妊娠中、パパに浮気をさせないために・・・


妊娠中に浮気するパパの心理とは?

「妊娠中にパパが浮気をした」「パパが頻繁にキャバクラ(風俗)通いをしていた」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

スキンシップ不足

妊娠中はどうしてもママとパパのスキンシップが不足してしまうために、中には浮気をしてしまうという男性がいらっしゃいます。

ママが命がけで妊娠・出産に挑んでいるときに、パパが浮気するとどうしても許せなくなってしまい、産後早々に離婚してしまうなんて方もいらっしゃいます。

妊娠中に、スキンシップが減ってしまうのはママ自身の体調や気分が優れないことが多いためです。

10ヶ月もの間スキンシップを拒否されていると、男性としては少し寂しくなってしまうのかもしれません。

寂しい気持ちが分からないとはいいませんが、命をかけてわが子を産み育てる女性としては、浮気は許せないですよね。

この時期は「ママと夜の仲良しが出来ないから」という言い訳を武器に浮気する男性が多いのも事実ではあります。

もちろん全員がそうというわけではなく、パパになるための喜びを一緒に分かち合い、パパになるために育児本を読むことに専念しているという男性も多くいます。

幸せな生活がずっと続くように、日々の生活を見直し、妊娠中にパパに浮気をさせないためにはどうしたらよいのか考えてみましょう。

パパが浮気したくなる原因とは?

パパ達が浮気したくなる環境とは、以下のような状況が多いようです。

  • ママからの冷たい態度や話し方
  • ママからの八つ当たり
  • 家の居心地が悪くなる
  • スキンシップの拒絶

「パパの浮気=性欲」だと考えている方が多いかもしれませんが、心が満たされていないパパも浮気に走ってしまうことがあると知っておきましょう。

家庭環境

家庭内でパパが粗雑に扱われている場合、例えば、たまにパパよりもペットの愛犬のほうが立場が上というご家庭があったりしますよね。

何をするにもパパが最後で、家族の中で1番立場の弱いポジションにいるという男性は、心が寂しくなります。

外の世界(職場)などで女性に優しくされると、その女性のことが気になってしまい、浮気をしてしまうという方が多いです。

また、妊娠中の女性はイライラしやすくなってしまいます。

1番の理解者であるパパには言いたいことを言いやすかったり、八つ当たりしやすいものです。

毎日仕事から疲れて帰ってきて、家でママにガミガミと言われたり、八つ当たりされるような生活が続いてしまうと、家に居場所が無くなってしまい外でハメを外してしまうことがあります。

女性だって、旦那さんが全然話に興味を持ってくれなかったり、冷たくあしらわれる時間が長くなるほど心が寂しくなってしまう気がしますよね。

もちろん、性欲が強くて結婚前からパパに浮気癖があったという方もいます。

そのような性格か、そうでないかは結婚したママ自身が1番分かっているでしょう。

浮気癖もなくかまってほしがりのパパであれば、愛情不足で心が満たされていない、というパターンの浮気が考えられます。

体の浮気よりも心が動く浮気をされる方が嫌だという女性は多くいるものです。

体も心も浮気させないためには、どのような対策をとっていけばいいのでしょうか?

こちらの記事もあわせてチェック!

パパの浮気を予防するためには?

パパの浮気を防止するために「オキシトシン」というホルモンが重要であるといわれています。

「オキシトシン」とは、今から出産するママ達には切っても切れないほど身近なホルモンです。

「オキシトシン」は女性ホルモンのひとつで、授乳するときなどに多く分泌されるために授乳ホルモン・愛情ホルモンとも呼ばれています。

なぜ、浮気にはオキシトシンが効くの?

オキシトシンが男性に与える影響についてドイツのボン大学で研究が行われました。

愛し合っているパートナーがいる男性の鼻孔にオキシトシンが含まれたスプレーを吹きかけ、魅力的な女性が近づいてきたらどのような対応を見せるかという実験です。

実験を行ってみると、愛し合っているパートナーがいる男性にオキシトシンスプレーをかけると、魅力的な女性が近づいても距離をとることが分かったそうです。

オキシトシンの効果で「僕には愛しているパートナーがいる!」という情報が脳内で働き、浮気にブレーキをかけるということが実証されています。

オキシトシンのスプレーなんて持っていない方でも、大丈夫です!

オキシトシンは簡単に分泌させられるんですよ。

オキシトシンはどうやって分泌させればいいの?

オキシトシンは、「愛情ホルモン」と呼ばれています。

その名のとおり、男性が愛情を感じるような行動ひとつで分泌させることができるんです。

その方法とは、「スキンシップ」です。

日ごろから手をつないだり、ハグをしたりという習慣があるご家庭の男性は、オキシトシンが安定して分泌されているので浮気をしにくいといわれています。

実際に、浮気性の男性のオキシトシンの数値を量ってみると、極端に分泌量が少ないということが分かっています。

妊娠中は怖くて、夜の仲良しは出来ないという方でも、手を握ったり、ハグはできますよね。

日ごろから感謝の気持ちを伝え、スキンシップを行うことで、お互いを思いやれるいい関係を築いていけるのです。

人生における大きな幸せの1ページである出産

素敵な思い出に「浮気」や「不倫」という最悪なオマケはいりませんよね。

家庭を大切にしてくれる旦那さんに出来るのはママだけです。

つわりや、マイナートラブルなどで「それどころではない!」と正直思うかもしれませんが、パパに寂しい思いをさせないようにしましょう。

人生で最も大切な時期に浮気されてしまわないように、パパに「愛されている」という実感を与えて安心させてあげてくださいね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

         

【2018年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク