【専門家が教える】東洋医学的な赤ちゃんの4タイプ怖がりな「腎(じん)」

色々な赤ちゃんを見ていると、好奇心旺盛な子もいれば怖がりの子、胃腸の弱い子もいれば、風邪をひきやすいタイプの子…いろんな子がいますよね。

東洋医学では赤ちゃんを4つのタイプ、「肝(かん)脾(ひ)肺(はい)腎(じん)」に分けて赤ちゃんの状態をとらえています。

タイプ別に赤ちゃんの気質や特徴に応じた、ケア方法やベビーマッサージなどがあります。

ご自分のお子さんがどのタイプかがわかると、効果的に赤ちゃんへのケアをおこなえるようになりますよ。

今回は、怖がりな「腎(じん)タイプ」の赤ちゃんについてお伝えしていきます。

腎(じん)タイプの赤ちゃんとは?


腎(じん)タイプの赤ちゃんは、以下のような特徴がみられます。

腎(じん)タイプの気質

  • 人一倍怖がりなところがある
  • ちょっとしたことにも驚きやすい
  • 気になることがあっても、もじもじと自分の感情を表現するのが苦手
  • 表情がこわばりやすく、目線をそらしやすい
  • 環境の変化に慣れるのに時間がかかる
  • 部屋の隅など奥に隠れて周りを観察し、ひとりで遊ぶのが好き

腎(じん)タイプのからだの特徴

  • 背中や腰まわりにうぶ毛が多いところもある
  • 耳がやや小さめ、耳のトラブルが多い(中耳炎など)
  • お腹が冷えやすく、お腹がやわらかい
  • 皮膚はやや色黒気味でやわらかい
  • 手の平や足の裏に汗をかきやすい
  • おむつが取れるのに時間がかかる
  • 出産時のトラブルなどの影響で持病がある

腎のタイプの赤ちゃんは、もともと持っている「気」が少ない子どもが多く、「虚弱体質」な赤ちゃんです。

赤ちゃんの「気」については、こちらのコラムに記載していますのでご参照ください。

東洋医学では「気」を補ってくれるのは、「食事・睡眠・呼吸」そして「ベビーマッサージ」です。

腎タイプの赤ちゃんはより意識して、生活習慣を規則正しく整えること、そしてベビーマッサージでたくさんふれあい、ママの手を通して「気」をたくさん補ってあげることで、ぐんぐんからだは変化して、強い丈夫なからだに変わっていきます。

腎タイプおすすめベビーマッサージはこちら

アンケートに答える

【3~5歳未満のお子様がいる方限定】お子様のものを購入するとき、一番お金をつかってしまうものは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...