【ベビーサイン協会が教える】赤ちゃんができるようになったベビーサイン(動物・ペット編)

赤ちゃん達はいったいどのような、ベビーサインを使ってくれるようになるんでしょうか?

ベビーサインのお教室に通ってくださった方を対象に、「赤ちゃん達が実際に使ってくれるようになったベビーサイン」という調査を実施しました。

今回はその結果から、「動物・ペット」というカテゴリーでランキングを見てみましょう。

動物・ペットのサインが育児の役にたつ?


ランキングの発表の前に、「そもそも、赤ちゃんたちに動物やペットのベビーサインを教える必要があるの?」という声が聞こえてきそうなので、ちょっとお話をいたします。

おしゃべりをできない赤ちゃんたちが、周りの大人に気持ちや考えを伝えられるのがベビーサインです。

赤ちゃんたちは、「おなかすいた」「眠たい」「飲みたい」など基本的な欲求を伝えるためだけにベビーサインを必要としているわけではありません。

育児をするママやパパからみると、そういった育児を楽にしたり、育児の役に立つベビーサインばかりが大切と思ってしまいがちです。

しかし赤ちゃんたちの目線に立ってみると、伝えたいことは他にもたくさんあります。

赤ちゃんたちは自分のまわりにある物には名前がついている、という事を話し言葉やベビーサインで学習していきます。

その過程で、動物やペットたちも、赤ちゃんたちが興味関心を持ち、あれなんだろう?と思う大切な対象です。

そこに、育児に役に立つか立たないかという議論は必要ありません。

単純に赤ちゃんの知りたい、伝えたいという欲求にこたえてあげるために、それらのベビーサインをぜひ教えてあげてください。

赤ちゃん達は、動物やペットのベビーサインが使えるようになると、

「あっ、ワンワンいるね」
「ぞうさんみつけたよ」

という単純なコミュニケーション以外にも、

「あの人、ゴリラみたいだよ」

と生き物の特徴をとらえて「似ているね」という高度な観察力を発揮してベビーサインを使うことも可能になります。

そんな発見には親子の笑顔がいつも生まれるんですね。
ぜひ、ランキングを参考にしてベビーサインを取り入れてみてくださいね。

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...