落ち着かせたなら、テンションを上げるために自分にご褒美として、欲しかったものをプレゼントする日にしてみましょう。

どこか旅行に行って温泉のお湯にゆったりつかるのもおすすめです。
旅先でゆっくりと心と身体をリラックスさせましょう。

マッサージやエステに行ったり、欲しかったアクセサリーを買うなど、自分のためにお金を使う自由な日、と思考を転換して過ごすと気持ちも楽になります。