【お片付けのプロ直伝】使い捨てではもったいない!ずっと使える離乳食グッズの選び方

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、少しずつ離乳食が始まります。

便利な離乳食の専用グッズなども販売されていますが、せっかくなら、離乳食が終わった後でも長く使えるグッズを選んでみてはいかがでしょうか。

我が家で実際に3人の子どもたちの離乳食で使って、便利だったものを紹介します!

散らかりにくい家の秘密は「ずっと使えるモノ」を選ぶこと

子どもが成長するにつれて、家の中にはモノがびっくりするほど増えていきます。

不要になったモノを処分するタイミングも難しいところです。
ついつい「もったいない!」と処分できずにいると、散らかりがちになってしまうことも。

解決策としては、必要なモノを新しく購入するときに、「その場かぎりのモノ」ではなく、なるべく「長く使えるモノ」を選ぶようにしてみてくださいね。

無理に処分しなくても、長く使うモノならば収納場所も固定しやすくなり、散らかりにくいです。

赤ちゃんの離乳食期間は使いため、離乳食が終わっても使えるグッズをそろえることをおすすめします。

この記事もチェック!

これだけあればOK!「調理道具」編

最初の子の離乳食を開始するときに用意して、3人の子どもたちの離乳食期間が終わった後も、普段の調理にずっと使っている調理器具がこちらです。

【ずっと使っている調理器具】

  • スティック型のブレンダー
  • 茶こし
  • すり鉢
  • セラミック製のおろし金
  • 小分けできる蓋つきの冷凍用ケース

食材を細かくするためのすり鉢とおろし金は、プラスティック製のものではなく、陶器やセラミックのものを選んで購入しました。

今でも調理によく使用しますが、食材の色が移ることもなく、ずっときれいなままで使えているので、購入してよかったもののひとつです。

ホーロー製の目盛りつきミルクパンは、使い勝手がよく、複数買いしたもの。
離乳食が終わってからも、毎日大活躍中です。

この記事もチェック!