つわりは病気じゃない!そう考えているパパへ


つわりは病気じゃない!そう考えているパパへ

つわりは病気じゃない

ママが妊娠、初めての妊娠・出産は分からないことばかり・・・未知の世界ですよね。赤ちゃんを授かってとてもHAPPYなはずなのに、ママはつわりでぐったり、機嫌も悪い・・・僕はどうしたらいいんだろうと悩んでしまうパパも多くいらっしゃいます。

パパが最初に乗り越えなければならないハードル、それはママの「つわり」なのです。ママのつわりについて、どのように対応していけばよいのかを考えてみましょう。

まずはつわりについておさらいしてみよう!

つわりは妊娠初期である妊娠2か月後半~妊娠4か月頃に起こります。「臭いに敏感になる・ムカムカ・倦怠感・眠気・嘔吐・吐き気」など、妊娠によるホルモンの急激な変化が原因で様々な症状があらわれるんです。

悪阻の期間や症状の重さには、大きく個人差があります。つわりをほとんど感じないママや、数週間でおさまるママ、中には…妊娠が分かってから出産するまでつわりで苦しむママもいるんですよ!

つわりの種類について知っておこう!

テレビドラマなどで、口元を押さえて洗面所に駆け込む・・・というシーンを目にする事があり「つわり=吐き気」というイメージをもたれている男性が多くいらっしゃいます。ですが、実際は吐きづわり以外にも種類があるんです。

以下が多く見られるつわりの種類です。

  • 食べづわり
  • においづわり
  • 吐きづわり
  • 眠りづわり
  • よだれづわり

「食べづわり」といっても、食べづわりにも種類があり、常に食べ物を口にいれていないと気持ちが悪くなる、食べ物の嗜好が変わる、特定の食べ物しか食べれなくなるといった症状があります。

「吐きづわり」は、男性の方も理解しやすいと思います。前日にお酒を飲みすぎてしまったときのことを思い出してください。トイレに駆け込んで吐いて・・・横になっていても気持ちが悪く何をしても一向によくならない・・・!つわりは二日酔いよりもずっとつらいものです。

この二日酔いの状態が毎日24時間、1か月以上、人によっては出産するまで続くんです。体調不良がずっと続くと“ネガティブ”になってしまったり、“不機嫌”にもなってしまいますよね。このような変化は一時的なものなので、ありのままを受け入れてあげることが大切です。妊娠中のつわりの種類についてはこちら

パパもつわりの症状が!

ママがつわり中に、パパも同じようにつわりの症状が出てしまうことがあります。「まさか、つわりが俺に伝染するなんて事あるの?」と思うかもしれませんが、パパのつわりは珍しいものではありません。

パパに起こるつわりを「クーヴァード症候群」と言います。ママがつらくて動けない時期にパパまで一緒にダウンしてしまっては大変ですよね。パパに起こるつわりについての詳しい解説はこちら

続いて、ママのつわりをやわらげる方法をみていきましょう!

アンケートに答える

【ベビーカーをお持ちの方限定】いくらでご購入されましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...