排卵検査薬が陽性になるのは?妊娠に最適なタイミングはいつ?

妊娠したいと願う多くの女性がお世話になる排卵検査薬は、タイミング法による妊娠には必要不可欠です。

排卵検査薬の結果はどう見るの?
いつ陽性になるの?
なぜ陽性にならないの?
妊娠しやすいタイミングがわかる?

など、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

排卵検査薬の使い方は簡単で正確性も高いものなのですが、いざ使ってみるとわからないことがでてくるもの。

今回は、多くの人が疑問に思う排卵検査薬の結果をどうみたらよいのか、性行為のタイミングなどについて紹介します。

排卵検査薬とは

まずは排卵検査薬の仕組みを知っておくことも大切でしょう。

排卵が近くなると「LH(黄体形成ホルモン)」というホルモンが急激に体内で分泌されるLHサージという現象が起こります。

排卵検査薬は、尿内に含まれるLHホルモンに反応するようにできており、ある一定以上のLHホルモンを検知すると陽性反応がでます。

判定ラインに陽性反応が出始めると、その2日以内に排卵が起こるので排卵日を予測できるのです。

勘違いしやすいですが、陽性反応がでたときに排卵しているわけではありません

さまざまな種類の排卵検査薬

排卵検査薬は、海外製から日本製まで、また検知できるLHホルモン濃度も違うタイプがあり、種類はさまざまです。

値段も幅があり、海外製であれば1本あたり50円程度と比較的安価です。

日本製の排卵検査薬は1本あたり300円~500円と、海外製品に比べれば高めの価格設定です。

精度は海外製でも変わりません。

しかし初めて排卵検査薬を使用する人は説明書が日本語で書かれているので、失敗を防ぐためにも日本製からスタートすることをおすすめします

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分