妊娠中のヘアカラーやパーマをしても大丈夫?美容室での注意点は?

10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中に、美容室にまったく行かない妊婦は少数のようです。
ということは、多くの妊婦は美容室に行っています。

しかし、カラーやパーマをしたくても、お腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫なのかを気にする方は多いようです。

そこで、妊娠中に美容院に行くことで、ママやお腹の赤ちゃんの受ける影響や、美容院に行く際の注意点をまとめました。
妊娠中に美容院に行こうか考え中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中にヘアカラーやパーマをしても胎児への影響はない


「ヘアカラー・パーマ液が髪の毛や皮膚に付くとその成分がへその緒を通り、お腹の赤ちゃんに影響が出る」といった話はデマです。
ヘアカラー・パーマがお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすという研究結果は出ておらず、医学的根拠は確認されていません。

妊娠中どの時期でも、カラーやパーマをしても大丈夫なことになっています。
縮毛矯正も胎児への影響はありません。

どうしても胎児への影響がないか心配な場合は、かかりつけの産婦人科医に、美容室や市販のヘアカラー、パーマ液を使用して問題はないか質問してみましょう。

皮ふが敏感になる可能性がある

お腹の赤ちゃんに直接的な影響はないとはいえ、注意点はあります。

妊娠中はホルモンバランスの変化により肌が敏感になりやすいようです。
妊娠前は、薬液でかぶれることはなかった人でも、敏感になったことで肌がかぶれてしまうことも。

薬液が頭皮に直接付くことが不安な人は美容師に相談すると、頭皮に付かないように少し離して薬液を髪の毛に塗ってくれます。

美容室でカラーリングをしてもらうときには、カラー液が皮膚に付くことで染みないかなど事前に確認をしてもらいましょう。
妊娠中の自分にあったヘアカラー・パーマ液を検討することも可能です。

また、つわりにより匂いに敏感になり、妊娠前には平気だった薬剤のにおいを受け付けない人もいるようです。

自分で市販のヘアカラー剤を使う場合

自分で市販のヘアカラー剤で髪の毛を染める場合は、説明書をよく読み、アレルギーチェックやパッチテストを行いましょう。

薬液が手かないように、手袋をつけることは肌を守るために大切です。

カラーリングが終わったら、頭皮に薬液の洗い残しのないようにしっかりとすすぎましょう。

美容室で注意したいこと


お腹の赤ちゃんに影響がないことがわかったら、その他に注意することはないのでしょうか?
考えていきましょう。

長時間、同じ体勢になる

カットのみなら1時間ほどで終わる美容室でも、ヘアカラーやパーマとなると時間が2時間
から3時間ほどかかります。

妊娠後期になるとおなかの大きさから、シャンプー台に乗ることが苦しく感じる妊婦も多いです。
美容師に妊娠中であることを事前に伝えておき、体調に十分注意して無理のないようにしましょう。

また、大丈夫と思っていても、いざシャンプー台に乗り長い時間仰向けになっていると苦しくなってくることもあります。
長時間座っていることで、腰が痛くなったりお腹が張ってくる場合もあります。

小まめに姿勢を変えるようにすると、体調不良を避けることができます。
あらかじめ美容師に妊娠していることを伝えておくと、その都度無理のない姿勢ではないか配慮してくれることもあります。

お店によっては、お腹や腰の負担にならないようにクッションの貸し出しもしてくれるかもしれません。
具合が悪くなったり、体調の変化を感じた時にはすぐに美容師に伝えましょう。

予約時に妊娠中と伝えておく

妊婦ということを美容院に伝えておくと、待ち時間を短くするように配慮してくれる美容室もあるようです。

また、予約をするときに、比較的空いている日にちと時間帯をお店に確認し、混雑していない時間帯を予約するとよいでしょう。
スムーズな施術を受けることができ、時間を短縮できる可能性があります。

早めに家を出る

美容室へ行く際には、予約時間ぎりぎりに行動すると体調が悪くなったときに、休む間もなく急いで行くことになるかもしれません。
そうならないために、休憩時間も含めたいつもよりもゆとりある時間をもって行動するようにしましょう。

電車やバスなどの乗り物を利用する際にも、混雑している通勤の時間帯を避け、空いていると思われる時間を選びましょう。

体調不良のときは予約変更を

予約していても、当日に寝不足だったり、体調があまりよくないと感じられる日は、別の日に変更しましょう。

妊娠中はホルモンバランスの変化から、マイナートラブルが増えたと訴える妊婦が多く、体調に関しては予測できない事態になります。

いつもは、大丈夫だったことも、大丈夫ではなくなるケースがあります。
無理をせず、美容室に行く日にちを見送ることも判断のひとつです。

トイレを我慢しない

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが膀胱を圧迫することから頻繁にトイレが近くなる人が多くなります。

無理は禁物ですので、遠慮なく美容師に伝えてトイレに行くようにしましょう。