妊娠中に飲むと危険な薬を知っておこう!

妊娠中というのは、胎児のことを考えてさまざまなことを控えるように言われます。

タバコやお酒はもちろん、食べ物でも摂取しないほうがよいというものがあったりと、思っている以上にたくさんセーブされることがあります。

妊娠中に食べてはいけないもの
妊娠中のカフェイン
妊娠中の飲酒
妊娠中のタバコ

ここではについてみていきましょう。
体調が悪いとき、熱っぽいとき、どこかが痛むときに市販薬を飲みたいと思いがちですが、
食べ物よりもさらに薬の方が赤ちゃんへの影響が大きそうです。

妊娠中に飲むと危険な薬というのは、どれくらいあるのでしょうか?

妊娠中に薬を服用するリスク

てのひらにのった錠剤
薬のリスクについてはインターネット上にはさまざまな情報があります。

医師によっても見解が違っていたりネットにはデタラメな情報があったりと、なかなか難しい問題です。

市販されている薬には「妊娠中禁忌」「妊娠中は服用前に医師に相談を」などと書かれている薬をよく目にします。

このような注意書きが書かれていても「胎児に影響を与えるとされる薬はほとんどありません」というサイト(医師監修サイト)もあれば「妊婦の服用は危険なので医師に相談するように」と書かれているところもあります。

薬を販売する側からすると「妊娠中禁忌」や「妊娠中は服用前に医師に相談を」と記載する事で、妊婦さんが使用して万が一なんらかの影響が出たときのトラブルを避けるためにあえて書いているのも事実です。

そんな中で妊婦さんが一番に考えてほしいのは、リスクを避けるためにはどうしたらよいでしょうか?

それは自己判断で薬を飲まないことです。

リスクがほとんど無いなら飲んでもよいという考え方は捨て、お腹の子の為に減らす事の出来るリスクがあるのならリスクを減らす事に努めるべきだと思います。

妊娠中禁忌の薬って?

白い錠剤
とくによく使われる薬のなかで「妊娠中禁忌」とされているものをご紹介していきます。

  • ロキソプロフェン(ロキソニン)
  • ジクロフェナク(ボルタレン)
  • インドメタシン(インダシン)
  • イブプロフェン(ブルフェン)
  • アセチルサリチル酸(アスピリン)
  • フェルビナク

解熱剤や痛み止めとして市販薬でもよく見かけるタイプの薬です。

これらは、NSAIDs(エヌセイズ・非ステロイド消炎物質)と呼ばれるグループの薬です。
服用すると胎児の動脈管が収縮し、胎児循環持続症が発症する危険性が指摘されているため避けるべき薬とされています。

センノシド(プルゼニドやセンナ、アジャストA、センナ茶など)

便通をよくするために使われる薬、またはよく市販されているお茶のセンナです。

大腸を刺激して便通を良くするのですが、その効き目が強いために子宮の収縮を引き起こしてしまう可能性があるため、妊娠中は原則禁忌とされています。

慢性的な便秘であるなどの場合は妊娠中でも少量を処方されることもあるようです。

マジンドール(サノレックス)

食欲抑制薬として使われています。
肥満症の方に処方される薬なのですが、動物実験では母親にマジンドールを与えることによって胎児にも毒性があらわれるということが判明しました。

ビタミンA(チョコラAやサプリメントなど)

脂に溶けやすい特徴を持っているビタミンですが、ビタミンAの摂り過ぎによって水頭症や口蓋裂などの胎児奇形が起こる危険性があります。

ビタミンAの欠乏症としては単眼症などの胎児奇形が起こる可能性があるとも言われています。

ビタミンAが多く含まれている食品はとても多いので、サプリメントを摂るときには過剰摂取にならないように注意が必要です。

ホルモン剤(エストロゲン、シクロフェニル、クロミフェン、メチルテストステロンなど)

男性ホルモン剤のメチルテストステロンやダナゾールは、女の子の赤ちゃんの場合には性器の男性化を引き起こす可能性があります。

また経鼻ホルモン剤のスプレキュア(ブセレリン)などは、流産の危険性があるため使ってはいけないと言われています。

ワルファリン(ワーファリン、ワルファリンKなど)

抗凝固薬のひとつで、血栓症予防のために処方される薬です。

繰り返し流産が起こる習慣性流産の原因のひとつとして「抗リン脂質抗体症候群」があります。

お母さんの血液が胎盤でかたまり、赤ちゃんに酸素や栄養が送られなくなってしまうものです。

妊娠を望む場合にはワルファリンではなく、出産時まで低用量のアスピリンやヘパリンなどに変更しなくてはなりません。

そのほか服用してはいけない薬

  • 糖尿病用剤
  • グリクラジド・アセトヘキサミド・レパグリニド・メトホルミン

  • アレルギー用剤
  • オキサトミド・トラニラスト

またてんかんなどの持病を持っているという人は、妊娠中においても治療をして発作の予防しなくてはなりません。

てんかんの治療薬は、妊娠中禁忌となっているものもありますが、医師とよくよく相談して種類を変えたり量を減らすなどの対応をしていきます。

服薬は禁忌とはされていても、「治療で必要であれば投与する」というのが一般的なようです。

妊娠中、薬についての心配・相談は?

医療アイテム
厚生労働省の取り組みのひとつとして、「妊娠と薬情報センター」があります。

妊娠中のお薬について相談できるというものです。相談できる内容は以下のようになっています。

  • 持病でお薬を飲んでいるが、妊娠しても赤ちゃんに影響はないか、のご相談
  • 妊娠していることを知らずに、お薬を飲んでしまった場合のご相談

妊娠と薬情報センター

もちろん、かかりつけの産婦人科で薬について尋ねるのもいいのですが、こういった機関があるということを知っておくと心強いですね。

自己判断による服用は絶対にダメ

コップで水を飲む女性
妊娠中は自己判断で市販薬を購入して服用せずに、医師の判断に任せましょう。

体調不良や体の事で気になる事があれば、必ず医師に相談してください。

まだ妊娠がわかっていないときにうっかり薬を飲んでしまうケースは、よくあります。

その場合も一度医師に相談するようにしましょう。

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

よく利用するSNSは何ですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...