妊活するなら排卵日前?成功率をあげるタイミングは?

妊活にはタイミングが大切だというけれど、いつがよいタイミングなのかどうやってわかるのでしょうか。


どのタイミングで子作りをすればいいの?
正しい妊活の知識って?
排卵日はいつなの?
妊活の成功率を高くする方法は?

など、妊活についてわからないことで悩んでいる方もいます。

そこで、今回は排卵のタイミングと仕組み、妊娠しやすい時期についてひもといていきます。
また、生理不順の原因と対処法についてもお伝えします。

正しい妊活のタイミングを知り、それを夫婦で共有しながらリラックスした妊活に励んでください。

妊娠しやすいタイミングはいつ?


妊娠しやすいタイミングとはいつなのでしょうか。

今は、インターネット上でいろいろな知識を得られますが、妊娠のタイミングは排卵日や生理の1週間前など、中には間違った情報もみられます。

ここでは、正しい排卵日と妊娠しやすいタイミングの関係について解説します。

排卵日はいつ?

妊活をするにあたって大事なことは、排卵日を知ることです。

一般的には、排卵の周期は28日前後です。
仮に28日周期の場合は、次回月経予定日の14日前が排卵日となっています。

排卵してから、卵子の寿命は24時間ほどです。
しかし、受精可能期間はその中の6~8時間程度だといわれています。

このタイミングで精子が卵子と受精し、受精卵にならなければなりません。

そう考えると、あまりチャンスは多くないですよね。

正確な排卵日を知ることが妊活成功への第1歩であるといえるでしょう。

妊娠しやすいタイミング

排卵日についてお教えしてきましたが、次に妊娠しやすいタイミングについてお教えしていきたいと思います。

精子は射精後数時間から受精可能な状態になり、その後、約2~3日は受精可能な状態です。
それに対し、卵子は、2受精可能期間が6~8時間と短めです。

より妊娠する確率を高めるには、排卵をする前の女性の身体に精子を待機させておきます。
確実に精子と卵子が、受精可能なタイミングで出会うことが必要です。

そのため排卵日の数時間前(1~2日前)に子作り(セックス)をしてみると、より卵子と精子が出会う可能性は高まるはずです。

排卵日に近い日で妊活をした場合は、20%の妊娠確率といわれています。

ただ、年齢を重ねるにつれ、確率は落ちていってしまいます。
タイミングをよく理解し、夫婦で妊活に励んでください。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分