【助産師が教える】涙を流すと母乳が減る?

妊娠中は「元気な子を無事に出産できますように」と、そのことだけを目標に過ごし、無事出産してようやくゴールかと思いきや、今度は母乳育児のスタートがやってきます。

産後は心身ともに不安定で、涙がぽろぽろあふれてくることもあります。

涙と母乳量は、関係ないようで実は関係があります。
そんな涙と母乳量の関係についてまとめました。

母乳が出やすい身体の状態って?

「かわいいわが子に、母乳を飲ませてあげたい」のはすべての母親の願いです。

お母さんのなかには一滴でも多くの母乳を飲ませたいと思うあまり、身体から水分が出ないように涙をぐっとこらえているママもいます。

では、母乳がたくさん出るためにママの身体はどのような状態がよいのでしょうか。

「水分や栄養のある食事を摂る」「ストレス少なく過ごす」「たくさん吸わせる」ことも、もちろん大切です。

でも、ママがガチガチに緊張して肩に力を入れている状態で授乳をしていたら、身体はぎゅうっと凝り固まって、ふわふわの母乳が出にくくなってしまいます。

実は、身体にはこんな共通点があるのです。

この記事もチェック!

身体から出るものすべての共通点

その共通点とは、「身体から出るものはすべて、リラックスしていないと出にくい」ということ。

身体から出るものとは、具体的に以下のようなものです。

【身体から出るもの】

  • 尿
  • 便
  • おなら
  • 鼻水
  • よだれ
  • げっぷ

「緊張してガチガチだったから、よだれがダラダラ出る」という人はおそらくいません。

面接やお見合いの席で、げっぷやおならを出していたら信用されません。
旅行に行くと便秘になった人もいることでしょう。

でも、怖い思いをしたあとに、「大丈夫?」となぐさめれたら涙があふれた経験をしたことはありませんか?

家族がにこにこ団らんしているときにおならがついぷう~っと出たことや、休日のんびり過ごしていたら便秘が解消した経験は誰にでもあるはずです。

心身ともにのんびりと過ごしていると、身体がリラックスして緩みます

その状態が、身体からいろんなものが出やすい状態なのです。

それは、母乳も同じです。

この記事もチェック!