【漢方薬剤師が教える】妊娠を阻む子宮内膜症の漢方ケア

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

健全な妊娠を阻むひとつの要素となる「子宮内膜症」。

今回はこの疾患について、漢方でのケアを主題として話していきます。

子宮内膜症とは


本来、子宮内膜は子宮内腔(しきゅうないくう)というところにあります。

しかしこれが子宮以外のさまざまな場所にできてしまうのが、「子宮内膜症」という病気です。

発生の原因については、未だ確たるものがありません。

生まれつきのケースもあれば、生理の際に正常に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が何らかの原因で卵巣や腹部の臓器に付着して増える、という説もあります。

子宮内膜は体内のどこにあっても、生理の時期になると剥がれて出血を起こします。

子宮外にある場合は体内に血液や子宮内膜が排出できずに溜まってしまうことで、激痛や嚢胞などの原因になることもあるため、非常に厄介です。

また、これが正常な妊娠を阻む原因になることも広く知られています。

私の感覚ではご相談に見える方でも、特に20代後半から30代半ばくらいの方に多くみられます。


漢方での捉え方


症状として多くの方がつらいと感じるのは、強い生理痛です。

子宮内膜症は年を重ねるたびに女性ホルモンの量に応じて症状も強くなる傾向があるために、次第に痛みが増すという厄介なものです。

この子宮内膜症、漢方では身体の中の「肝(かん)」と「腎(じん)」という深い関わりがあります。

まず「肝」という部位は体のエネルギーである「気」と血液である「血(けつ)」の流れのバランス調整をおこなう働きを持っています。

ストレスなどでこの肝の機能は低下してしまい、「気滞(きたい)」という詰まりが発生してしまいます。

これが子宮外で内膜が増殖するような異常として起こると漢方の考えがあり、この「気滞」が血液の流れそのものを悪くしてしまう「瘀血(おけつ)」という病態を呼び込むことで、さらに症状を悪化させます。

また、「腎」という部位は、免疫やホルモン分泌などの生殖機能に大きく関与しています。

この腎の働きが悪くなりますと本来の子宮内膜の働きに異常が出たり、別の部位で増殖を起こすとされています。

漢方の治療方針としては、この「肝」と「腎」のケアが必要です。