【妊娠したかも!?】妊娠したら確認・準備することまとめ

これからマタニティ生活が始まる女性は、うれしくてワクワクする方も多くいます。

同時に人生の一大イベントである出産を控え、不安な気持ちも入り混じっていることでしょう。

妊娠したら必要なことって?
何を確認しておけばいいの?
何から準備したらいいのかわからない

そんな悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

今回は出産にむけて妊婦生活をスタートするのに、準備しておくことや、知っておくべき身体のことなどを紹介していきます。

妊娠したかもしれないと思ったら

まずは妊婦さん誰もが経験する「あれ?妊娠したかも?」とおもったときに取るべき行動、確認しておきたいことをみていきましょう。

妊娠初期症状を要チェック!

妊娠超初期では、まだ検査薬や病院でも妊娠の判断ができません。

そのため妊娠したかもしれないと思ったら、身体の変化に気がつけるよう体調に気を使いましょう。

妊娠超初期には、下記のような症状が見られることもあります。
当てはまる項目がないか確認してみましょう。

□着床出血 □胸の張りや痛み
□頭痛 □味覚の変化
□眠気 □情緒が不安定
□息切れ □肌荒れ
□腹痛・下腹部痛 □腰痛
□便秘・下痢 □おりものの変化
□胃痛 □基礎体温の上昇
□生理の遅れ □貧血

上記の項目すべてが必ずしも起こるわけではありませんが、このような症状がでることも多いのでよく観察するとよいでしょう。

妊娠している可能性がある場合の注意事項

まだ妊娠が確定していなくてもその可能性がある場合には、妊娠していることを想定したうえで注意しておきたいことがあります。

普段との違いに敏感になろう

妊娠した身体はとっても繊細です。
着床するまでは不安定な時期で、子宮外妊娠や早期流産など何が起こるかわかりません。

正常に妊娠していればもちろん問題ないですが、初めての妊娠だと特に身体の異変には気がつきにくいことも。

お腹の痛みが強かったり、なにかおかしいと不安を感じたら速やかに産婦人科医に相談して下さい。

自己判断は危険なので、無理したり我慢したりするのは避けましょう。

喫煙・飲酒をやめる

妊娠をした可能性がある場合には、いくら日課であったとしても喫煙や飲酒はやめなければなりません

喫煙もアルコールも、まだ未熟な胎児に行き届いてしまうためです。

たばこは流産の可能性を高くしたり、妊婦さん自身にも妊娠合併症のリスクを増やします。

同様にアルコールも、胎児が吸収してしまうことで奇形が発生する可能性も高まるのです。

小さな赤ちゃんがお腹の中にいるかもしれない、ということをしっかりと意識して、生活習慣を改善しましょう。

普段飲んでいる薬にも注意

妊婦さんが口に入れたものは基本的にすべて胎児へと回っていきます。
そのため、普段からを服用している人も注意が必要です。

風邪薬など用法を守っていれば問題のない薬もありますが、胎児に影響を及ぼしてしまう薬も存在します。

薬を処方してもらうときや市販の薬を購入する際には、妊娠可能性がある旨を医師や薬剤師に伝えましょう

妊娠検査薬で確認できるのはいつから?

妊娠したかもしれないと思ったら、まずお世話になるのが妊娠検査薬でしょう。

妊娠検査薬はかなり精度が高く正確性も非常に高いものです。
そのため病院に行く前に、自分で検査する人も多くいます。

妊娠検査薬で正しい結果が得られる時期は、種類によって異なるので注意しましょう。

生理予定日の1週間後から使える妊娠検査薬と、生理予定日当日、2日前後から使える早期妊娠検査薬があります。

検査薬にも種類が日本製、海外製、早くから使えるものなどさまざまあるので、自分に合ったものを選んでください。

フライング検査はダメ?

妊娠しているのかしていないのか早く知りたくで、規定された時期よりも早くから検査してしまう女性も多いはず。

早い時期に検査してしまうことをフライング検査といいます。

早く検査したからといって身体に害があるわけではないので、ダメではないですが、正確性には欠けてしまうのです。

フライング検査をしたために陽性だと思っていたのに実は陰性だったなど、一喜一憂してしまう結果にもなりかねません。

そのため、定められた時期に使うことをオススメします。

いつ病院で受診したらいい?

妊娠検査薬が生理予定日の1週間後であれば、病院での検査はいつから結果が得られるのでしょうか。

妊娠検査薬が簡易なので、病院の方がもっと早くにわかるのでは?と思っている人も多いでしょう。

病院での検査は妊娠検査薬のように尿検査に加え、エコー検査で赤ちゃんの姿を確認することで妊娠していると判断します。

そのため妊娠検査薬で陽性反応が出たといって、妊娠4週目頃にいってもエコーでは何も確認できないほどまだ胎児は小さいのです。

また後日に改めて来るように言われてしまいます。

そのため、赤ちゃんの姿がしっかりと確認できる妊娠5週目後半もしくは6週目くらいまで待ってから病院を受診するといいでしょう。

もちろん、痛みを感じたり何か異常を感じたり心配がある場合は、直ちに受診してくださいね。