出産の影響で骨盤が疲労骨折する人がいる!?

出産の痛みは、「鼻からスイカが出てくるようなもの」「男性には耐えられないほど痛い」と昔からよくいわれています。

「どんな痛みなの?」と思うかもしれませんが、想像がつかないほど痛いという意味の例えとして使われています。

出産・退院した後も、なんだか足腰の痛みが続いており、詳しく検査をしてみると「骨盤を疲労骨折していた!」という女性が意外にも多いようです。

出産が原因で疲労骨折を起こしている方は、どのくらいいるのか、またどのような治療があるのか見ていきましょう。

骨盤の構造ってどうなっているの?

骨盤とは、主に腸や子宮を守るためにある仙骨と寛骨、尾骨の3つの骨が左右1対にあり、私たちはそれをまとめて骨盤と呼んでいます。

ママの出産に大きく関係してくる骨盤ですが、骨盤といっても1つの骨ではないと知っていましたか?
骨盤
骨盤は、周りにある筋肉靭帯によって支えられています。
「骨盤がずれている」と表現しますが、正常な骨盤の形はハート型で、骨盤が歪むと形がハート型から四角に変形する状態です。

出産時には、骨盤が徐々に開いて赤ちゃんが出やすいように変化していきます。

疲労骨折と骨折はどう違うの?

骨盤
「骨折」とは、転倒や強くぶつけたという原因が明確なものをいいます。

「疲労骨折」とは、骨折までには至らないほどの力が何度も何度も繰り返し加わり、結果的に骨折してしまうという状態です。

出産の場合、赤ちゃんが産まれようとする力が繰り返し骨盤に加わり、骨折(疲労骨折)してしまうケースが多いようです。

骨盤にヒビが入る程度から、何箇所も折れるケースがみられます。

多くのママが出産時や出産後の痛みは当たり前と我慢してしまうことが多いので、骨折していたり、ヒビが入っている事に気づかない方もいるようです。

産後、腰の痛みが長く続く場合や、激しい痛みがある場合には我慢をせずに、お医者様へ相談して調べてもらうようにしましょう。

もちろん、産後なのでレントゲンを撮影しても問題ありません!

疲労骨折よりも多い肉離れ

妊婦足が痛い
実は、疲労骨折よりも多いといわれているのが「肉離れ」です。

陣痛中は、骨盤よりもそれを支えている筋肉や靭帯に負担がかかっている状態です。

結果的に骨盤の周りの筋肉や靭帯は、完全に引き伸ばされた形になるため70%のママは骨盤を支える筋肉が肉離れを起こしていると言われています。

通常出産に伴う体の負担は6週間~8週間かけて自然に元に戻るようになっていますが、骨盤の疲労骨折は長いと治るまでに8か月以上もかかってしまいます。

その間も出産した赤ちゃんの育児や家事は休みなく続いていくのです。

まさに、出産時に骨盤を疲労骨折して気づかずにいると、ママにとって大きな問題となってきます。

今後も出産する予定があるという方は異変を感じたら、すぐにお医者さんに症状を伝えて、治療を行うことが大切です。

過去に骨盤を骨折しても出産は可能なの?

赤い服の女性が?のボードを持っている
過去に交通事故にあい、骨盤を骨折した経験があると「自分は普通に出産できる体なのか」と、とても不安に感じている方がいるようです。

骨盤骨折を経験したママが無事に出産した事例は実際にたくさんあるので、安心しても大丈夫でしょう。

どの程度の事故だったのか、今現在、骨盤はどのような感じになっているのかにもよりますが、完治していれば問題ないことの方が多いようです。

妊婦健診の問診で、お医者さんの方から聞かれなくても、過去に骨盤を骨折した事実は伝えておくことが大切です。
聞かれなくても、しっかりと「いつ頃・どのような経緯で骨折したのか。いつ頃完治しているのか」などを伝えておきましょう。

出産による骨盤の疲労骨折の治療法とは?

看護師と虫眼鏡
赤ちゃんに母乳をあげているママは、痛み止めの注射を打ったり、薬を飲むことができません。

主な治療法は、コルセットで腰をしっかりと固定し湿布などで緩和していく方法です。

病院によっては、腰に電気やレーザーを当てて治療をする病院もあります。
いちばんは、無理をしないで生活することや腰にあまり負担をかけないことが大切です。

とはいえ赤ちゃんを抱っこしてあげる機会が多いため「腰にあまり負担をかけない」で過ごすのはとても難しいことだと思います。

パパやおじいちゃん・おばあちゃんがいる時は、代わりに抱いてもらうなど、少しでも負担を軽減して、早めの完治を目指すようにしましょう。

産後数週間が経っても腰の痛みが酷いようであれば、無理をせずにすぐにお医者様に相談するようにしましょう。

カルシウムや鉄分を摂取しましょう

夫婦で食事管理
妊娠中は、カルシウムや鉄分などは、赤ちゃんへと優先的に送られていきます。
カルシウムや鉄分不足になっているママが意外と多いので、妊娠中は積極的に摂取していきましょう。
妊娠中のカルシウム摂取について

診断テスト

今、あなたにオススメ

アンケートに答える

【6歳以下のお子様がいる方限定】ベビーカーを所有していますか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...