妊活に影響する「体の冷え」!対策は?人気の冷え取りグッズはどれ?

「女性は身体を冷やしちゃダメって言われるけど、本当に妊活に影響がある?」

「どうしたら冷え性は改善されるの?」

「サプリとか漢方とかが効くって本当?」

小さい頃から女性は、親やご年配の方に「女の子なんだから、身体を冷やさないように」と注意されてきましたよね。

妊活の大敵である「冷え」ですが、たしかに昔から「冷えは万病のもと」とも言われています。

「夏でも手足や身体のどこかしらが冷えてしまうから、カイロが欠かせない」なんて人も多いかもしれません。

赤ちゃんを望むなら、身体を冷やさないための対策が必要です。

冷え性の対策と、今人気の冷え取りグッズをご紹介します。

冷えが及ぼす影響は?冷え性だと妊娠できないの?


「本当に妊活に冷えは悪影響なの?」

「妊娠と冷えは関係ないって聞いたけど…やっぱり関係あるの!?」

妊活をしていると「とにかく身体を冷やさない」ということをよく言われますよね。

でも、本当に妊活に影響があるのでしょうか?

実は「冷え自体が直接不妊の原因である」ということではありません。

ただ「妊娠する確率を低くする要因」には十分なりえるんです。

「冷え性だから、妊娠できない」ということではなく、できるだけ冷やさないほうが、妊活するうえで有利になるのですね。

そもそも身体の中心にあり卵巣を守る子宮は、身体の中でも冷えにくい場所といわれています。

背中や腰には大きな血管が通っているので、細い血管しかない手足が多少冷えても、子宮周辺は37度前後に保たれているんですよ。

でも身体を冷やす行動が習慣になると、子宮にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

「冷え=血流が滞る」ということなので、血流が悪くなると、全身に栄養や酸素が行き渡りにくくなります。

その結果、質のいい卵子が育たなかったり、子宮内膜が薄くなるため、着床しづらくなる場合もあるんです。

でも「冷え性が改善したから妊娠する」ということではありませんよ。

あくまでも「身体を冷やすと、健康のためによくないから、できるだけ温めておこう」というくらいで冷え対策をしてみましょう。

冷えを改善するための方法を紹介!


「すでに靴下二枚重ねだけど、全然温まらない!」

「昔からの冷え性なんだけど、どうしたら改善される?」

冷えを改善するために、生活習慣を変えていきましょう。

身近な生活を見直しましょう

まずは簡単にできそうなものからご紹介しますね。

洋服の選び方に気を付けましょう

「頭寒足熱」という言葉の通り、冷えを改善するためには下半身を温めるのが効果的です。

でも普段の服装を思い出すと、夏でも冬でも「頭寒足熱」とは真逆の服装をしていませんか?

簡単にできる冷え対策としては、夏でも靴下を履くことが効果的ですね。

そして、下着やタイツなどもサイズを見直して、締め付けのないものにしましょう。

身体を締め付けてしまうものは、それだけで血流を滞らせてしまいますよ。

半身浴で血流改善も◎

全身を温めることができる半身浴はとってもオススメです。

下半身をしっかり温めると、からだ全体の血のめぐりをよくして、冷え性改善に一歩近づくことができるんですよ。

夏場でもできるだけ毎日湯船に浸かり、血流を良くしてあげましょう。

血流を良くすることで、身体中の臓器がしっかりと役割を果たしてくれますよ。

食習慣も見直してみましょう

食習慣も重要です。

食べ物には身体を冷やす食材と温める食材があるんですよ。

たとええば、かぼちゃは身体を温める食材で、白いお砂糖は身体を冷やす食材といわれます。

できるだけ、身体を温めてくれる食材をとるように意識してみましょう。

また、満腹まで食べる習慣がついている場合には、腹八分目までにすることをおすすめしますよ。

空腹の時間は、消化器官がお休みできる時間です。

消化器官に血液を回さない分、ほかに回すことができます。

食べるときには、よく噛んで消化を良くしてあげましょう。

冷え性改善サプリ・漢方を試す

「生活習慣を変えるのはなかなか大変…」

「サプリとか漢方で冷え性に効くものはないの?」

今まで何年もかけて作ってしまった生活習慣を変えるのは、なかなか大変です。

サプリや漢方などで、冷え性が改善できればより手軽でいいですよね。

サプリや漢方などを取り入れるのはもちろんOKですが、即効性はありません。

そもそも人間の身体が変わるためには、1~3ヶ月程度の時間が必要です。
漢方やサプリを取り入れても、生活習慣を変えても、実際に変化を実感できるまで1~3ヶ月程度はかかってしまいます。

しかも、サプリや漢方の場合は飲み続けなければ意味がないので、ランニングコストは覚悟してくださいね。

時間をかけてでもからだの変化を実感したい方に、オススメの漢方をご紹介します。

1:ルビーナめぐり

ルビーナめぐりは、ドラッグストアでも購入できるので、手軽に試すことができますね。

タケダからでている当帰芍薬散加人参という漢方で、血の巡りを良くしてくれる効果があります。

また、むくみや貧血、頭痛や月経痛など女性の悩みに特化した商品なので、冷え性対策だけでなく、肩こりや慢性疲労など日頃の悩みにもアプローチできますよ。

ほかにも、弱った胃腸の働きを助け、身体を芯から温めることができる漢方です。

身体の中から温められるので、オススメです。

ただ、漢方なので最低でも1~3ヶ月は続けて飲んでくださいね。

2:金時しょうが+黒酢

DHCから発売されている、「金時しょうが+黒酢」という名前の通りのサプリです。

しょうがはご存知の通り、カラダを温める食材ですよね。

でも、そのまま食べるにはちょっと大変なのも事実です。

サプリなら、手軽に必要量を摂取できますよ。

しかも、金時しょうがはシンゲロール類ショウガオール類ガラノラクトンなどの、身体を温めてくれる成分が多く含まれています。

血液の流れを促進してくれるビタミンEも配合されていたりと、至れり尽くせりなサプリですよ。

しかも、DHCのサプリなのでドラッグストアでも簡単に買えるので、続けやすいのもうれしいですね。

漢方やサプリは、緩やかに効果が出るものがほとんどなので、焦らず気長に付き合っていく必要があるでしょう。

漢方は、体質や生活習慣によって合う合わないがあるものなので、できれば一度漢方を取り扱っている病院や薬局に相談してみると、自分に合った漢方を処方してもらえますよ。

人気の冷え取りグッズを紹介!

「夏場は冷房の風が気になる…」

「身体の中から温めるだけじゃ、ちゃんと対策できてるか心配…」

見た目にわからない方法だけでは、「本当に大丈夫?」と不安になりがちです。

持っていると安心する冷え取りグッズを紹介します。

シルクの靴下や腹巻

温活をしている人が、必ずと言っていいほど持っているアイテムがあるんです。

それがシルクの靴下や腹巻なんです。

シルクと聞くと「高そう」とか「薄いのに暖かいの?」と思うかもしれませんね。

シルクは、その吸湿性と放湿性の高さから、冷え性によいとされています。
一般的に吸湿性が高いと言われている綿100%の靴下に比べても、およそ1.5倍ともいわれています。

吸収した水分をすぐに蒸発させることができるので、汗によって体温が下がってしまう心配がありません。

またシルクには目に見えない細かな起毛があり、これが皮膚表面に刺激を与えて毛細血管の血行を良くしてくれます。

靴下だけでなく、シルクの腹巻もあるので合わせて使うとより安心ですね。

「薄いシルクの靴下だけじゃ、心もとない…」

そんなときには、コットン100%の靴下との重ね履きがオススメです。

重ね履き用にセットで販売されているものもあるので、好みのものを探してみてくださいね。

5本指のものだと、より効果が期待できますよ。

布ナプキン

ちょっと手間がかかりますが、布ナプキンもオススメです。

布ナプキンは保温性と通気性が良く、紙ナプキンに比べて身体を冷やさないといわれているんですよ。

それに、紙ナプキンに使われている素材は石油由来のものが多く、経血を高分子吸収ポリマーは、なんと保冷剤と同じです。

水分を吸収してくれるのはありがたいのですが、蒸発させることはないので、結果として冷えにつながってしまいます。

生理中デリケートゾーンに直接触れるものだからこそ、気になりますよね。

ただ、紙ナプキンに比べるとどうしても手間がかかってしまうので、自分の生活習慣に取り入れられるかどうか、まずは検討してみてもよいかもしれませんね。

ホッカイロ

身体を素早く温めるのに有効なホッカイロは、手軽に取り入れられるのがうれしいですね。
使う場所や場面も選ばず、いつでも使える点がホッカイロのメリットです。

ホッカイロを貼る位置も重要で、一番温めたい場所はおなかです。

おなかにはたくさんの臓器や血管が集中していて、からだの中心なので、おなかを温めると、全身を効率よく温めることができるんですよ。

ホッカイロを利用する場合には、必ず下着やインナーの上に貼るようにして、低温やけどに注意してくださいね。

この記事もチェック!

冷え解消に良い飲み物・悪い飲み物

どんな飲み物でも、「常温なら身体に良い」「冷えていたら良くない」というわけではないんです。

身体を冷やす作用の飲み物や温める作用のある飲み物など、その成分に注目して、飲み物を選んでいきましょう。

身体を冷やす飲み物は、一番身近な緑茶やコーヒーなんです。

緑茶もコーヒーも暖かくすれば問題なさそうに思えますが、コーヒーにもお茶にも含まれているカフェインは、身体を冷やす作用があるので、あまり多く取らないように注意しましょう。

緑茶には、ビタミンやカテキンなど身体に良い成分も豊富に含まれているので、梅やショウガなどを追加して飲むと良いですね。

白いものは身体を冷やしてしまうので、牛乳も温めて黒砂糖を追加して飲むようにしましょう。

身体を温める飲み物は、ほうじ茶やココアです。
ほうじ茶はカフェインも少なく、ピラジンという成分が血液のめぐりを良くして、身体を温めてくれるといわれています。

ココアは適度な甘さがあるため、リラックス効果も期待できます。

ココアにはテオブロミンという成分が含まれていて、血管を拡張して体温を上げてくれたり、血圧を下げる効果もあるので、ちょっと肌寒い朝に取り入れると良いですね。

この記事もチェック!


適度な冷え性対策で◎

妊活には「冷え」が影響するとよく言われていますが、実際冷えは「妊娠しにくくなってしまう一因」程度に考えていてくださいね。

身体が冷えてしまっているからと言って、絶対に妊娠できない状態というわけではありませんよ。

冷え対策も、ご紹介した「頭寒足熱」を意識した服装にするよう心がけたり、食事を腹八分目にとどめたり、半身浴をしてみたりと、できることから試してみてください。

でも、冷え対策がストレスになってしまっては本末転倒ですよ。

夏場は暑かったら上着を脱いでしまってOKですし、冷たい飲み物も絶対にNGではありません。

生活習慣を変えるのが苦痛なら、サプリや漢方を「プラス」するのも良いですね。

自分が「これは良いかも」と思ったものを、取り入れてみるだけでも意識が変わっていくはず。

ムリせずできる範囲で、ストレスにならない程度に、取り入れてみてくださいね。

あまり神経質になりすぎず「妊活のためでもあるけれど、まずは自分の身体のため」というスタンスで、冷え対策を楽しんでみてくださいね。

【葉酸・妊活サプリで自分にあっているものを選ぶ】

最安値価格

サービス

栄養成分